FC2ブログ

2020シーズンオフまとめ

ブログ更新、長く放置致しまして申し訳ありません。放置してしまった理由は・・・うん、まあアレだ。

いよいよ現地日曜日はスーパーボウルですね。どっちのチームにも特に思い入れはありませんが、面白い試合にはなりそうですね。ライオンズとの繋がりで言えば、レイキン・トムリンソンがナイナーズで先発Gとして完全に定着。現MINのリーフといい、現NOのウォーフォードといい、どうしてこんなに有能なOLを簡単に放出してしまうのか。

先週のプロボウルではライオンズからWRゴラディとCBスレイが出場。ゴラディが3レセプション109ydの活躍。これは両カンファレンスのWR陣トップのスタッツでした。

さて、ライオンズの2019シーズンは3勝13敗1分けという惨憺たる結果で終了。2勝1分の時点では、今年はもしかして、と思っていましたが、全く逆でしたね。第8週のNYG戦で勝利したのを最後に10連敗でフィニッシュ。リーグ内でもワーストに近い終わり方をしたんではないでしょうか。

GMクインおよびHCパトリシアは16週終了時点で来季続投が決定。しかしオーナーのマーサ婆ちゃんからは「来年勝てなかったら次はない」と最後通告を突きつけられました。

個人的には14試合リードを得ながら守りきれなかったゲームマネージメントの拙さを見ると、パトリシアは限界なんじゃないかと思いましたが、スタッフォードはじめ怪我人が多く出たシーズンだけに、あともう1年という判断でしょうか。

ただしコーチ陣、特にリーグ底辺の成績に沈んだディフェンスを中心に入れ替えが行われます。

STコーディネーターのジョン・ボナメゴ、LBコーチのアル・ゴールデン、アシスタントストレングスコーチのロドニー・ヒル、フットボールパフォーマンスコーディネーターのハロルド・ナッシュ、DBコーチのブライアン・スチュワート、TEコーチのクリス・ホワイトの6人が解雇。DCポール・パスカローニとOLコーチのジェフ・デヴィットソンはコーチ業から引退、という事で一気に8人がチームを離れる事に。

パスカローニとデヴィットソンはベテランだけに一応敬意を払ってクビにはしなかった、という事でしょうか。
ディフェンスのポジションコーチはDLのボー・デービス以外は全取っ替えという事に。

しかしディフェンスはHCパトリシアが主導権を握っていたと思われますので、DCとポジションコーチを入れ替えただけで改善するのかどうか。

新DCに就任したのはイーグルスのDBコーチだったコーリー・アンドリン。1971年カリフォルニア生まれの48歳。カリフォルニア・ルーサーラン大というマイナー校を出て、母校のコーチ、フレズノ州立大のコーチを経て、ペイトリオッツのアシスタントコーチでNFL入り。CLE、JAC、DENと渡り歩き、2015年からPHIのDBコーチを務めていました。

パトリシアとの接点は2004年のNE時代。パトリシアはオフェンスのアシスタント、アンドリンはディフェンスのアシスタントとサイドは違えどお互いのプロとしてのコーチ初年という事で、以来結びつきは強かったようです。

コーディネーターとしての経験はルーサーラン大時代に経験したのみ。これまで複数のチームで多くのコーチの下、さまざまなスキームを経験しているのが特徴と言えば特徴か。第42回スーパーボウルでリングを獲得していますが、ここ2シーズンイーグルスのDBは不調。リーグ31位のライオンズパスディフェンスを立て直す事が出来るでしょうか。

STコーディネーターにはベンガルズのアシスタントSTコーチだったブレイデン・クームスが就任。わずか33歳で、リーグ最年少のSTコーディネーターとなるようです。

ブレイデンの父はタイタンズのDBコーチからオハイオ州立大のDCにこのほど就任したケリー・クームス。
クームスはマイアミ大オハイオでWRとしてプレイ。2009年にインターンとしてベンガルズに入ると、下働きを経てここ7年スペシャルチームのアシスタントコーチをしていました。

ライオンズの2019シーズンのスペシャルチームは、反則やファンブルなどのミス、リターンの不調、Pマーティンの怪我であまり良いとは言えない成績でした。若いながらもNFLのコーチ経験は10年。CINで強力なSTを指揮するダリン・シモンズの下で学んだ事を生かす事ができるでしょうか。

・ライオンズはドラフト全体3位
4月のドラフトでライオンズは全体3位で指名する権利を得ました。現在の状況では全米王者にチームを導いたLSUのQBジョー・バロウをベンガルズが1位で指名するのが確実。QBが必要ないレッドスキンズは、オハイオ州立大のDEチェイス・ヤングの指名が濃厚と見られています。
そうなるとライオンズがQB(3位だと多分アラバマのトゥア・タゴヴァイロア)を指名するかどうかが鍵に。
先日GMクインが今季怪我で大半を欠場したQBスタッフォードについて「彼がQBである事は満足でハッピー」とコメント。QB指名の噂について、一応の布石を打った形に。

何度も言いますが、鱒ほどのQBはそうそう獲れるもんじゃない。確かにポストシーズンで勝てないとか今シーズン浮上した怪我の心配などはあれども、来シーズンに進退の掛かっている現GM・HCが新QB指名に踏み切るとは考えにくいです。しかも怪我をしたのではと見られているトゥア君では、怪我不安の鱒の代役にはならんでしょう。

指名順6位のチャージャーズのQBフィリップ・リバースが今シーズン限りでチームを離れる事になり、QB指名が濃厚。5位のMIA、7位のCAR、9位のJACあたりがQB指名するのではと見られています。そうなると3位はいいランディングスポットになるでしょう。クインが上手く商売して指名権を増やして欲しいものです。

・今シーズンのFA選手
今オフFAになるのは以下の選手です。


Mike Daniels DT 31 DET UFA

Danny Amendola WR 34 DET UFA

Tavon Wilson SS 30 DET UFA

Sam Martin P 30 DET UFA

Rashaan Melvin CB 30 DET UFA

Jermaine Kearse WR 30 DET UFA

A'Shawn Robinson DT 25 DET UFA

Oday Aboushi T 29 DET UFA

Don Muhlbach LS 39 DET UFA

Logan Thomas TE 29 DET UFA

Graham Glasgow G 28 DET UFA

Miles Killebrew S 27 DET UFA

J.D. McKissic WR 27 DET RFA

Jeff Driskel QB 27 DET UFA

Darius Kilgo DT 28 DET UFA

Jamie Meder DE 29 DET UFA

Michael Ford CB 25 DET ERFA

Dee Virgin CB 26 DET ERFA


ダニエルズは正直期待ハズレでした。”スナックス”ハリソンが引退を示唆している状況では、まだ若いエイショーン・ロビンソンとはなんとか再契約したいところ。他ではGグラスゴーをなんとか残したいですが、FA市場を試したい意図があるようで不透明。Pマーティン、LSまーバッハも再契約したいですね。あとはまあそうでもないかなと。来季が最終年となるCBスレイは不貞腐れていたシーズン中から心変わりしたか、ブラフなのか「デトロイトでキャリアを終えたい」とコメントしたとか。
2020年のキャップスペースは約$47M程度のようです。勝負の年となるため、スレイの契約延長と思い切った補強を期待したいところです。
スポンサーサイト



         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

ブログ内検索