FC2ブログ

NFL 2019 Week10 DET @CHI

2003年のドラフト1巡だったWRチャールズ・ロジャースが先日亡くなりました。38歳の若すぎる死。どうやら肝臓がんだったようです。

ロジャースはミシガン州サギノー出身で、ミシガン州立大のスターレシーバーでした。1巡2位でライオンズ入りし、2003年の開幕戦で2TDレセプションを記録して鮮烈なデビューを果たしましたが、シーズン途中練習中に鎖骨を折って以後全休。翌2004年の3プレイ目に再び鎖骨骨折でまたもシーズンアウト。2005年には薬物ポリシーに違反し4試合の出場停止に。これを受けてチームはロジャースに支払った$14.2Mのサインボーナスのうち$10.2Mの返還請求を起こし、2006年には彼を解雇。その後どこのチームとも契約出来ず、以降プレイしていません。

2008年、裁判所の仲裁により、ロジャースには$8.5Mの返済を命じられますが、支払わず。2010年には連邦裁判所より$6.1Mの返済を再び命じられますが、ロジャースは一文無しになっており、破産する事で支払われる事はありませんでした。

引退後はトラブルが絶えず、ガールフレンドに暴行した事で逮捕されたり、何度も飲酒運転で捕まったりと波乱の人生を送っていました。

死因と見られた肝臓がんですが、ロジャースは鎮痛剤オピオイド中毒に早くから罹っており、それが肝機能障害に繋がったのではないかと見られています。もちろん飲酒の影響もあったでしょうが。

大学時代にドラッグテストに何度も引っかかっていたのを他チームは認識していたのを、ライオンズが2位で指名。素質はもちろんあったのでしょうが、大金を手にした事と怪我の繰り返しで彼の人生は狂ってしまったのかも知れません。正しい方向に導いてくれるような人に出会えていればよかったのでしょうが、当時のライオンズのトップがアレですからね。

NFL史に残るBustとして当ブログでも何度もイジってきてしまった事には彼に謝るしかありません。亡くなってしまうとは、、、。非常に残念です。


第9週は更新の時間がありませんでした。すいません。一言で言えばディフェンスが崩壊して撃ち負ける展開。同点まで残り1ydという所までは迫りましたが、取り切れず。

3勝4敗1分けで挑んだ同地区ベアーズ戦。なんとエースQBスタッフォードが欠場。バックアップのドリスケルが代役を務めますが得点力不足は否めず、4Q途中までFG2本しか取れず。ディフェンスもトータルで226ydにベアーズオフェンスを抑えましたが、要所でQBトルビスキーに3TDを奪われて20−13で敗戦。3勝5敗1分けと借金が増えてしまいました。

スタッフォード欠場の顛末。週の間、鱒は制限付きで練習に参加しており、インジュリーリポートにはQuestionableで登録。しかし恐らく試合には出るものと思われていました。
しかし当日になってイナクティブリストに名前が載っている事態に。
後に明かされた事実によると、当初鱒本人もチームも試合に出るものと考えていたようですが、金曜日に受けたMRI検査で背骨の骨折が判明し、土曜日の夜には試合に出る事は出来ない事が分かっていたにも関わらず、ステータスをダウングレードせずにQuestionableのままにしていた事が問題になっており、NFLも調査に乗り出す模様。

HCパトリシアは鱒への敬意から、一旦ダウングレードしてしまえば、試合にスタイルして臨む事が出来なくなるので、判断をギリギリまで遅らせる為に、ダウングレードをしなかった、という旨の説明をしていますが、何だそりゃ。

この件の問題点。
まず、選手の安全や健康を守る為に、独立性が求められるべきトレーナーや医療スタッフの見解が、首脳陣によって左右されたり、無視されたりしているのでは無いか、という点。これは昨年も鱒は背骨の骨折をシーズン中に抱えながら、それが明らかになったのが今年になってからであったり、CJが現役時代に指が完全に曲がった状態でプレイしたりと様々な故障を抱えながらも、インジュリーリストにも乗らなかった事が多かったという事を暴露していたように、ライオンズは以前からそういう体質があるのでは無いか、と見られてもおかしくはありません。

また、逆に戦術等の駆け引きから、インジュリーリストに虚偽の報告をしているのではないか?という疑惑。これはHCパトリシアがコーチをしていたペイトリオッツが、何年か前に良くやっていたやり方。Questionableをズラーっと並べるも結局全員出る、とか。パッツ出身のパトリシアだけに疑われても不思議ではありません。

もう一つは、どうせ鱒が出れないのであれば、早めにドリスケルに先発を伝えて準備させるべきだったのではないか、という点。たった一晩準備したからと言ってどうにかなったとは思えないですけどね。

鱒の連続出場記録は163試合で終了。第11週は欠場が決定しましたが、おそらくシーズンアウトでしょう。ドリスケルは最初落ち着いているように見えましたが、RTワグナーが脳震盪で退場し、リードを奪われた事で焦りが生じたか、ディフェンダーにボールを投げ込んでインセプ。その後TDを奪われた事で試合が決まってしまいました。
4QのゴラデイへのTDパスでは、ラッシュを上手く交わしてパスを決めていましたので、落ち着いてプレイすれば、そこそこはやれるような気もしますが、勝てるQBかと言われると、RBも不足しているだけにちょっと。鱒が出れないとなると、今シーズンはもうタンクに突入した方が良いのかも知れませんね。
スポンサーサイト



         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索