FC2ブログ

『未練・或爺杯モックドラフト2013』第一次エントリー受付開始!

ちょっと告知した開始予定時刻を過ぎてしまったのですが、『未練・或爺杯モックドラフト2013』の第一次エントリー受付を開始致しました!

下記のリンクからエントリーをお願い致します。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/57ef4aa8143420

また、ツイッターのDMでのエントリーも受け付けております。
@sisikutyuru宛のDMに、ハンドルネーム、肩書き、希望チーム、フットボールラウンジへの参戦の有無、HP・ブログのアドレス、意気込み等一言をご記入下さい。

HP・ブログの管理人の方がエントリー完了されますと、その該当チームのエントリー受付は終了させて頂きます(こちらが確認する前にエントリーされた場合はご了承下さい。後ほどこちらから連絡します)。担当者が埋まったチームはサイドバーにて随時表示しますので、ご確認ください。

それでは、皆さんのエントリーお待ちしております!!
スポンサーサイト



『未練・或爺杯モックドラフト2013』開催要項

mockdraft_20130328015050.jpg


『未練・或爺杯モックドラフト2013』


日時:4月20日(土)20:00開場(フットボールラウンジ)21:00 指名開始

会場:フットボールラウンジ(新宿区新宿3-8-2 クロスビル4階)及びUstream上

事前告知の際に申し上げましたが、今年は半分オンライン、半分オフラインの形で開催します。

基本の部分、Twitterで指名やトレードのやり取り、Ustream上で中継、という形は変わりませんが、それを「フットボールラウンジ」でワイワイやりながら見たり、各チーム担当者が、実際現地に乗り込んで、お酒飲みながら指名、という事も出来る、という事です。

それでは詳しい要項をお知らせ致します。

1.指名概要
・指名は1巡のみ行います。
・エントリーについて
エントリーは「一人につき1チーム」となります。複数チームの所有は出来ません。また1巡に指名権を二つ以上持っているチームも一人で担当して頂きます。

2.参加条件
「twitterのアカウントを所持する方、もしくは今後取得出来る方」ならびに「当日リアルタイムで参加可能な方」
指名やトレード交渉等を基本Twitterで行いますので、前者は必須条件です。また当日急に参加出来なくなった、という状況には対応しますが、リアルタイムで行うのを売りにしておりますので、当日の予定を空ける事が出来る事を参加条件にさせて頂きます。



3.参加優先順位

エントリーを受け付けるに当たり、優先順位を付けさせて頂きます。
①2012年の副賞として参加優先参加権をお持ちのCodeBlueTokyoさん、ARZCRYさん、minolufbさん、Keroさん
②NFL各チームの応援ブログ・ホームページを管理なさっている方
③当日「フットボールラウンジ」に来場予定の方

①は言わずもがなでしょう。②については普段時間と労力を割いて愛するチームを紹介する為にご尽力されている皆様に敬意を表して、優先的に担当していただきたいと思います。
①、②については去年と同じですが、③は今年から加えさせて頂きます。今回「フットボールラウンジ」を使用させて頂く訳ですが、お店まで足を運んで現地で指名を、という方には、後述しますがお店の入場料及びお店までの交通費という負担が掛かってしまいます。ぶっちゃけ自宅のPCの前でやってた方がお金も労力も掛からない訳ですよ。
イベント自体が「フットボールラウンジ」の応援という意味も兼ねておりますので、是非お店を満員にしたい、という思いから、当日来ていただける方を優先したいと思います。

4.エントリー
エントリーは2回に分けて行います。
・1次エントリー 3月31日午後10時より4月7日午後8時まで
すべてのエントリーはクローズドの状態で受け付けます。受け付け次第、上記①~③の優先順位にしたがって担当者が埋まって行きます。
第一次エントリー中に①~③に当てはまらない方がエントリーされた場合、そこは確定せず、受付期間内に①~③の該当者がエントリーされた場合確定となります。
こう書きますと①~③非該当者は第一次にエントリーする意味は無いように思われるかも分かりませんが、該当者がエントリーされないままエントリー期間が終わると自動的に確定になりますので、早いもの勝ちには違いありません。
①~③に該当の方が同じチームにエントリーされる場合も考えられますが、その場合純粋に「先着順」とさせて頂きます。

・2次エントリー 4月7日午後10時よりモックドラフト当日まで
第1次エントリー期間で全チーム埋まらなかった場合第2次エントリーを募集します。第2次で優先権を持つ方は「第1次でエントリーしたものの枠に入れなかった方」及び、上記優先順位③「当日現地に来られる方」です。
「第1次でエントリーしたものの枠に入れなかった方」は不本意かと思いますが、元々の希望チーム以外で担当されるかどうかこちらからお尋ねします。「跳ねられた複数の方が違うチームで希望が被る」という事態も考えられますが、その場合第1次エントリーの時間の早い方を優先します。
上記①②は1次に早くエントリーしなかった事で優先参加権が失効しますが、③については時間が迫るにつれ「ラウンジに行けるようになった」という方も出てくるでしょうから、優先参加権を残しておきます。
その後は全てフリーで優先順にエントリーを受付る、という形となります。

エントリー方法は、応募フォーム、TwitterでのDMとなります。フォームのリンクは後日お知らせします。

5.当日の参加方法
指名の投票はTwitterでコミッショナー宛にDMを送る、というのを基本にします。しかし現地参加の方に限り、現地でのディレクターであるエトさんにメモを手渡す、という原始的な方法もアリにしましょう。
指名権トレードの交渉については、これまでTwitterのDMで交わすしかありませんでしたが、今回から各担当者の責任において様々な方法を用いる事が出来ます。ラウンジに居る担当者同士でしたら、対面で交渉する事も出来ますし(バレますけど)、あらかじめ電話番号を聞くなり、SkypeやLINE等のアカウントを交換しておいて交渉するなり、なんでもアリです。

これは現地参加の方対象ですが、ドラフト候補の資料閲覧やTwitter使用にノートPCが必要な方もあるでしょう。勿論お店に持ち込む事が出来ますが、電源が限られておりますので、基本バッテリー運用をお願い致します。
またお店のiPadをお貸し頂けるとの事ですが、譲り合いでお願い致します。

6.「フットボールラウンジ」入場料 3,000円(3ドリンク+おつまみ1品)

現地参加の方はフットボールラウンジへの入場料をお願い致します。ドリンク3杯と軽いおつまみ1品付きという、お得なお値段となっておりますので宜しくお願いします。勿論追加のご注文も大歓迎。折しもメニューがお手頃なお値段にリニューアルしたとの事ですから、じゃんじゃん頼んじゃって下さい。

6.観覧希望者大歓迎
「指名するのは良く分かりません。でも雰囲気を味わいたいです」「各担当者がどんな表情で指名を入れるのか是非見てみたい」等観覧希望の方も大歓迎です。数日後に開催される、ホンモノのドラフトの良い予習にもなるはずです。コメンタリーの皆さんも、来場者だけが見れるドラフトお得情報を用意されているとか(超プレッシャー)。入場料は上記と同じくとなります。実際のドラフト会場のように、指名で一喜一憂して見ませんか!!

書きそびれている事もあるような気がしますので、不明点等ありましたら、お気軽にコメントにてご質問下さい。それではエントリー開始までもう少々お待ちください!!

『未練・或爺杯モックドラフト2012』各賞発表!

以前予告した『未練・或爺杯モックドラフト2013』の正式な募集告知は、明日アップ致します。

その前に昨年度2012年の結果発表!(遅い)

まず昨年のモックドラフトと実際のドラフトとを比較した表を掲載しますのでご覧ください。
上段がモックドラフトの指名、下段が実際の指名、モックドラフトの大学名の横には、その選手が実際に指名された順位を示しています。何かレイアウトが崩れて見難いですが、もう直す暇も無いのでそのままで載せちゃいます。ご容赦ください。

No. Team 担当者 Name Pos. College Note
1 IND captain_harbaugh Andrew Luck QB Stanford 1-1
Andrew Luck QB Stanford
寸評 初年度からチームをプレイオフに導く。
2 WAS ソフィア Robert Griffin III QB Baylor 1-2 ※1 from STL
Robert Griffin III QB Baylor
寸評 パスとラン併せて4000yd、27TDと大活躍でプレイオフ進出。膝のケガが心配
3 MIN MakotoK Matt Kalil OT USC 1-4
CLE Trent Richardson RB Alabama
寸評 全試合先発でプロボウル選出。ADのラッシングヤード記録に貢献
4 CLE mentai Trent Richardson RB Alabama 1-3
MIN Matt Kalil OT USC
寸評 怪我に苦しみながら950yd11TDの決定力。来シーズンはさらに上昇か?
5 TB 棘次郎 Morris Claiborne CB LSU 1-6(DAL)
JAC Justin Blackmon WR Oklahoma State
寸評 1INTは物足りない感じ。
6 STL 万年青 Justin Blackmon WR Oklahoma State 1-5(JAC) ※1 from WAS
DAL Morris Claiborne CB LSU
寸評 64回865yd、5TD。QBが安定しなかったことを考えれば、よくやったか。
7 JAC jagkhan Michael Floyd WR Notre Dame 1-13(ARI)
TB Mark Barron SS Alabama
寸評 先発3試合とスターターには定着出来ず。しかし彼もQB不在に悩んだクチか。
8 MIA minolu_fb Melvin Ingram DE South Carolina 1-18(SD)
MIA Ryan Tannehill QB Texas A&M
寸評 2試合先発で1サック。
9 CAR 豹変 Dre Kirkpatrick CB Alabama 1-17(CIN)
CAR Luke Kuechly ILB Boston College
寸評 シーズン中怪我に悩まされ、5試合出場4タックルに終わる。
10 BUF びるずだいなすてぃ Luke Kuechly ILB Boston College 1-9(CAR)
BUF Stephon Gilmore CB South Carolina
寸評 トータル164タックルでリーグのタックルリーダーに。PFWのディフェンスのルーキーオブザイヤーにも選出
11 KC arrowheadjp David DeCastro OG Stanford 1-24(PIT)
KC Dontari Poe DT Memphis
寸評 プレシーズンで膝を故障。シーズン終盤に復帰し、3試合先発。
12 SEA long Quinton Coples DE North Carolina 1-16(NYJ)
PHI Fletcher Cox DT Mississippi State
寸評 2試合先発で5.5サック。4-3DEから上手く3-4DEに対応出来たのでは
13 PHI YAMI_ixy Fletcher Cox DT Mississippi State 1-12 ※5 from ARI
ARI Michael Floyd WR Notre Dame
寸評 シーズン中盤から先発に定着。インサイドから5.5サックはなかなか。
14 DAL O___C Dontari Poe DT Memphis 1-11(KC)
STL Michael Brockers DT LSU
寸評 全試合に先発し38タックル。地元紙がチームのルーキーオブザイヤーに選出
15 DET ねる猫 Stephon Gilmore CB South Carolina 1-10(BUF) ※5,6 from PHI via ARI
SEA Bruce Irvin DE West Virginia
寸評 開幕から1stCBとして先発し、エースWRと渡り合う。INTは1つだが、なかなかのシャットダウンぶり
16 NYJ JETS狂 Courtney Upshaw OLB Alabama 2-3(BAL)
NYJ Quinton Coples DE North Carolina
寸評 実際には2巡までスリップしたが、ストロングのOLBとして定着。60タックルを記録。
17 CIN ツヨトラ  Mark Barron SS Alabama ※2 from OAK
CIN Dre Kirkpatrick CB Alabama
寸評 全試合先発し、89タックル1INT。PFW選出のオールルーキーに。
18 SD サイコロ Andre Branch DE Clemson 2-6(JAC)
SD Melvin Ingram DE South Carolina
寸評 サイコロピックだったブランチは2巡までスリップ。スタッツも3試合先発12タックル1サックと微妙
19 CHI LTD Nick Perry DE USC 1-28(GB)
CHI Shea McClellin DE Boise State
寸評 シーズン中盤に手首を故障しIRリスト入り。無事ならもうちょっと活躍出来ただろう。
20 TEN CodeBlueTokyo  Kendall Wright WR Baylor
TEN Kendall Wright WR Baylor
寸評 見事リアルドラフトと一致。64レセプションはチームトップでエース級の活躍。
21 CIN ツヨトラ  Cordy Glenn OG Georgia 2-9(BUF)
NE Chandler Jones DE Syracuse
寸評 2巡までスリップしたが、OTで先発に定着。
22 CLE mentai Riley Reiff OT Iowa 1-23(DET ※3 from ATL
CLE Brandon Weeden QB Oklahoma State
寸評 1試合のみの先発に終わるが、エクストラOLとして起用された際はランブロックの強烈さを見せていた
23 ARI ARZCRY Michael Brockers DT LSU 1-14(STL) ※6 from DET
DET Riley Reiff OT Iowa
寸評 31タックル4サックでランパス両方に対応。PFWのオールルーキーチームに選出
24 NE encyclopector Chandler Jones DE Syracuse 1-21(NE) ※8 from DEN
PIT David DeCastro G Stanford
寸評 順位は違えど現実もNEが指名。前半だけで6サックも、後半怪我に苦しむ
25 GB 24 Kendall Reyes DT Connecticut 2-17(SD) ※9 from HOU
Dont'a Hightower LB Alabama
寸評 実際には2巡中位までスリップするが、5.5サックとなかなかの活躍
26 DEN Kero Brandon Thompson DT Clemson 3-31(CIN) ※4,8 from NO via NE
HOU Whitney Mercilus DE Illinois
寸評 実際には3巡までスリップ。故障がちで3試合出場にとどまる
27 HOU kropotkin Coby Fleener TE Stanford 2-2(IND) ※9 from GB
CIN Kevin Zeitler OG Wisconsin
寸評 26キャッチ281yd、2TD。存在感的には3巡のアレンに一歩譲るか。
28 BAL youyouyou Whitney Mercilus DE Illinois 1-26(HOU)
GB Nick Perry DE USC
寸評 OLBのローテーションでプレイし、後半は先発に定着し6サックを記録。
29 SF HHH Kevin Zeitler OG Wisconsin 1-27(CIN)
Harrison Smith S Notre Dame
寸評 一年目から先発Gに定着し、全試合先発。
30 MIA minolu_fb Ryan Tannehill QB Texas A&M 1-8(MIA) ※11 from NE
SF A. J. Jenkins WR Illinois
寸評 ラック、RG3、ウィルソンらには及ばないが、全試合先発し、ルーキーとしてはまあまあか
31 NYG Jonathan Martin OT Stanford 2-10(MIA)
TB Doug Martin RB Boise State
寸評 ジェイク・ロングの怪我を受けてシーズン中にLT先発に。
32 PIT サイコロ Bobby Massie OT Ole Miss ※7
NYG David Wilson RB Virginia Tech
寸評 PIT担当者の方急用で不在、フリーフォールで32位に。結局サイコロになり、マッシー。実際には4巡で相当リーチ



それでは各賞を発表していきたいと思います。

・Best "Correct" Pick
実際のドラフトの指名と同じ指名をしたピックのうち、順位が最も下のピックに贈られるこの賞、受賞者は・・・・

20位指名、Kendall Wrightを指名した、TEN担当、CodeBlueTokyoさん!!

昨年のこの賞は順位は同じながら、トレードで違うチームでの指名で同一選手、でしたが、今年は見事同チームでの正解。如何に愛するチームのニーズや好みを理解しているか、という事なんでしょうねえ。素晴らしい!!

・Most Aggressive Move
当モックドラフトのウリである「指名権トレード」を活用し、イベントを盛り上げて下さった方に差し上げます。
その受賞者は・・・・

ARI担当 ARZCRYさん!!

元々の1巡13位から2段階トレードダウンして3巡を2つ、4巡を2つ増やし、その他にも元々持っているものとLBブラッドリーを絡めて2巡36位をゲットする運用っぷり。ARZCRYさんにGM任せときゃ、カーディナルスも今頃は充実した戦力になっていた事でしょう。


・Most Benefited Team
この賞は昨年から趣旨が変わり、所謂”Steal”「この位置でこの選手取れたのは超ラッキーじゃね!?」という指名にお贈りします。
その受賞者は・・・・

MIA担当 minolufbさん!!

本来全体8位指名だったQBライアン・タネヒルを、2巡からトレードアップして1巡30位で指名。タネヒルのQBとしての素質を見ても、30位で穫れたのは「美味しい」と言わざるを得ないでしょう。

この御三方には、今年の優先参加権を差し上げます。minoluさん、店はどうする!?

それでは当モックドラフトの冠である、二つの賞を発表します。

まずはこの賞
・未練賞 Most Millenized Award

最も特定のスキルポジションにこだわったピックに与えられます。「そのポジション去年も一昨年も取ったやん!」とか「もう何人もいるのにまた取るんか!」という賞賛を最も受けたピックに贈られるこの賞の受賞者は・・・・。

該当者なし

はい、今年も該当なしです。よっぽど狙いに行かないとこれはムリですね。未練並の指名をするのは、人前でウ○コする以上に恥ずかしいって事かも分かりません。

3年連続受賞者無し、と言う事で賞の存在意義を疑われてしまうでしょうが、まあマスコット的なアレという事で、今季も一応残して置きたいと思います。ガチで狙いに行く変態(失礼)GMが居ないとも限らないし。

最後はこの賞。

・或爺賞 Alzee Award
こちらは最も身体能力や知名度等タレントにこだわったピックに与えられます。その受賞者は・・・・。

DEN担当 Keroさん 26位 Brandon Thompson DT Clemson

コンバインではDL中5番手となるベンチプレス35回を挙げ、なかなかのパワーを見せつけましたが、実際には3巡までスリップ。シーズンでも3試合出場1タックルに終わり、その身体能力をまだ活かす事は出来ませんでした。怪我もあったみたいですけどね。
なかなかにワークアウトウォーリアっぷりを見せてくれたという事で、彼を指名したKeroさんに差し上げます。

今年のモックドラフトの正式告知記事は明日!!

続きを読む

Sデルマス2年契約で残留他

・Sルイス・デルマス2年契約で残留
STLやSFを訪問し、一時はSFと契約というデマも流れ、流出やむなしと見られていたSルイス・デルマス。
一転して2年契約でサインし、残留となりました。SFのヘッドコーチ、ジム・ハーボウが「とても気に入っていたが、DETの方が多くオファーした」と話しており、純粋に契約額でライオンズが上回ったようです。

総額で$9.465ミリオン、年平均$5ミリオンを下回り、今オフのSの相場としてはやや安いくらいでしょうか。

膝に不安を抱えるデルマスですので、プレイングタイムによるインセンティブが多く含まれています。サインボーナスが$1ミリオン、今年のベースサラリーは$715,000ですが、16試合全部に出場すると、$1.75ミリオンが加算されるとの事。来年は$5.5ミリオンのベースサラリーに、$500,000のロースターボーナスとなっています。

チームにとっては怪我のリスクを避ける為にこのような契約になったのでしょう。ただもし怪我なくフルシーズン過ごした場合、来季巨額なキャップヒットが発生しますので、今シーズン次第で次のオフに再度の契約が必要でしょうね。

怪我が無ければ、という条件付きにはなりますが、新加入のクインにデルマスの残留、とセイフティ陣はなかなかのメンバーになったかと思います。

エイヴリルの流出は許しましたが、レヴィ、クリヒュー、デルマスとディフェンスのスターターを引き止めることが出来ました。まあ悪くないオフと言えるんじゃないでしょうか。

・CJとスー、サラリー再構築に合意

FAでベテラン3人を獲得し、自チームからのFAも引き留める事が出来たのには、キャップを圧迫していたトップ3人のうち、2人がサラリーの再構築に合意したからでした。

まずこれはこないだのエントリで取り上げておくべきでしたが、DTエンダムカン・スーが今年のベースサラリー$12.15ミリオンからほぼミニマムまで減額し、今年のキャップヒットが$7.6ミリオン削減した、と見られています。

またCJはベースサラリー$5ミリオンを$715,000に減額し、翌年以降に繰り越せるサインボーナスに転換。キャップスペースを$3.428ミリオンを創出。

FA解禁前のライオーラ、バールソンのサラリーカット、バッカスの引退によって生まれたものと合わせると、$20ミリオンぐらいキャップスペースが減額された事になりました。

ただスーとCJは純粋なサラリーカットではなく、サインボーナスへの付け替えなので、来季以降のキャップヒットが増えます。スーは来季$17.57ミリオンから$21.38ミリオンに。
CJはまだあと6年残っているので、年平均$857,000ずつ増額になるとか。

デルマスと再契約が済んだ時点でのキャップスペースは$7.5ミリオンと見られています。ドラフト指名されるルーキーとの契約を踏まえても、まだお釣りが残るぐらいの余裕がありますが、GMメイヒューは「FAは打ち止め。ビッグネームとの契約はしない」と明言しており、Lojやハンソン先生との契約に備えるようです。

キャップコントロールが下手だと言われているメイヒューですが、オーバーしている状況からここまでのスペースを創りだしたんですから、なかなかやるな、という感じです。しかしべテランの漢気に頼っている感じが「それでいいんか?」とやや心配な気はしますが。

・ドラフトの補填指名権は2つ

4月のドラフトのすべての指名権が発表され、ライオンズの指名は2つの補填分を含め全部で8つとなりました。
補填分は4巡35位と7巡39位。4巡はTBにFAで昨年流出したCBエリック・ライトの、7巡はNYJへ出たQBドリュー・スタントンの補償分と見られています。

スタントンのはそんなもんだろうと思いますが、X氏でそんなに貰えるのは意外ですね。昨年TBでは10試合出場、1INTに終わり、早々に放出されるのでは、と見られています。

ライトの現況はともかくとして、引き留める気も無かった選手で4巡も貰えるのは儲け感が強いですね。特に4巡は昨年ホワイトヘッドの獲得で無くなっていましたので、ほぼ5巡に近いとはいえ、有ると無いでは大きな違いです。
まあライオンズの4巡はあまり成功例が無いので、過度な期待は禁物ですが。

FA解禁、バッカス引退

相変わらずの放置プレー、誠に申し訳ありません。小さいニュースは幾つかあったんですが、FA解禁で大きな動きがあったので更新再開。こちらもそろそろモードを変えていかなきゃですね。

現地12日、リーグは新年度に突入し、FAが解禁となりました。

まずそれまでのライオンズの動きを確認しておくと・・・。


・Cドミニク・ライオーラ、WRネイト・バールソン、サラリー見直しに合意

・LBレヴィ、3年契約で残留

・OTコーリー・ヒリアード、2年契約で残留

一番上のライオーラとバールソンのペイカットにより、二人併せて約$8ミリオンのキャップ節約に。これでキャップスペースに空きが生まれ、後述するFAでの活発な動きを許容する事が出来ました。

そしてFA解禁。初日はUFAの訪問を受け入れるだけでしたが、二日目に一気に3人獲得しました。

・RBレジー・ブッシュ

ドルフィンズからUFAになった8年目の28歳。
言わずと知れた万能型バックで、スピードは勿論キャッチングセンスに富み、脳震盪で復帰の目処が立たないジャーヴィット・ベストの代役を探していたライオンズにはベストマッチと、解禁前から噂されていました。
心配なのは8年目28歳という年齢ですが、セインツ時代はキャリー数が制限されており、ここ2年間で2000yd以上走っている事を見てもあまり使い減りしていないのでは、と考えられます。

ブッシュは4年契約。ベースが$16.25ミリオンで、サインボーナスが$4ミリオンと見られています。

ライオンズ入りにあたり、ブッシュは「再びドラフトされたような気分だよ」と喜びをあらわにしています。
FAを前にして、CJや鱒がTwitter上でブッシュへの勧誘を行なっていましたが、ブッシュは「俺の加入で単純に戦力が増えるだけじゃなくて、CJや鱒へのプレッシャーを少なくするという形でチームを助ける事が出来るんじゃないか」とコメントしていました。

・Sグローバー・クイン

ex.テキサンズのセイフティ。元々テキサンズ入団時はCBで、ハードヒットを買われてSにコンバートされました。
テキサンズからルーキー時の4年契約が切れての放出。それ程欠点も無く、本来ならタグを貼るなりして引き止めるような選手でしょうが、テキサンズはサラリーキャップが相当厳しいらしく流出の憂き目に。まあこちらとしてはまだ4年目と若く、セイフティとして脂が乗り始めた選手を穫れたのは非常に美味しいと言わざるを得ません。

クインとの契約は5年$25ミリオンとの事。デルマスの引き留めが可能であれば、なかなかのコンビが出来ますが、そうは行かないようです。

・DEジェイソン・ジョーンズ

ex.タイタンズでシュヲーツさん繋がりでの加入か。2008年2巡でTEN入り。元々DTでのプロ入りで、3年目にハインズワース流出の影響もあって先発昇格。ところが翌年DEにコンバートされたものの3サックと物足りない働きでFAに。シーホークスに移籍するも、3-4と4-3のハイブリッドディフェンスに全くフィットしなかったらしく、7タックル3サックに終わっています。たった7タックルで3サックというのもある意味凄いと思うが。

元々DT、6-5 276というサイズを見る限り、3テクDTか3-4のDEがベストマッチなんでしょう。うちのワイドナインDEにはどう見ても向いてないかと。おそらくランシチュエーションでのDE及びパスシチュでのDTという使い方をされるんじゃないですかね。フルーレン的な使い方というか。

これでDE不足のアンサーには成り得ないので、今後ドラフトで文字通りの「アンサー」がやってくるのかどうか・・・。

以上が現時点で他所からやってきたFAです。

ライオンズからのFAの動きはと言いますと・・・。

・クリス・ヒューストン、5年契約で残留

今オフ最優先事項の1つをクリア。しかも5年契約というなかなかの条件です。
総額$25ミリオンですが、サインボーナスが$6.5ミリオン、2013が$1M、2014が$3.5、2015が$4.5M、2016が$5.0、2017が$6.5Mとなっており、2013年のキャップヒットは$2.3ミリオンとなるようです。
これでCBの一枚は埋まりました。もう1枚をどうするか。ミリナー、というのが一番いいシナリオでしょうけど、他のニーズを考えるとそうも行かないかと。

その他、WRカシーム・オズグッド、LSドン・マーバッハ、Sアマリ・スパヴェイがいずれも1年契約で残留となっています。

またRFAのOTジェイソン・フォックス(オリジナルテンダー=4巡)、DEウィリー・ヤング(2巡)、ERFAのRBジョイク・ベル、FBショーン・チャパス、WRクリス・ダーハム、Sリカルド・シルヴァにそれぞれオファーを出しています。

流出組でビッグネームはこの二人

・DEクリフ・エイヴリル、シーホークスと2年契約

エイヴリルは最初に訪問したシーホークスと契約。2年で$15ミリオンだそうです。
昨年FAになった際、ライオンズは3年$30ミリオンを提示して蹴られており、エイヴリルはFA市場が思った程自分を評価してくれなかったのと、去年サインしとけば良かった、と今頃後悔してるんじゃないでしょうか。

ジェイソン・ジョーンズの所でも書きましたが、シーホークスは3-4と4-3のハイブリッドを敷くらしく、ランディフェンスを苦手とするエイヴリルはパッシングダウン専用となってしまうんでしょうか。

居なくなってしまうのは残念ですが、新天地でも頑張って欲しいですね。今年は対戦しないからいいや。


・OTゴスダー・シェアラス、コルツと5年$34ミリオンでサイン

うーむ、この額はうちには出せない。去年そこそこ安定してたのを高く評価されましたね。膝が悪いのは大丈夫なのか。

OLについては後ほど全体像の心配をします。

他にDTサミー・ヒルがタイタンズと3年契約、CBドレイトン・フローレンスがパンサーズと1年契約でそれぞれ移籍して行きました。

Sルイス・デルマスは49ナーズ、ラムズ当たりを訪問。一瞬ナイナーズと契約か、とデマが流れたようですが、未だ契約せず。ライオンズとの再契約の道も閉ざされた訳では無いようです。


そして現役続行と引退のニュースが。

Kジェイソン・ハンソン先生は、2013年も現役続行する事を決意。今後ライオンズとの交渉を行うとの事。

一方でOTジェフ・バッカスは12年の現役生活にピリオドを打つ事を表明しました。

主に負け続けの12年、バッカスはひたすらQBのブラインドサイドを守り続けてきました。彼のタフぶりは驚くべきもので、12年のキャリアのうち休んだのは昨年のサンクスギビングデーの1試合だけ。決して万全だった訳ではありませんが、怪我を押しながら先発を続けた姿勢には頭が下がります。
昨年許したサック数はたったの1つ。契約も1年残っており、まだまだやれると思っていましたが、限界を感じたんでしょうか。ミシガン大の同窓生のスティーブ・ハッチンソンが、先に引退を表明したのも影響を与えたかも分かりません。

バッカスの現役のほとんどは大したQBをプロテクトする事はありませんでした。最後に鱒に出会いましたが、もう少し早くQBに恵まれていれば、何度もプロボウルに行っていただろうに。そこは非常に残念というか申し訳ないですね。

これからどういう人生を送るのか分かりませんが、これまで有難うと感謝の念を送りたいです。

シェアラスの移籍、バッカスの引退で両Tが入れ替わる事になりました。どちらかは昨年のドラ1リーフが入るとして、もう1枚をどうするのか。チーム内で評価の高いフォックスとヒリアードに争わせるのか?それともドラフトでジョケールかフィッシャーを狙うのか?ここもこれから先見逃せないところです。

・ドリュー・スタントン、カーディナルスへ

元ライオンズで昨シーズンはコルツでラックのバックアップだったQBドリュー・スタントンがARI入り。新HCとなったブルース・エイリアンズに誘われたようです。バックアップながらエイリアンズの評価は非常に高かったようで、スターターも争わせるとか。良かったねえ。

         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索