FC2ブログ

NFL2016 Week17 Lions vs.Packers

第17週、NFC北地区優勝を掛けて、ホームでパッカーズと対戦。
前半はほぼ互角の展開も、後半パッカーズのドライブを止め切れず、3TDを奪われ、反撃もFG一本とガベージタイムのヘイルメアリーが決まっただけに抑えられて31-24と敗戦。23年ぶりの地区優勝は幻と消えてしまいました。しかし、レッドスキンズが負けた事でプレイオフ進出は決定。ワイルドカードでシアトル・シーホークスと対戦します。
敗因は上述の通り後半パッカーズのドライブを止められ無かった事。後半のタイムオブポゼッションが21分:9分と終始ボールコントロールを許しました。本来ライオンズがやりたかったゲームプランをやられてしまった感じ。
スレイが戻ってきてWRネルソンは6回66ydとまあまあに抑えましたが、その他のWRアダムズ、アリソン、TEクックあたりにやられた印象。
あとFBリプコウスキーと元WRのRBモンゴメリーの二人に16キャリーで100ydも走られる始末。酷かったのはLBホワイトヘッド。ラインに10ydぐらい押されてしまうわ、ブリッツのサインが当たってロスタックルのチャンスをミスって1stダウン更新を許すわでさっぱり。
一番問題なのはロジャースにスクランブルで10回42ydも走られ、パスラッシュを交わされた後にパスを通されるシーンが繰り返された事。ロジャースがラッシュをいなすのが上手いからと言って、ここまで仕留めきれないとは。WRアリソンに決められたTDパスの時はロジャースが9秒近く逃げ回るのを許しています。ラッシュが効きにくいのは元から分かってる訳ですから、もうちょっと対策を練っておくべきじゃないんですかね。ディレイ気味にブリッツ入れるとか。
DCオースティンはラムズ、チャージャーズから新HCとしての面談のリクエストを受けているそうです。タレントの問題ももちろんありますけど、どうにも改善しないディフェンスの事を考えると、そろそろ流出しても已む無しと割り切って新しいコーディネーターを探した方がいいかも知れません。
オフェンスは前半はゼナーのランを軸に結構良かったと思いますが、後半はパッカーズのボールコントロールの影響を受け、オフェンス機会が少なくなってしまいました。後半冒頭の2シリーズがパントに終わったのが痛かった。3Q最初のシリーズでは3rdダウン5で、RTロビンソンがほぼノーチェックでLBペリーのラッシュを許して被サック。リーフの欠場が大きく響きました。
QBスタッフォードは先週よりもパスのタッチが良くなっている感じはありました。ただパッカーズのセカンダリーに負傷者が多発し、SをCBに回さざるを得ない状況だったのを差し引く必要はあるかも知れません。4Q終盤、2本差を追う場面でレッドゾーンに入ってからのインターセプトですが、ややターンボールになってSハイドの正面に。でもねえ、ハイド押してたでしょうが。インターフェアじゃないのかねえ。
RBゼナーはラン、パスともに結果を残しました。ただまたも後半は常にキャッチアップする展開でキャリー回数が限られて、距離はあまり伸びず。
Kプレイターは前半39ydを外し、後半54ydを決める不思議。まあ逆でもおかしくないので、試合的にはそう影響は無いっちゃあ無いんですかね。
この試合でOTロビンソンとCBエイサ・ジャクソンが故障してIR入り。代わりに2014シーズンに4試合先発していたOTギャレット・レイノルズとPSからCBアダリアス・バーンズを引き上げサイン。
レイノルズは2014シーズンにバックアップとして在籍。スターターが怪我した際に何度か出場していますが、あまり良い印象はありません。
バーンズはCBディグスが故障した後、第14週に先発していますが、パフォーマンスがイマイチだった為、ウェイバーになりクリアした為PSに入っていました。
この時期新加入選手にあまり期待は出来ないか。まあ離脱したのがバックアップ選手だったのは不幸中の幸いでしょうか。
プレイオフ進出を受けて、来季もHCコールドウェルが指揮を執る事をチームは発表しました。
3シーズンで2回のプレイオフ進出というのは額面上では立派でありますが、3連敗で地区優勝を逃すという状況にホットシートにあるのでは?と憶測を呼んでいたコールドウェル。プレイオフに向けてチームとしてその不安を払拭した形に。
鱒も「コールドウェルは素晴らしいコーチ。彼の為にプレイするのは光栄」とフォロー。
策士という感じもせず、モチベーターでも無く、窮地に立たされると明らかに目が泳ぐなんとなく頼りないコーチっぷりに、あまりファンの評価も高くない感があるコールドウェルですが、チーム内での信頼度は揺るぎない物があります。不満とかチーム批判とか一個も聞こえて来ないですもんね。
超古い話ですが西武ライオンズの森監督が日本シリーズ前に退任報道が出て、その影響で日本シリーズ負けてしまう、という事がありました。
人望が厚いHCだけに大一番を控えてチーム内が動揺するよりは、早めの決断は悪くないと思いますけどね。
3連敗の後だけにどこまで期待出来るか分かりませんが、壮大な死んだふりを仕掛けた、と考えましょう。シアトルでのシーホークス戦は日本時間日曜日午前10時15分キックオフです。
スポンサーサイト



NFL2016 Week16 Lions @Dallas & プレビューWeek17 Lions vs.Packers

あけましておめでとうございます。新年最初の更新が惨敗の試合の振り返りというのは感じが良くはありませんが、記録の為にもやっておかなければ。

第16週、勝てばプレイオフ進出、となるダラスでのカウボーイズ戦。
前半21-21と拮抗する展開でしたが、後半オフェンスが不発。ディフェンスは前半のそのままの崩壊っぷりで42-21と大敗。プレイオフ進出は最終週に持ち越しとなりました。

まずオフェンス。3TDを奪った前半はゼナーのランやスクリーンなどで幾分効果的に出ていましたが、後半になって全く進まず。
その原因として、カウボーイズディフェンスが前半のゾーン中心から、後半はブリッツを多用しマンツーマンが中心になった事。
中指を脱臼しグローブを着用してプレイしているQBスタッフォード。ゾーンでのプレイリードは問題ないものの、 マンカバーで付かれると微妙にタッチが乱れてる為パスがさっぱり通らず。またパスプロテクションが悪い上にボールを持ちすぎている感じがありプレッシャーを受けまくっています。スワンソンの怪我がかなり応えてもいます。Cに移ったグラスゴーの代わりに入ってるトムリンソンの出来が特に思わしくなく、終盤にはジョー・ダールに交代させられています。

ディフェンスはシーズン前半のパス何でも通る状態に逆戻り。さらにRBエリオットにも走られまくり。セカンダリーが全く機能していません。スレイ不在がここまで響くとは。というかディグスの不在も大きく響いてる感じですね。パスラッシュも効かずアンサーの1サックのみ。

さて、2連敗で9勝6敗となり、結局最終週にプレイオフ進出可否が決まる事に。

まず現地16時25分スタートのNYG@WASでワシントンが負けるか引き分けで、プレイオフ進出が決定します。ジャイアンツはスターターで戦うらしいですが、レッドスキンズのホームですし、ジャイアンツは勝とうが負けようが何も影響ないですからね。あまり期待出来ないか。

そしてサンデーナイトゲームで勝てば地区優勝。引き分けでもプレイオフ進出となります。勝ってシアトルが負けか引き分け及びアトランタが負けで1stラウンドバイとなりますが、NO@ATL、SEA@SFというマッチアップですので可能性はゼロに近いか。

さて、問題はここのところ絶好調のパッカーズオフェンスを、ここのところ絶不調のライオンズディフェンスが止める事が出来るか、となります。
キーマンとなるCBスレイはQST。おそらく出てくるでしょう。
さらにIR入りしたDTチャールズの代わりにCBクレズドン・バトラーとサイン。バトラーと言えば@GBの連敗を止めた去年のパッカーズ戦で、決められれば同点という2ポイントコンバージョンのパスを止めたCBです。去年のラッキーマンがここに来て再加入。今年も大一番での活躍を期待。

手首の怪我で欠場が続いていたRBリディックですが、状態が思わしく無かったようで結局IR入りとなってしまいました。代わりにPSからWRジェイス・ビリングスリーが昇格。
ビリングスリーはキャンプとプレシーズンで名を馳せたルーキーFA。小兵でクイックネスが高いWRで、リディックがスロットにセットした時と同じような起用が出来るかと。テイト、マーヴィン、ボルディンの次がロバーツで、ちょっとバリエーションに欠けてましたので、ちょっと期待したいところです。

さあ、年明け早々の大一番は日本時間10時半キックオフです。





         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索