FC2ブログ

2020 NFL Draft Day2 Detroit Lions Picks

2017年のドラフト1巡であるLBジャレッド・デーヴィスに対し、ライオンズは5年目の契約オプションを破棄する事になりました。

これでデーヴィスは今シーズン終了後に無制限FAとなります。
1巡21位でライオンズから指名され、ディフェンスの中心となる事を期待されたデーヴィスですが、これまでの3シーズン、その期待に応える活躍が出来ているとは言い難い感じです。昨年は12月にIR入りした為11試合出場に終わり、63タックルに留まっており、アサイメントミスやタックルの稚拙さなどが指摘されています。

まだ1シーズン残っているとはいえ、今シーズン後の再契約はかなり難しいかと思われます。活躍しなければ再契約する必要性は低く、活躍したらしたでサラリーが高騰し再契約は難しくなるでしょう。

それにしても1巡選手の歩留まりの悪さは異常。2010年以降1巡指名選手でルーキー契約の5年過ぎて再契約したのはフランチャイズタグを貼られて1年残留したDEジギー・アンサーのみで、他は5年目終了後か4年目オプションを破棄して流出という惨憺たる状況。イーブロンやリーフ、トムリンソンらが他チームでも活躍しているのを思えば、育成と起用方法が下手くそ過ぎるという事でしょう。そりゃ強くならんわ。

今日は2020年のNFLドラフト。2日目、2巡と3巡のライオンズの指名選手を紹介します。

2巡3位(全体35位) RBデアンドレ・スウィフト D'ANDRE SWIFT ジョージア大 5’8” 212lbs

ニック・チャブ、ソニー・ミッチェルら近年優秀なRBを輩出するジョージア大のエースRB。今年のドラフトのRBは層があまり厚くない印象でしたが、その中でトップ評価を受けていたRB。
5フィート8インチと小柄ながら、強靭な下半身から繰り出すスピードとクイックネス、鋭いカットとジュークムーヴでタックラーを躱す。ハンズも良くパスレシーバーとしても優秀。
ボールセキュリティにやや問題があり、オープンに展開するスピードは平凡で、一発TDのようなホームランヒッターではない。
これまで大きな怪我はないが、細かい怪我で欠場はあり、サイズ的にプロのヒットに耐えられるかが心配。

ドラフト中継で彼のハイライトよりもムキムキマッチョ親父が先に映ってバズりました。

彼のお父さんダレルはフィラデルフィアでジムを経営。インスタグラムを見ると独自のトレーニングメソッドで多くの若い方を育成する様子が掲載されていますが、このトレーニングがスウィフトの足腰の強さの源になっているのでしょう。

怪我がちのエース、ケリオン・ジョンソンとの1-2パンチでオフェンスを強化。鱒の後輩というのも良いですね。非常に楽しみです。

3巡3位(全体67位)EDGE ジュリアン・オクワラJULIAN OKWARA ノートルダム大 6’4” 252lbs
ライオンズDEロミオ・オクワラの実弟。ソフォモア時に8サック12.5TFLと活躍。しかし昨年は大腿の骨折で9試合出場、5サックに終わる。

理想的な身長で手足が長く、スピード豊かなエッジラッシャー。テクニック的には成長の余地はあるが、ブロッカーを上手く突き放す事ができる。
ダウンフィールドに下がってのパスカバーも上手く、2INTを記録。

昨年の怪我でプレドラフトのワークアウトをほぼ出来ず。現役時代には230ポンド程度でプレイしており、250ポンドまで増量した現状で同じスピードでプレイできるかどうか。

GMクインは3巡3位までオクワラが残っているとはとても思えなかったとコメントしています。トレードアップしてオクワラを取りに行く手もあったが、他にリストしていたプロスペクトも4〜5人残っていたのであえてアップせず。すると幸運にもオクワラが残っていたので、指名は簡単だったと。

現在NFLでプレイしている兄弟は複数いますが、同じチームに所属しているのはSEAのグリフィン兄弟とPITのワット兄弟(FBデレック、LBT.J.)に次いで3組目になるか。ニーズであったエッジラッシャーで、バリューピック、兄弟でプレイという物語性もあり、大変期待出来ると思います。頑張って欲しいです。

3巡11位(全体75位)Gジョナ・ジャクソン Jonah Jackson オハイオ州立大 6’4” 310lbs 
全体85位をコルツに送って10位トレードアップ。条件はライオンズが85位、149位、182位でコルツから75位と197位。

指名したのはオハイオ州立大のGジャクソン。
ラトガース大学でレッドシャーツ含め4年間所属した後、オハイオ州立大に転向。先発LGの座を奪うと、Big10のファーストチームに選出。

ラトガース時代には右G、Cもプレイしており、インテリアライン3つともプレイ出来る万能性が魅力。サイズは理想的で腕の長さも十分。PFFによると大学時代1,020回のパスプレイで1回しかサックを許していないとの事。ラッシャーやブリッツアーを見つけて処理するのがうまい。ランゲームでは穴を作るのにセカンドレベルまで到達出来る。

テクニックは発展途上で、時折ハンズの正確性を欠くプレイが見られる。セットする際の姿勢が高い。

ドラフト前は4巡〜5巡で指名されるのではと予想されていましたので、それからするとややリーチっぽいイメージ。しかもそれをトレードアップしたのはちょっと分かりません。ラトガースで満足せずさらにレベルアップしたいという意図で転向した向上心には期待。


スポンサーサイト



         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索