FC2ブログ

RBベル解雇、CBマシス引退等

・RBベルを解雇
ライオンズはベテランRBジョイク・ベルを解雇しました。2016シーズンが3年契約の最終年で、チームからはサラリーカットの提案があったそうですが、それに応じずチームを離れる事を選びました。

ベルはほとんど出場機会もないPS要員として数チームを渡り歩いた後2011年にライオンズ入り。2012年にラン414yd、パス485ydと万能さが買われて台頭。翌年にはコンバインヤードで1000yd超え、8TDとG前での強さを見せ、2014年には860yd7TDでチームのラッシングリーダーに。
しかし昨年はオフシーズンに受けた手術から回復が遅れ、以前の力強いランが見られませんでした。
2016シーズンのサラリーは$3.5ミリオン。この解雇で$2.5ミリオンのキャップスペース節約になるものと見られます。

2014年が最も活躍した事を見れば、ベルはゾーンブロックで穴が開くのを待って突っ込み、タックルをいなしながら数ヤードゲイン、というスタイルでした。昨年序盤はOLの不調で穴が全く開かないところを無理に突っ込んでノーゲイン、というプレイばかりでした。穴が開かないのもでしたが、以前のようなゴムマリのような柔軟さが見られなかったのは怪我のせいでしょうか。パスキャッチが異様に上手いリディックの台頭で、3rdダウンでの役割も少なくなっていました。

地元ミシガン出身でPSから上り詰めた苦労人でした。器用なので怪我さえ良くなっていれば何処か拾ってくれる所はあるでしょう。新天地で頑張って欲しいですね。

・LBターロックも解雇か
同じく今年が契約最終年となる、LBスティーブン・ターロックが、Instagramでデトロイトに別れを告げるメッセージを投稿。まだ正式にはなっていませんが、おそらく契約を1年残してチームを去る事になりそうです。

ターロックは2011年にFAでライオンズ入り。タイタンズ時代にDCだったHCシュヲーツさんの最も意を汲むディフェンスの中心として活躍。5シーズン中4シーズン100タックル以上を記録しましたが、2014年セレブレーション中の怪我でACLを断裂。昨年は全試合に出場をしましたが、スピードの衰えは明らかで107タックルを記録したランディフェンスはともかく、パスディフェンスではカバーミスが度々見られました。

2016年はベースサラリーが$5.5ミリオンでキャップヒットが$7.3ミリオン。明らかにパフォーマンスには見合わない額となっており、放出は不可避という感じ。

しかし長年ディフェンスの要であり、ロッカールームのリーダーでもあった為、ディフェンスのまとまりが失われはしないかというのが心配ではあります。

現状ILBはロースターに残っていません。ドラフトで獲るのか、ターロック不在時に活躍したFAとなっているホワイトヘッドと再契約するか、それとも他のFAを探すか。ラムズからロウリナイティスがクビになりましたけど、もう彼も旬過ぎてる感じだしなあ。

・CBマシス引退
昨シーズン脳震盪でシーズンアウトとなったCBラシーン・マシス。13年間のキャリアにピリオドを打ち、引退する事を明らかにしました。
マシスは2003年ドラフト2巡でジャグワーズ入り。10年間プレイした後2013年にライオンズ入り。ネチっこいカバーと反応の鋭さで弱小セカンダリーを支え、その年に15パスブレイクアップを記録。
昨年はスピードの衰えは隠せず、縦に抜かれる事がしばしばありましたが、ショートパスへの反応はさすが、というプレイを見せていました。第7週のMIN戦で脳震盪を起こし、チームドクターが見抜けずそのままプレイさせるという不手際もあり重症化。ロンドンでのKC戦に出る事なくIR入りしていました。

マシスの離脱以降、ローソンやディグスといった若手が台頭したのは、彼がメンターとなって育て上げたのが要因だった、と伝わっています。大ベテランの経験を彼らに伝えてくれたんでしょう。長年のプレイに心から労いの言葉を述べたいと思います。

ちなみに彼の引退で$1.5ミリオンのスペース節約になるようです。

上記3人の他に、シーズン途中に加入したDTCJ.ウィルソンが解雇され、FAとなっているGマニー・ラミレスもライオンズとは再契約しない、と述べています。

ベテランの解雇、引退でチームの若返りが進みつつあります。上記3人でキャップスペースが約$10ミリオン空く模様。GMが代わっただけに久々にオフに大きな動きがあるかもしれません。
スポンサーサイト



(最早ニュースではない)ニュース諸々

・CJ、引退を考えたのはシーズン開始前
結構前のニュース。昨季限りでの引退を示唆しているWRカルヴィン・ジョンソン。表面化したのはシーズン終了後でしたが、実際にはシーズン開始前に、QBスタッフォードとLBターロックの二人には「2015シーズンで引退する」と話していた、という事が明らかになりました。

オフェンス、ディフェンスのキャプテン(実際のチームキャプテンは試合毎に選定)と言える二人に既にシーズン前に漏らしていたという事は、今季怪我を抱えてプレイした事で限界を感じた為に引退を考えたのではない、という事ですね。ポッと思いついた訳ではない、訳ですからCJの意志は相当堅いのだろうと思われます。

結論はまだ出ていませんが、ファンとしては覚悟を決めた方がいいのかも知れません。

・オフェンスのポジションコーチ3人採用
予想通りOCとしてナイナーズに移ったRBコーチ兼ランゲームコーディネーターのモドキンスの後任に、元コルツのRBコーチ、デヴィッド・ウォーカーが就任しました。

ウォーカーは1969年生まれの46歳。シラキュース大時代にRBとして活躍し、大学通算ラン2643ydを記録。ドラフト外でドルフィンズに入るもプロとしてはプレイ出来ず。

高校のコーチを経て母校シラキュース大で1995年から2003年までRBコーチ、2004年から2010年まではピッツバーグ大でデイブ・ウォンステッドの下でRBコーチ。そして2011年から2014年までRBコーチを務めていました。

2011年にコールドウェルと共に仕事をしており、その縁での就任でしょう。
RBコーチとしてはピッツバーグ大時代にルショーン・マッコイ、ラシャード・ジェニングスを指導していますが、在籍時のコルツはランゲームが強かった、という印象はありませんね。

来季のRBのラインアップはおそらくアブドゥラ、ベル、リディックに怪我で離脱したゼナーがプラスされるかどうかでしょうから、新規にタレントをという事も無いでしょう。とにかくお願いしたいのはアブドゥラのファンブル癖の改善。これさえなんとかして貰えれば特に文句はありません。

クーターがOC昇格以来空席になっていたQBコーチにはスーパーボウル覇者ブロンコスから、ブライアン・キャラハンが就任。
キャラハンは高校、UCLAを経て2011年にブロンコス入り。クオリティコントロールコーチ(所謂下働き)を2年、アシスタントコーチ2年を経験後、昨シーズンはオフェンシブアシスタント兼QBコーチ。スーパーボウル制覇に貢献しリングを手にしました。

シーズン通じて兄者の出来が良くなかったのは衆知の事実ですが、オスウィーラーに交替してからもデンバーの成績が落ちなかった、というのがキャラハンの手腕とも言えるのではないでしょうか。クーターとの関係も密接でしょうから、期待しても良さそうな気がします。

ロン・プリンスがOLコーチになった事でやはり空席になっていたTEコーチには、マイアミ大のHCだったアル・ゴールデンが就任。
ゴールデンはヴァージニア、ボストン・カレッジ、ペン州立等でLBコーチを経てヴァージニア大のDC。2006年からテンプル大のHC。2011年からはマイアミ大のHC。
2011年に明らかになったマイアミ大のスキャンダル後に就任したHCという事で、スカラシップが削減されるなどの影響を受けた為、負け越し1シーズンを含めて通算32勝25敗、ボウルゲーム2敗と期待された程の成績を残せず解雇されていました。

まさかの強豪カレッジのHC経験者がポジションコーチ入り。まだ46歳と若いので、プロ入りしここからNFLでのキャリアを上げていこうという事なんでしょう。ただ問題なのはHCになる前はLBコーチ、DCとディフェンス畑だったという事。これまでTEをコーチした事は一度もありません。ただ現役時代はTEで、ペン州立大でプレイしていた時に、HCコールドウェルがQBコーチをしており、その時の縁での就任かと。
期待したいのはイマイチ伸び悩んでいるイーブロンを何とか一人前にしてもらえないか、という事。イーブロンがノースカロライナ大時代に199yd稼いだ時の対戦相手がゴールデンのマイアミ大。イーブロンもツイッターで「彼は自分の事を良く知っているはずだ」と喜びのコメントをつぶやいていました。

・ストレングス&コンディショニング担当アラポフ解雇
コーチ陣にはほとんど手をつけ無い一方で、その他には着実に刷新を続ける新GMクイン。続いてはコンディショニング部門に着手。

フィジカルデベロップメントコーディネーターのジェイソン・アラポフとアシスタントのテッド・ラスが解雇されました。

アラポフは2001年にコンディショニングコーチに就任、2006年からは同部門のコーディネーターに。
フィットネスやコンディショニングの世界ではちょっと名の知れた存在なんだそうですが、ライオンズにおいては(特に未練時代には)あまりの怪我人の多さに、果たしてその手腕は大丈夫なのか?と当ブログでも疑問視しておりました。
ちょっとコーディネーターに就任した2006年以降のシーズン終了時にIRリスト入りしていた人数と主な選手を挙げてみますと。。。
2006年:16人(RBケヴィン・ジョーンズ、DTロジャース、DEホール、CBブライアント、Gウッディ、RBカルフーンetc.)
2007年:14人(WRロイ・ウィリアムズ、TEキャンベル、CBウィルソン、OTスコット、FSバロックス、QBスタントン、RBカルフーンetc.)
2008年:18人(QBキトナ、RBケヴィン・スミス、DTレディング、WRファーリー、TEキャンベル、DEデヴリーズ、CBウィルソン、SSドワイト・スミス、WRマクドナルド、FSアレクサンダー、Gムリターロ、LBダイゾン、RBカルフーンetc.)
2009年:14人(QBスタッフォード、RBスミス、TEペティグルー、Gピーターマン、TEフィッツシモンズ、DEデヴリーズ、SSバロックスetc.)
2010年:19人(QBスタッフォード、RBスミス、Kハンソン、DEKVB、OTシェアラス、OLBダイゾン、DEデヴリーズetc.)
2011年:9人(RBベスト、RBルショア、OTフォックス、Sコールマンetc.)
2012年:13人(RBベスト、WRバールソン、DTフェアリー、WRブロイルズ、WRヤング、DEサミー・ヒル、DTウィリアムズ、Sスパヴェイetc.)
2013年:9人(TEペティグルー、DEジョーンズ、WRブロイルズ、DEイドニジェetc.)
2014年:8人(LBターロック、CBベントレー、TEフォーリエ、OTウォデルetc.)
2015年:12人(OLBレヴィ、TEペティグルー、CBマシス、Cスワンソン、DTウォーカー、CBウィルソン、DTフルーレンetc.)

2011年以降は幾分減ってますが、それ以前は酷いですね。主力の怪我も多く、これではシーズンを乗り越えるのが難しい筈です。怪我は付き物のスポーツですから、一概にアラポフの責任とは言えないでしょうが、毎年のように繰り返すのですから、責任の一端はある筈。2007年頃にライオンズでアシスタントトレーナーとして働いておられたテシヲさんに聞いたところ、「コンディショニングにも色んな考え方があるので・・・」と言葉を濁していらっしゃった事から勘ぐっても、NFLのコンディショニングコーチとしては力量不足だったのでは。

2008年、未練からメイヒューに代わった時に交代させておくべきだったんですが、何故か留任。8年経った今年になってようやく解雇となりました。

後任にはペイトリオッツのストレングス&コンディショニングコーチ、ハロルド・ナッシュJr.。CFLで11年プレイした後、2005年からペイトリオッツの同部門アシスタントに。そして2011年から主任に昇格。
アシスタントにはジョシュ・シューラー。2012年から昨年までEXOSというコンディショニングコーチをする会社でアシスタントトレーナーをやっていた人です。

ナッシュはクイン案件。パッツも怪我人が多いチームのような気がしますが、果たしてどうなんでしょう。最近はちょっとわかりませんが、少し前まではインジュリーリポートにクエスチョナブルがズラっと並んでいたペイトリオッツ。ライオンズもそういう感じなるのかどうか。


・フロントも次々と刷新
コーチング部門だけでなく、フロントも次々と刷新され、クイン体制が着々と築き上げられつつあります。
暫定GMだったシェルドン・ホワイトを解雇。ペイトリオッツでプレイヤーデベロップメントディレクターだったケヴィン・アンダーソンを主任スタッフ兼アシスタントGMに起用。
やはりパッツでスカウトをしていたロン・マイルズもスカウトとして採用。
チーム運営、主にサラリーキャップのスペシャリストとして、NYGのdirector of football operationsであったマット・ハリスが就任。

他にも何人か採用してましたが割愛。

特にNEで働いていた人物を多数採用し、デトロイト・ペイトリオッツ化が進んでいるのでは、という懸念もあるかも分かりませんが、レギュレーションに触れるようなスパイゲートとかデフレゲートとかはともかく、パッツの勝つためなら何でもするという姿勢は、個人的には嫌いではありません。どちらかと言えば家族経営で牧歌的なイメージのあるライオンズのチームカラーを、機構から変えてくれるかも分かりません。願わくば古参のスタッフとの軋轢などないようにして頂きたいですが。

・OTホームズ、LBフランクリンとサイン
ファルコンズから解雇されていたOTラマー・ホームズと、ストリートFAだったLBジェリー・フランクリンの二人とサイン・
ホームズは2012年のドラフト3巡でファルコンズ入り。2013年に15試合RTで先発。翌年は開幕から4試合に先発も怪我で離脱。昨年は出場がなく12月に怪我を理由に解雇されています。
フランクリンは主にセインツでSTとしてプレイしていた模様。
どちらもキャンプ要因か。もしかしたらホームズはバックアップで残れるかも知れません。



モックドラフト開催決定/スーパーボウルライブチャット



今季NFLもあと一試合で終了。とっくにオフシーズンの我々は、既に来季に向けて動き出しています。

「未練・或爺杯モックドラフト2016」開催決定です!
日時:2016年4月10日(日) 午後6時開始(予定)
その他会場や参加費等は現在調整中です。場所は都内の何処かになります。九州とかでは無いです。
続報を待て!


明日のスーパーボウル、今年は珍しく腰を据えて観れそうです。そこで、いつもの会場でライブチャットをやりたいと思います。一人で淋しく観戦というお方はどなたでもどうぞ。

どのメディアで観るかは悩ましい所ですね。
G+は余計な要素が…オードリーも相武紗季も好きなんですけどね。NHKBSは自室では映らないので、ちょっとめんどい。正直ゲーパスが一番余計な要素が無くて良いですけど、遅延があるからなあ。
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索