FC2ブログ

QBスタッフォード、ラムズへトレードに

QBマシュー・スタッフォードがラムズにトレードされる事になりました。

条件はラムズのQBジャレッド・ゴフ、2021年の3巡、2022年と2023年の1巡2つという破格の条件。
ドラフト1巡同士のトレードは史上初だとか。

スタッフォードはシーズン終了後、オーナーのシェイラと社長のウッドにトレードを直訴。首脳陣もこれを受け入れ、この度就任したGMホームズとHCキャンベルもこれを承知の上であったとの事。

約6チームからオファーがあったそうですが、ラムズのオファーが破格だった事から妥結に至った模様。

ラムズファンとライオンズファン以外のチームのファンからは「出し過ぎや」との声が多く聞かれます。しゃーないやん、呉れるっていうんやから。

ラムズがここまで差し出したのには複数の要因が。

今シーズンディビジョンシリーズまで進出したラムズですが、最終的にはQBゴフの物足りないパフォーマンスで敗退。シーズン中HCマクベイとゴフとの関係が悪化し先発を降ろされていた経緯もあり、スーパーボウル制覇へのラストワンピースとして、実績豊富なスタッフォードを求めたか。

また、持て余しているにも関わらずゴフを解雇すれば$43という巨額のデッドマネーが発生する為に、なんとかどっかに押し付けたいという意図から、とりあえずの先発QBを欲しいライオンズとも合理が一致したんでしょう。
不良債権化したゴフを押し付ける代償として、来年再来年の1巡2つという事か。

スタッフォードは「ペイトリオッツ以外なら」どこでも行くと言ってたらしいですが、戦力が揃っているラムズなら移籍先として異存はない事でしょう。それにしてもパトリシア(パッツに出戻った)の嫌われ様よ・・・。

ライオンズ的に言えば数年がかりの再建に取り組むにあたり、先発クオリティのQBを確保出来たのはまず大きいかと。ただスタッフォードのデッドマネー$19Mとゴフのキャップヒット$27Mが加算されて、今季のサラリーキャップは$10.9Mの超過に。これを精算しない事には新規FAどころか既存FAの再契約もままならない。かと言って解雇してキャップ削減できるような選手もあんまりいない。CBトゥルーファントとコールマンの2人ぐらいでしょうか。ヴァイタイなんか出したらさらにデッドマネーでキャップが増えるという。今年のFAはマーヴィン・ジョーンズ、Kプレイター、DEロミオ・オクワラ、WRゴラデイなど主力も多数。彼らの再契約への道も相当険しいかと思われます。

2009年の入団以来、スタッフォードの活躍には数えきれない程胸を熱くさせて貰いました。不世出のQBに出遇う事が出来たのは非常に幸せな事でした。しかし、プレイオフには2度しか出れず、1勝も出来なかったのが非常に残念。もっと勝たせてあげられなかったのが申し訳ない。

ラムズならそれほど違和感なく応援出来ます。どうせライオンズは今年再建シーズンだし、ラムズでの晴れ舞台を期待しています。あ!それだと来年の1巡が下位になってしまうじゃないか!
スポンサーサイト



         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索