FC2ブログ

NFL 2020 Week3 DET @ARI

GB相手に惨敗したWeek2はすっ飛ばして、Week3アリゾナ・カーディナルス戦。

3点ビハインドの4QにFG2本で逆転勝ち。昨シーズンからの11連敗をストップ。336日ぶりの勝利を挙げました。

オフェンスはまずターンオーバーを奪われなかったのが良かった。あと、前後半の終わりをボールをキープしたまま得点して終了させたのが大きかったか。
鱒は22/31 270yd 2TD。パスの精度はそこそこながら、要所でのパスを決めておりました。2週目まで欠場したWRゴラデイが今週から復帰。6rec.57yd 1TDと早速存在感を発揮。TEジェームスが2シーズン目にしてライオンズでの初TDを記録。去年はたった16rec.142ydに終わりましたが、今シーズンは2番手TEとしての活躍を期待。

ランは今回もAD中心。22回75yd平均3.5ydと平凡ながら、1Qの27ydランなど、ロングランもいくつか。スクリメージで止められるプレイも多かったので、ADでなければこんなに出ていなかったかも。

OLはヴァイタイが復帰したが、RGとしてプレイ。RTはクロスビー。前述の通りランブロックもそれほど押し込めておらず、被4サックとパスプロもそれほど良いとは言えなかった。

ディフェンスはここ2戦バーンアウトしていた4Qに失点なし。ターンオーバーも開幕以来一つも奪えていませんでしたが、一挙に3つのINTを奪いました。

まずパッカーズ戦で259ydも走られたランを109ydに抑えたの大きかった。スクリメージで止めたプレイも多く、DL陣の奮闘が目立ちました。

2戦崩壊していたパスディフェンスは3INTを記録しました。マンツーマン中心からゾーン中心にシフト。トゥルーファントとコールマンの両CBが出れない状況で、2年目のオルワリエとルーキーのオクダの若手二人に任せなければならない状況で、マンツーマンに固執する事が出来なくなったか。
ただ、ゾーン多めでクッションが大きい為、パスはガンガン通されていました。ただINTを記録した3つのプレイは全てマンツーマン。このギャップがマレーを混乱させたのか?

1巡ルーキーCB奥田くんは今週もWRホプキンスにちんちんにやられましたが、値千金のプロ初INTを記録。一旦抜かれてるのに、ボールに寄せるスピードはやはり非凡。どんだけやられても今年はこれをたまにやってくれれば許す。

審判へのヘッドバットで退場になりいきなりミソをつけたLBコリンズもINT。ランストップでもパスディフェンスでも存在感を示し、ジャレッド・デーヴィスの出番が激減。

開幕からの2戦スナップ数が少なくパトリシア批判の一因となっていたSウォーカーが100%出場。何か批判に耐えられなくなっていろいろポリシーを曲げてきてる感じもします。まあ結果良くなってるから良いけど。

スペシャルチーマーが大活躍し、勝因の一つに。
Kプレイターは4回のFGを全て決めてPOWに。またPフォックスは4回平均55.5ydと今週も素晴らしい成績。開幕3週の平均グロス53.1yd、ネット51.1yd、20yd以内7回と全てリーグトップで、POMに選出されました。普通4thダウンになるとがっかりするものですが、フォックスのパントを見るのが楽しみになってきてます。

2連敗したときにはもう今年は終わりだ、早くパトをクビにしろ、と思ってましたが、現金なもので一つ勝っただけで、やっぱりイケるのでは?と思ってしまいます。まあでも勝ちにまさる薬なしとも言いますし、これでチーム状態も上向いてくれれば。

次は強豪セインツ戦。ところがライオンズにもいたFBバートンがCOVID19で陽性に。直前になってこれはちょっと。一体どうなるんでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索