FC2ブログ

トレーニングキャンプ開幕記念 53人ロースター予想

現地7月27日、トレーニングキャンプが開幕しました。いよいよフットボールシーズンの始まりです。

開幕前のフィジカルチェックでRBジャーヴィット・ベストは脳震盪のテストをクリア出来ず、PUPリストでキャンプ入りする事になりました。復帰時期は未定。果たして開幕までに戻ってこれるのかどうか。

既に3日めまで終わっていて色々ニュースはありますね。PUPリストに入っていたDEロンネル・ルイス、NFIリスト入りしていたWRライアン・ブロイルズ、OTジョナサン・スコットがロースターに復帰した、とか、OTジェフ・バッカスが親指を痛め練習を休んでいる、とか。まあ後は誰それが良かったというリポートで、これはそれほどあてになる話でもありません。

このエントリでは最終ロースターの予想をばやってみんべ。当確とか望み薄とかのアレを「野犬留置場」さんの方からアレしましたことをご了承ください。

・QB(2~3)
〈当確〉
1. Matthew Stafford
2. Shaun Hill
----当落線上----
3. Kellen Moore
4. R.J. Archer
上二人はともかくとして、3番手QBは正直言ってどうなるか分かりません。カレッジの実績から言えば段違いにムーアですが、アーチャーの方がある程度プロの水に慣れています。ロースター2名でPSにどっちか、という可能性も。

・RB(4~5)
PUP  Jahvid Best
〈当確〉
1. Mikel Leshoure
2. Kevin Smith
---当落線上---
3. Joique Bell
4. Keiland Williams
5. Stefan Logan
6. Stephfon Green

FB James Bryant

ベストの脳震盪の状態が不透明、ルショアが開幕2戦出場停止とあって、現状では開幕時点でのスターターはスミスという形になるんでしょうか。とあればリスト3番手以降にも充分チャンスが。ローガンがRBとしてかなりアピールしているそうで、リターナーとしての役割もありややリードか。最終的にPSに入る権利のあるルーキーのグリーンはある意味有利。
FBをここ数年置いていないライオンズにとって、専門のブライアントの居場所は多分無いでしょう。

・WR(5~6)
〈当確〉
1. Calvin Johnson
2. Nate Burleson
3. Titus Young
4. Ryan Broyles
---当落線上---
5. Maurice Stovall
6. Nate Hughes
7. Lance Long
8. Jarett Dillard
9. Patrick Edwards
10. Dominique Curry
---望み薄---
11. Terrence Toliver
12. Wallace Miles
5番手(もしくは6番手)の争いは激しいモノとなりそうです。役割としてはスペシャルチーマー。STの実績としてはストーバルですが、昨シーズンはややスピード不足を露呈。ルーキーのエドワーズは相当なスピードを魅せつけているようですが、サイズが不足。
レシーバーとして実績が割とあるのはディラードとロングですが、多分出番は回って来ないかと。

・TE(3)
〈当確〉
1.Brandon Pettigrew
2. Tony Scheffler
3. Will Heller
---無理---
4. Nathan Overbay
5. Alex Gottlieb
6. Austin Wells
ここは鉄板。後は誰がPSに入れるか、という所。

・OT(4~5)
〈当確〉
1.Jeff Backus
2. Riley Reiff
---当落線上---
OT Gosder Cherilus
OT Jason Fox
OT Corey Hilliard
OT Jonathan Scott
安泰なのは上二人だけ。4枠として残り二つを激しく争う事に。出来次第ではシェアラスも危ないかと。リーフがバックアップに回る場合、Gも出来るようなので枠が増える可能性も。

・OG(2~3)
〈当確〉
1.Rob Sims
2. Stephen Peterman
---望み薄---
3. Jacques McClendon
4. J.C. Oram
5. Rodney Austin
メンツから言って2枠の可能性が。ギャンディやリーフがGを出来る分、専門のバックアップを置かないかも分かりません。

・C(2)
〈当確〉
1. Dominic Raiola
2. Dylan Gandy
---望み薄---
3. Dan Gerberry
C、G両方出来るギャンディは当確。PSを3年経験したガーベリーは今年もPSに入れるかどうか。

・DE(4~5)
未サイン 
Cliff Avril
〈当確〉
1. Kyle Vanden Bosch
2. Lawrence Jackson
3. Willie Young
---当落線上---
4. Ronnell Lewis
5. Everette Brown
---望み薄---
6. Ugo Chinasa
7. Edmon McClam
問題はエイヴリルがいつ合流するのか。シーズンごとホールドアウトというのはさすがに無いとしても、LoJとヤングの二人にとっては大チャンス。帰って来ても居場所無いぐらいのアピールを。
4巡だけに相当な事がなければリリースは無いと思いますが、ロンネルにとってブラウンは楽な相手では無いかと思います。怪我やらでパッとしませんが、一応ドラフト2巡ですからね。

・DT(4~5)
〈当確〉
1. Ndamukong Suh
2. Corey Williams
3. Nick Fairley
4. Sammie Hill
---当落線上---
5. Andre Fluellen
---無理---
6. Michael Cosgrove
フェアリーが最初2試合程度の出場停止が予想されますので、フルーレンは開幕当初は残されるでしょうが、それから先は不透明です。レベルが高いロースター争いで、ルーキーのコスグローブにとってはPSに残れるかどうかの戦いか。

・LB(5~6)
〈当確〉
1. Stephen Tulloch
2. DeAndre Levy
3. Justin Durant
---当落線上---
4. Doug Hogue
5. Ashlee Palmer
6. Travis Lewis
7. Tahir Whitehead
---望み薄---
8. Slade Norris
9. Ronnie Sneed
10. Carmen Messina
バックアップ争いは熾烈になりそうです。先発実績もあるパーマーが頭ひとつ抜けているか。後輩が入って来てホグは相当頑張らないとヤバイ。

・CB(5~6)
PUP  Chris Greenwood
〈当確〉
1. Chris Houston
2. Bill Bentley
---混戦---
3. Jacob Lacey
4. Alphonso Smith
5. Jonte Green
6. Drew Coleman
7. Justin Miller
---望み薄---
8.Dontrell Johnson
ベリー解雇で混戦に更に拍車が。ベントリーは勿論先発確定という訳ではなく、3巡だから切られないだろうという程度の当確。
レイシーがいい動きをしているという事ですが、ちょっと信用に欠けますし、信用に欠けるという面ではアルフォンゾに叶う者は居ない訳で。直近に入ったコールマンが一番あてになりそうですが、こちらはニッケル向き。最終的に誰が残って誰が切られても驚かない感じですね。
そういえば「コミュニティカレッジの星」として話題になっていたアロンゾ・ローレンスは6月のうちにカットされておりました。

・S(4)
〈当確〉
1. Louis Delmas
---混戦---
2. Amari Spievey
3. John Wendling
4. Erik Coleman
5. Sean Jones
---望み薄---
6. Don Carey
7. Ricardo Silva
ここも出る鱒以外はどうなるか分かりません。他のユニットの兼ね合い的に5枠というのは考えにくく、誰か1人が切られる事になるでしょう。
安定感のあるショーン・ジョーンズの加入で、スパヴェイはかなりピンチ。ウェンデリングはSTでは貢献度が高いですが、スクリメージではちょっとアレ。コールマンは怪我が多く状態が心配です。
大穴があるとすればシルヴァでしょうかね。

・ST(3)
〈当確〉
K Jason Hanson
LS Don Muhlbach
---混戦---
P Ryan Donahue
P Ben Graham

---無理---
K Derek Dimke
LS Matt Camilli

本来ハリスの後釜を任された筈のドナヒューでしたが、怪我で離脱。その最中にある程度結果を出したグレアムとの争いになります。将来性か実績か。

-----
各ポジションの最低人数を足した数が47。流動性があると予想したのがオフェンスディフェンス共に4つずつ。となると、残り6を8つのポジションで争う事になりますね。ここはコーチの判断次第になるでしょう。
OT、CB、S、Pのロースター争いが面白いものになりそうな感じで楽しみですね。
スポンサーサイト



ベリーまたもや逮捕で解雇

キャンプ開幕を直前に控え、また良くないニュースが。このオフは誰それが逮捕って記事ばかり書いてる気がするな。

・アーロン・ベリー、またもや逮捕。そして解雇。
CBアーロン・ベリーが先日の飲酒運転に引き続きまたもや逮捕されました。
場所は前回と同じペンシルベニア州ハリスバーグで、早朝道路を横断していた人らに、銃を見せ威嚇した(レーザーポインターを当てた)とされています。勾留はされていない、との事。

これを受けて早速チームはベリーを解雇。社長のルワンドは「チームに悪影響を及ぼす個人的な行為」を解雇の理由としています。

短期間に2度逮捕されたのは、ルショアやフェアリーも同じですが、彼らの大麻所持(使用)や飲酒運転とは異なり、銃による脅迫となると話が違う、という事で迅速なチームの対応となったんでしょう。

CBS Sportsのマイク・フリーマン氏によると、ライオンズの選手数名が、一部の選手の不祥事でチームが物笑いの種になるのは我慢出来ない、とチームに相談したとの事です。ある選手はロッカールーム内でフラストレーションが溜まっている事を明らかにしたとの事。

このオフに不祥事が繰り返されるまで、ライオンズではオフフィールドのトラブルはほとんどありませんでした。それが一部の選手のせいで「ダーティーライオンズ」等揶揄されるのは我慢ならない事でしょう。

それを受けての素早いカットは、組織として妥当な判断かと思います。映画館での銃乱射事件があった後だけに、銃器関係の処分を重くするのは対外的にも必要な事かと。

とは言え、スターター候補だったベリーの放出は、ロースター的には痛手には違いありません。
これを受けてジャスティン・ミラーとドリュー・コールマン二人のベテランCBとサインしました。

ミラーは28歳。2005年にジェッツからドラフト2巡で指名され、4年間在籍しましたが、3年目に膝を故障してIR入り。2008年にシーズン途中にジェッツから解雇されるとレイダースに加入しますが、2009年に解雇され、その後はNFLでプレイしていません。
CBとしては決して目が出たとは言えませんが、キックオフリターナーとしては一流。2005年には平均26.3ydでリターンTD一つ。2006年には平均28.3ydで二つのリターンTDを記録して、オールプロに選ばれています。
決してCBのスターター候補ではなく、バックアップかリターナー候補、もしくはスペシャルチーマーとしての契約でしょう。

コールマンは29歳。TCUからドラフト6巡でジェッツ入り。それより5年間主にバックアップとしてプレイ。昨年はジャグワーズで4試合に先発し、46タックル、2INT、2つのサック、3つのファンブルフォースを記録しています。
5フィート9インチとサイズが無い割にサックやFFが多いところを見ると、ニッケルバックとしての起用が多かったんでしょうか。彼もスターター候補とは言えないような気がします。


ベリーに対してチームが断固たる態度を取った事で、既に逮捕されたルショアやフェアリー達にも「もう後は無いぞ」と最後通告を突きつけられた格好では無いでしょうか。まだ何もやらかしていない選手にとっても身が引き締まる事になるはず。

やや遅くなった感もありますが、これで規律の緩みが改善される事になる事を期待します。

ベリーを解雇して空いたロースター枠で、WRドミニク・カリーとサイン。彼もWRとしての実績は無く、スペシャルチーマーという事です。

・OTライリー・リーフ、ようやくサイン
ドラフト1巡ルーキーのOTライリー・リーフがようやくサインしました。随分時間は掛かりましたが、彼の前後のドラフティーも契約に時間を掛けていましたので、仕方はありません。キャンプに間に合ったので良しとするべきでしょう。

契約の詳細ですが、総額約$8ミリオンで、うちサインボーナスが$4.25ミリオン。2015年のロースターボーナスが$325,000。
ベースサラリーが 2012:$390,000 2013:$753,350 2014: $1.117ミリオン 2015: $1.155ミリオンとなるようです。
昨年の全体23位指名のダニー・ワトキンスが、$4.27ミリオンだったようなので、ほぼ相場通りの妥当な額と言えるでしょう。

・OTカルブレス解雇、OTジョナサン・スコット出戻り
昨年の7巡指名だったOTジョニー・カルブレスが解雇され、2008年までライオンズに在籍し、昨年までスティーラーズにいた同じくOTジョナサン・スコットとサインしました。

カルブレスは昨シーズンは持病の高血圧症でシーズン全休。ところがこのオフにマリファナ所持で逮捕されておりました。
7巡でもあり見切りも付けやすくはあったでしょうが、素行の悪さも解雇の理由だったかも分かりません。

スコットは2006年ドラフト5巡でライオンズ入り。2シーズンで数試合先発し、そこそこの働きを見せていたものの、2007年12月に膝を故障しそのままIR入り。翌年のファイナルカットで解雇され、その年はビルズに入るもプレイせず。翌2009年チャンスを掴み8試合で先発。2010年にスティーラーズに移籍し、2年で14試合に先発。パッカーズに敗れたスーパボウルでもプレイしています。

かつてのバックアップが強豪のスターターLTという称号を引っさげて帰ってきた感じです。これで一層尻に火が付くのがRTシェアラスでしょう。出来がイマイチなら実績充分なスコットに即刻取って代わられてしまいます。競争が激しくなり底上げされるのはいい状況です。

・WRブロイルズ、DEルイス、CBグリーンウッドはPUPリストでキャンプ開幕。

キャンプを前にした選手達に、怪我人はそれほど多くありませんが、ルーキーの3人がPUPリストでキャンプ開幕となりました。

2巡WRライアン・ブロイルズは正式にはPUPではなく、"non-football injury list"ですが、内容自体は変わりありません。昨シーズンに行った手術がライオンズでのワークアウト等で怪我になった訳ではないので、こういう扱いになるようです。

5巡CBクリス・グリーンウッドは腹部の手術で先月のミニキャンプを欠席しました。4巡のDロンネル・ルイスの理由は明らかにされていません。

3人とも即戦力という事ではないので、それほどの痛手はありませんが、本人的にはルーキーとして大事と言われるキャンプの前半を欠席すのはかなり痛手か。

ベリー逮捕、シュヲーツさん契約延長

ニュースも無いっちゃあ無いんですが、あまりに放置するのもアレなんで、そろそろ更新を。

・アーロン・ベリー飲酒運転で逮捕
CBアーロン・ベリーが6月26日、ペンシルベニア州ハリスバーグで飲酒運転と当て逃げの疑いで逮捕されました。
現地警察によると、午前4時頃ベリーは駐車中の車2台に衝突(誰も乗車せず)し、停止せず立ち去った事で警察の事情聴取を受けましたが、呼気検査と聴取を拒否した事で警察署に留置され、その後解放されたとの事。

ベリーはこのシーズンオフに逮捕された4人目のライオンズ選手となりました。ベリーはOTAからミニキャンプの出来が良く、先発CBへの昇格を期待されていましたが、リーグからの処分も予想され、CBデプスが早々にピンチになってしまいました。
ベリーはカレッジ時代にも殺人事件に巻き込まれたトラブルを起こしており(結局罪には問われず)、それが原因でドラフトに掛からなかったという過去もあり、面構えを見てもここまで目立つトラブルを起こさなかったのが不思議なくらいです。しかし何でこれほどチームとしてトラブルが多発するんでしょうか。ここ数年ほとんど逮捕者が出なかっただけに、やはりチーム全体の規律が緩んでいると考えざるを得ません。試合中の反則も多いですし、もし勝てないとなるとシュヲーツさんの指導力に疑問符が付いて来るような気がしますが・・・

・シュヲーツさん契約延長
そのHCシュヲーツさん、今年が契約最終年でしたが、年数契約額等は不明ですが、複数年での契約延長にサインしたようです。考えてみれば就任したHCが再契約もしくは契約延長というのはおそらく8年指揮したウェイン・フォンツ以来ですね。1997年からの約15年で暫定を含め7人のHCが就任しています。この再契約が徒花にならぬよう、長期政権に繋げて欲しいもんです。前のトピックとで論調が全く違うのにはご容赦を。

・S補強、ショーン・ジョーンズとサイン。
ミニキャンプを踏まえてセカンダリーの補強を示唆していたようですが、予想通りベテランのSを補強しました。
Sショーン・ジョーンズはリーグ9年目の30歳。ドラフト2巡でジョージア大からブラウンズ入り。3年目から台頭し3年で14INT。2006年には111タックルも記録しています。
2009年にはイーグルス入り。昨年、一昨年はバッカニアーズで全戦先発を張っています。
野犬留置場のmentaiさんのレポを読むと、ブラウンズ時代はビッグプレイは多いもののプレイが安定しない、という評価だったようですが、ここ数年で経験を積みゾーンカバーの安定感を増している感じです。
年齢はまあまあ行っていますが、怪我をしているという話もありませんので、数年は(契約した1年ぐらいは)ポテンシャルも維持してくれるでしょう。
出る鱒の相方をスパヴェイ、コールマンと争う事になるでしょうが、経験、実績共に現時点で一気にトップにジョーンズが立ったんじゃないですかね。スパヴェイとコールマンは苦しくなったでしょうが、デプスが厚くなったのには純粋に良いことです。パスディフェンスの向上に期待です。

・フェアリー、ルーキーシンポジウムに参加
大麻と飲酒運転で2度逮捕されたDTニック・フェアリー。2年目で本来参加資格の無いルーキー・シンポジウムに特例で参加させてもらいました。昨年はロックアウトの影響でルーキーシンポジウムは開催されませんでしたので、フェアリー本人的には初めての参加となります。自ら申し出る事によってリーグからの処分が出る前に更生をアピールする意図があるんでしょう。シンポジウムの特別講師はTOさんとパックマンさんだったそうですが、説得力ないな~。





         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索