FC2ブログ

NFL 2020 Week7 DET @ATL

またしばらくすっ飛ばしてしまいました。

セインツ相手に惨敗し、バイウィークを挟んだJAX戦は快勝。2勝3敗として迎えたアウェーでのファルコンズ戦。残り2秒でスタッフォードからホッケンソンへのTDパスが決まり劇的な逆転勝利。バイウィーク前では信じられない3勝3敗の勝ち星5分まで持ってきました。

16-14の2点リードで迎えた4Q終盤、ファルコンズQBライアンにバンバンパスを通されて逆転負けのピンチ。そのまま時間を使われてFGを決められるとジエンドでしたが、ファルコンズRBガーリーがTDを決めてしまうミスを犯し、タイムアウト無しながら約1分のチャンスをゲット。そこからスタッフォードがパスを立て続けに決めG前へ。残り2秒からの最終プレイ、パスラッシュを掻い潜ったスタッフォードがエンドゾーン内のTEホッケンソンにパスを通してTD。アメンドーラが興奮してヘルメットを取ってしまったせいで15yd下がってのTFPとなりましたが、Kプレイターがきっちり決めました。

QBスタッフォードは25/36 340 1TD。うち4回はスパイクなので25/32でパス成功率71%と精度が高く、ラッシュを躱し難しいパスをバンバン決めてくれました。残り1分タイムアウト無しからの逆転はキャプテンカムバックの面目躍如。前半終了寸前にも残り29秒からFG圏内までドライブしており、そういう場面での集中力はさすが。

レシーバー陣ではなんと言ってもゴラデイ。変態キャッチを連発。CJを彷彿とさせます。マーヴィン・ジョーンズも5回80ydと活躍。ホッケンソンは決勝TDをレシーブもそのシリーズでサイドラインに出る事ができなかったのはマイナス。

前週好調だったランアタックは不調。21回64ydに終わりました。あまり出なかったピーターソンに固執しすぎの感も。

OLはランブロックがいま一つ。パスプロは2サックですが鱒のフットワークで躱したプレイも多くあり、プレッシャーはそれなりに食らっていたか。

ディフェンスはランは26回66ydとシャットアウトするも、QBライアンにかなりやられました。しかしDEオクワラ兄が2サック1FFの大活躍。プレッシャーはそこそこ掛かるも、もう一歩のところで届かないパターンが多く見られました。

STはプレイターが46ydを一本外すも、3本のFGと長い最後のTFPをしっかり決めてくれました。Pフォックスは今週も3本平均59yd。

2週連続負け越している相手とは言え、連勝しかもこの勝ち方であればチームも乗ってくるかも知れません。怪我人も少なく、チーム状態は上向き。次は4勝2敗のコルツ戦。ここが試金石でしょうか。

ダラスからDEエヴァ―ソン・グリフィンを来年の6巡とトレードで獲得。ライオンズのパスラッシュはここまでオクワラ兄が4つ、フラワーズが2つと十分とは言えません。全盛期の動きには及ばないかも知れませんが、ベテランが加わる事でパスラッシュに厚みが出てくるか。COVID19の関係で次週コルツ戦には出場出来ず、古巣のヴァイキングス戦から出場可能となります。
スポンサーサイト



NFL 2020 Week3 DET @ARI

GB相手に惨敗したWeek2はすっ飛ばして、Week3アリゾナ・カーディナルス戦。

3点ビハインドの4QにFG2本で逆転勝ち。昨シーズンからの11連敗をストップ。336日ぶりの勝利を挙げました。

オフェンスはまずターンオーバーを奪われなかったのが良かった。あと、前後半の終わりをボールをキープしたまま得点して終了させたのが大きかったか。
鱒は22/31 270yd 2TD。パスの精度はそこそこながら、要所でのパスを決めておりました。2週目まで欠場したWRゴラデイが今週から復帰。6rec.57yd 1TDと早速存在感を発揮。TEジェームスが2シーズン目にしてライオンズでの初TDを記録。去年はたった16rec.142ydに終わりましたが、今シーズンは2番手TEとしての活躍を期待。

ランは今回もAD中心。22回75yd平均3.5ydと平凡ながら、1Qの27ydランなど、ロングランもいくつか。スクリメージで止められるプレイも多かったので、ADでなければこんなに出ていなかったかも。

OLはヴァイタイが復帰したが、RGとしてプレイ。RTはクロスビー。前述の通りランブロックもそれほど押し込めておらず、被4サックとパスプロもそれほど良いとは言えなかった。

ディフェンスはここ2戦バーンアウトしていた4Qに失点なし。ターンオーバーも開幕以来一つも奪えていませんでしたが、一挙に3つのINTを奪いました。

まずパッカーズ戦で259ydも走られたランを109ydに抑えたの大きかった。スクリメージで止めたプレイも多く、DL陣の奮闘が目立ちました。

2戦崩壊していたパスディフェンスは3INTを記録しました。マンツーマン中心からゾーン中心にシフト。トゥルーファントとコールマンの両CBが出れない状況で、2年目のオルワリエとルーキーのオクダの若手二人に任せなければならない状況で、マンツーマンに固執する事が出来なくなったか。
ただ、ゾーン多めでクッションが大きい為、パスはガンガン通されていました。ただINTを記録した3つのプレイは全てマンツーマン。このギャップがマレーを混乱させたのか?

1巡ルーキーCB奥田くんは今週もWRホプキンスにちんちんにやられましたが、値千金のプロ初INTを記録。一旦抜かれてるのに、ボールに寄せるスピードはやはり非凡。どんだけやられても今年はこれをたまにやってくれれば許す。

審判へのヘッドバットで退場になりいきなりミソをつけたLBコリンズもINT。ランストップでもパスディフェンスでも存在感を示し、ジャレッド・デーヴィスの出番が激減。

開幕からの2戦スナップ数が少なくパトリシア批判の一因となっていたSウォーカーが100%出場。何か批判に耐えられなくなっていろいろポリシーを曲げてきてる感じもします。まあ結果良くなってるから良いけど。

スペシャルチーマーが大活躍し、勝因の一つに。
Kプレイターは4回のFGを全て決めてPOWに。またPフォックスは4回平均55.5ydと今週も素晴らしい成績。開幕3週の平均グロス53.1yd、ネット51.1yd、20yd以内7回と全てリーグトップで、POMに選出されました。普通4thダウンになるとがっかりするものですが、フォックスのパントを見るのが楽しみになってきてます。

2連敗したときにはもう今年は終わりだ、早くパトをクビにしろ、と思ってましたが、現金なもので一つ勝っただけで、やっぱりイケるのでは?と思ってしまいます。まあでも勝ちにまさる薬なしとも言いますし、これでチーム状態も上向いてくれれば。

次は強豪セインツ戦。ところがライオンズにもいたFBバートンがCOVID19で陽性に。直前になってこれはちょっと。一体どうなるんでしょうか。
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブログ内検索