FC2ブログ

※修正※『未練・或爺杯モックドラフト2012』エントリー受付開始!!

お待たせ致しました!21時より『未練・或爺杯モックドラフト2012』第一次エントリー受付を開始致します。
下記のフォームからエントリーをお願い致します。
文字コードの関係で先程まで載せていたフォームからエントリーすると文字化けしてしまいます。よって、お手数ですが、下記のリンクからエントリーして頂きますようお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/57ef4aa8143420

また、ツイッターのDMでのエントリーも受け付けております。
@sisikutyuru宛のDMに、ハンドルネーム、肩書き、希望チーム、HP・ブログのアドレス、意気込み等一言をご記入下さい。

HP・ブログの管理人の方がエントリー完了されますと、その該当チームのエントリー受付は終了させて頂きます(こちらが確認する前にエントリーされた場合はご了承下さい。後ほどこちらから連絡します)。担当者が埋まったチームはサイドバーにて随時表示しますので、ご確認ください。

それでは、皆さんのエントリーお待ちしております!!
スポンサーサイト



今年も開催!『未練・或爺杯モックドラフト2012』

告知が非常に遅れてしまいましたが、もちろん今年もやります!
『未練・或爺杯モックドラフト2012』
日時:4月21日(土)22:30 指名開始

参加条件:「twitterのアカウントを所持する方、もしくは今後取得出来る方」

びるずだいなすてぃさん主催の『Voting Mock Draft』は、参加者の皆さんの投票で各チームの指名を決めて行きますが、当モックドラフトはそれぞれのチームに担当者を起き、実際のドラフトのようにリアルタイムで指名を行う、言わば「ドラフトごっこ」です。今回で3回目となりますが、リアルタイムで行うことによって各チーム同士での指名権トレードが飛び交って、異様な盛り上がりを見せます。

実際のドラフトを前に、皆さんが愛するチームのGMや社長になりきって、チームの将来を担う選手を指名してみませんか?

エントリー受付にあたり、注意事項何点か。

・指名は1巡のみ行います。
・エントリーについて
エントリーは「一人につき1チーム」となります。複数チームの所有は出来ません。また1巡に指名権を二つ以上持っているチームも一人で担当して頂きます。

第1次エントリー
Twitterのアカウントさえお持ちであれば、どなたでもエントリー出来ますが、各チームへの愛情を持って日々ブログやホームページを管理されている皆さんに、今回も参加の優先権を進呈致したく思います。

すべてのエントリーはクローズドの状態で受け付けます。第1次エントリーの時点で優先権を持つのは「NFLの各チームの応援ブログ、ホームページを管理なさっている方」ならびに、昨年のモックドラフト副賞として優先参加権が授与されてたlongさん、棘次郎さん、CB24さん、LTDさんとなります。

つまり第1次エントリー受付中に「ブログ・ホームページをお持ちでない方」がエントリーされた場合、そのチームの枠はまだ確定しません。その後「ブログ・ホームページをお持ちの方」と昨年の副賞の優先参加券をお持ちの方がエントリーされた場合、その方が優先されチームの枠は確定、という事になります。
これを機にご自分のファンのチームのブログを開設されるのもアリかも分かりません。

複数のブログ・HP管理人の方のエントリーがある場合も考えられますが、そこは純粋に「先着順」とさせて頂きます。その為にエントリー開始までにしばらく期間を空ける事にしましょう。
ブログ・HPをお持ちでない方だけがエントリーされて締切り時間を過ぎた場合、その方が該当チームのGM(仮称)に確定です。複数だった場合はやはり先着順となります。

第2次エントリー
第1次エントリー期間で全チーム埋まらなかった場合第2次エントリーを募集します。第2次で優先権を持つ方は「第1次でエントリーしたものの枠に入れなかった方」です。不本意かと思いますが、元々の希望チーム以外で担当されるかどうかこちらからお尋ねします。「跳ねられた複数の方が違うチームで希望が被る」という事態も考えられますが、その場合第1次エントリーの時間の早い方を優先します。
その後は全てフリーで優先順にエントリーを受付る、という形となります。

・プレピックアカウントについて

今回も当日リアルタイムで参加できない方があらかじめ指名を入れておくという「プレ=ピックアカウント」のシステム自体は残します。あくまで当日参加出来なくなった方の為のシステム、という事で、基本リアルタイムで参加出来る事を条件にエントリー頂けたらと思います。一月以上先ですからね。「その日には飲み会を入れない」「残業をしなくていいようにあらかじめ仕事を片付ける」「夜勤を誰かに替わってもらう」等のご配慮をお願いいたします。

・Twitterアカウントについて

当モックドラフトでは、各担当者からコミッショナーへの選手指名や、各チーム同士のトレード交渉などをTwitterのダイレクトメッセージを用いて行います。よって参加にはTwitterアカウントが必須となります。まだお持ちで無い方はエントリーされる際にアカウント作成をお願い致します。

第一次エントリーの受付は一週間後、3月31日(土)午後9時から4月7日(土)午後8時まで

第二次エントリーは4月7日(土)午後10時からモックドラフト当日まで



今回も昨年「敏腕ディレクター」として開催を支えて下さったAvesTCさんが、ディレクター役を引き受けて下さいました。本当にありがとうございます。

タイマーを載せる為の苦肉の策であったUstream中継が、「臨場感があって良かった」と意外にも好評でしたので、今年もその方向でやりたいと思います。ただ技術的な問題もあり、テキストベースで出来ればそれが何よりではあります。声出すの恥ずかしいし。ブログ上に載せれるタイマーのスクリプトをちょいちょっと書いてやってもいいぜ、という方がもしいらっしゃれば、今年もしつこく募集したいと思います。

また、これはUstreamで開催する場合ですが、指名が始まる前のオープニングPVでカッコイイのを作ってくださる方がありましたら、こちらもお願いします。ちょっと今年は作る暇が無さそうな感じで・・・・。

それではエントリー開始までしばらくお待ちください。

それまではVoting Mock Draftでお楽しみ下さい!
続きを読む

ターロックと5年再契約他

・LBターロック、5年契約に合意
今オフの最優先事項の一つ、LBスティーブン・ターロックが再契約に合意しました。5年契約で詳細はまだ不明ですが、ブラウンズがD'Qwell Jacksonと結んだ5年$42.5ミリオンと同じような額になるのでは、と見られています。
ターロックは昨シーズンにFAで加入。111タックル3サック2インターセプトを記録しましたが、1年契約が切れてFAとなっていました。
サラリーキャップが逼迫していたライオンズはCJの再契約がまとまるまで身動きが取れませんでしたが、幸いな事にLBのFAマーケットも動きが鈍く、何とかまとめることが出来ました。
ライオンズのMLBはここ数年安定せず、2年連続で同じメンバーがスターターを務めるという事がありませんでした。大きなケガ等なければ5年はターロックが守備の中心を務めてくれるようであれば、大分安定するのではないでしょうか。ドラフトで指名する必要が無くなったというのも大きいですね。

・LTバッカス、QBヒルとも再契約
遅報になってしまいましたが、17日LTジェフ・バッカスとQBショーン・ヒルとも再契約しました。いずれも2年契約。
バッカスの契約額は2年で総額$6ミリオン弱。$1.5ミリオンのサインボーナスに、今年のベースサラリーが$1.6ミリオンで来年が$2.25ミリオン。来季$0.5ミリオンのロースターボーナスも含まれています。昨年まで$5ミリオン前後のキャップヒットだった事を考えれば相当なディスカウントです。
ポストシーズンのNO戦で上腕二頭筋の断裂のケガを負いましたが、チームも問題無いと判断したようです。
元SDのマーカス・マクニールや、元テキサンズのエリック・ウィンストンらの訪問があり、LTの交替があるのか?と思われていましたが、バッカスとの再契約で少なくとも今シーズンは昨年と同じメンバーのOLでシーズンに臨む事になりそうです。
ただ今年で34歳のバッカスですから、そろそろ後継者を育てなければなりません。今ドラフトでのタックル指名の可能性はまだ残っていると思われます。

ヒルはラムズを訪問していましたので、流出の可能性もあるかと見られていましたが戻ってきました。ブラッドフォードのバックアップより、鱒のバックアップの方がやり甲斐があると判断したか。
デイヴィッド・ギャラ-ドに興味が?という報道もありましたが、バックアップとしてはヒルの方が数倍安心です。

・その他契約
その他数名と契約していますが簡単に。
CBジェイコブ・レイシー(1年契約)
2009年オクラホマ州立大からドラフト外でコルツ入り。3年間で27試合に先発、通算5INTを記録しています。どちらかと言えばカバーコーナーのようですが、あまり安定していなかったようです。タックルも甘いとか。ニッケル候補というよりコーナーバックのバックアップと見ていいでしょうか。エリック・ライトに比べてグレードアップした感じはしませんから、ドラフトでの指名は必須かと思います。

Sエリック・コールマン(1年契約)
セイフティのデプスを埋める為に、コールマンとも1年で再契約。昨年は足首の故障でIR入りしほとんどプレイ出来ませんでしたが、再契約したという事はほぼ完治したんでしょう。クリス・ハリスが出場せざるを得なかったシーズン後半はセカンダリーが酷い状況でしたからね。

DTアンドレ・フルーレン(1年契約)
フルーレンはラムズとベンガルズを訪問していたので、てっきり流出かと思っていましたが、残留を打診されて合意したようです。DTではスー、コーリー少年、ヒル、フェアリーに続く5番手となり正直ダブついてる感じがしますが、彼はDEでもプレイ出来るので、その辺の器用さが買われたんでしょう。しかし正直ロースター線上だと思うので、キャンプ、プレシーズン次第ではカットもあり得るかと思います。

Pベン・グレアム(1年契約)
ドナヒューの故障でシーズン後半パントを蹴ったオージー、グレアムとも再契約。キャンプとプレシーズンでドナヒューと競わせて良かった方を残す魂胆か。

LBアシュリー・パーマー
RFAになっていたものの、テンダーオファーをされずに無制限FAになっていたパーマーでしたが、予想通り改めてオファーを受け残留。テンダーオファーを出すよりこっちの方が安くつく、という計算でしょう。

FBジェームス・ブライアント
ロースター上で空席になっていたFBとサイン。CFLのBC・ライオンズでDEとしてプレイしていたというブライアント。ルイビル大に転校する前にいたマイアミ大フロリダではFBでプレイしていたそうです。
まあ良く見つけてきたな、という感じですが、正直ルーキーFAと変わらないでしょうから、今後の頑張り次第というところでしょうか。

LSドン・マーバッハ(1年契約)
STの要である「ロングスナッパー界のノーラン・ライアン」ことマーバッハとも再契約。しかし何故1年なのか。彼ほど安定感がありスナップスピードの速いLSは居ないのにねえ。ライオンズをちゃんと追っかけ始めてからずっと彼がロングスナップを出し続けているんですが、ミススナップを見たことがありません。単年で更新し続けるアレなんでしょうか。

------
キャップスペースもあまり残っていないようですし、大体これでFAは打ち止めでしょうかね。ベテランミニマムでサイン出来そうな人の加入はちょこちょこあるでしょうが。しかし昨年のスターター22人のうち21人を引き止められたというのは上出来と言っていいでしょうね。フロントGJ。

・スタントン、トレード志願
3rdQBからバックアップQBへのスキルアップを目指してNY・ジェッツへ移籍したQBドリュー・スタントン。ところがNYJへマニングに押し出された形で「神の子」ティム・ティーボウがトレードでやってきてしまいました。
ただでさえネームバリューでは圧倒的に負けますし、モバイルQBという点でもキャラが丸かぶりです。客寄せでT坊が連れて来られたとなると、第3QBに置いておくはずはありませんから、スタントンが自動的に3rdQBに・・・。
思いも寄らない動きに、スタントンはトレード志願をしたようですね。そりゃそうだ。


『未練・或爺杯モックドラフト2011』各賞発表!!

昨年4月に開催しました『未練・或爺杯モックドラフト2011』。実はまだ表彰をやっていません。忘れていた訳ではありませんが、シーズン前にタイミングを逃してしまったので、シーズン終了して全てのルーキーの評価が出てから、と考えておりました。そろそろ次回開催の計画も発表しなければなりませんので、遅ればせながら、FA解禁後という結構慌ただしいタイミングではありますが、発表させて頂きます。

まずはモックドラフトでの指名と現実での指名の照らし合わせをば。上段左から指名順位、チーム、担当者、モックでの指名選手、ポジション、大学、実際に指名された順位、指名権トレードとなります。中段はその指名順位で実際に指名された選手、ポジション、大学です。モックドラフトと異なるチームから指名された場合は、そのチーム名も加えてあります。下段は上段の選手のシーズン終わっての寸評です。各ファンブログの記事等を参考にさせて頂きましたが、的外れの部分もあるでしょう。ご容赦ください。

1 CAR 豹変  Cam Newton QB Auburn 1-1  
      Cam Newton QB Auburn    
寸評 パス4000yd超、ラン700yd超。ドラフト全体1位として申し分無い成績。
2 SF kingdom  Marcell Dareus DE Alabama 1-3 ※2 from DEN
      Von Miller OLB Texas A&M  DEN  
寸評 45タックル5.5サック。ルーキーDTでこのスタッツは立派。
3 BUF びるずだいなすてぃ  Patrick Peterson CB LSU 1-5  
      Marcell Dareus DE Alabama    
寸評 ディフェンスでの2INT以上に、PRで4TDのインパクト大。身体能力の高さを発揮。
4 CIN ツヨトラ   A.J. Green WR Georgia 1-4  
      A.J. Green WR Georgia    
寸評 1057yd 7TDでプロボウル選出。新世代変態レシーバーの一角を担うか。
5 ARI カーディナルが泣く  Robert Quinn DE North Carolina 1-14  
      Patrick Peterson CB LSU    
寸評 5.5サックを記録するも、1試合先発とスターターは奪えず。
6 CLE mentai  Julio Jones WR Alabama 1-6  
      Julio Jones WR Alabama ATL  
寸評 959yd 8TD。変態度はグリーンに劣らない
7 DEN 24 Nick Fairley DT Auburn 1-13 ※2 from SF
      Aldon Smith OLB Missouri SF  
寸評 故障で出遅れ、DTデプスに喰い込むに留まった
8 TEN CodeBlueTokyo   Mike Pouncey C Florida 1-15  
      Jake Locker QB Washington    
寸評 Cで全試合先発。ルーキーとしては上出来か
9 DEN 24 Prince Amukamara CB Nebraska 1-19 ※3 from DAL
      Tyron Smith OT USC DAL  
寸評 怪我で11週目からようやく合流。スターターには食い込めず。
10 WAS Kero  Blaine Gabbert QB Missouri 1-10  
      Blaine Gabbert QB Missouri JAC  
寸評 第3週から先発、12TD11INTと地味な印象だがターゲット不足も原因か。
11 HOU kropotkin1921  Von Miller OLB Texas A&M 1-2  
      J.J. Watt DE Wisconsin    
寸評 この位置で彼が取れたのなら大儲け。ディフェンスのPOYを獲得するなど大活躍。
12 SEA iggy12  Jake Locker QB Washington 1-8 ※4 from MIN
      Christan Ponder QB Florida State MIN  
寸評 ハッセルベックの下で1年修行。今年はスターターを奪えるか?
13 DET cj81y  Anthony Castonzo OT Boston College 1-22  
      Nick Fairley DT Auburn    
寸評 怪我がちで12試合先発。INDのOL陣の中では健闘したのでは
14 STL 万年青  Corey Liuget DT Illinois 1-18  
      Robert Quinn DE North Carolina    
寸評 怪我もある程度あったようですが、ランストッパーとしてはいい働きを見せたよう。
15 PHI Gutya  Tyron Smith OT USC 1-9 ※5 from MIA
      Mike Pouncey C Florida  MIA  
寸評 RTで全試合先発。ルーキーのOLでは最も良かったとの評価
16 NO gossamer333  Ryan Kerrigan DE Purdue 1-16 ※6 from JAC
      Ryan Kerrigan DE Purdue WAS  
寸評 DEからOLBにコンバートされながらも、7.5サック4FFと活躍。
17 NE Eの人  J.J. Watt DE Wisconsin 1-11 ※1 from OAK
      Nate Solder OT Colorado    
寸評 全試合先発、5.5サックと活躍。特にプレイオフでのINTが印象的。
18 TB 棘次郎  Aldon Smith OLB Missouri 1-7 ※7 from SD
      Corey Liuget DT Illinois SD  
寸評 パスシチュエーション限定で14サック。ミラーとROYを争う活躍。彼もここで取れれば儲けもの。
 
19 NYG Gmen_75  Mark Ingram RB Alabama 1-28  
      Prince Amukamara CB Nebraska    
寸評 怪我で後半戦欠場。オープンフィールドのスピードの非凡さを見せた。
20 IND captain_harbaugh  Gabe Carimi OT Wisconsin 1-29 ※7,8 from TB via SD
      Adrian Clayborn DE Iowa TB  
寸評 怪我で2試合先発に終わる。
21 KC arrowheadjp  Phil Taylor DT Baylor 1-21  
      Phil Taylor DT Baylor CLE  
寸評 全試合に先発、59タックル4サック。mentaiさん曰く、ルーキーとしては及第点、とのこと。
22 SD bolts  Cameron Jordan DE California 1-24 ※8 from IND
      Anthony Castonzo OT Boston College IND  
寸評 153試合先発で1サックは物足りないか。ただランストッパーとしては悪くないとのこと。
23 MIA long  Danny Watkins G Baylor 1-23 ※5 from PHI
      Danny Watkins G Baylor PHI  
寸評 シーズン途中で先発に昇格。徐々に良くなってきたとのこと。
24 JAC jagdelrio  Martez Wilson ILB Illinois 3-72 ※6 from NO
      Cameron Jordan DE California NO  
寸評 3巡まで指名されず。1試合先発10タックルではやはりリーチ気味。
25 MIN MakotoK  Jimmy Smith CB Colorado 1-27 ※4 from SEA
      James Carpenter OT Alabama SEA  
寸評 前半ケガもあり出番があまり無かったが、後半には先発する事も。ポストシーズンでINT。
26 BAL youyouyou0  Derek Sherrod OT Mississippi State 1-32  
      Jonathan Baldwin WR Pittsburgh    
寸評 先発を奪う事は出来ず、第15週に大腿骨骨折の大怪我。来シーズンにも間に合うかどうか。
27 ATL redgun1978  Da’Quan Bowers DE Clemson 2-51  
      Jimmy Smith CB Colorado BAL  
寸評 ケガを懸念されて実際には2巡までスリップ。
28 NE Eの人  Muhammad Wilkerson DT Temple 1-30  
      Mark Ingram RB Alabama NO  
寸評 全試合に先発し、3サック。2年塩漬けが前提のこのポジションでこれは立派なのでは。
29 CHI LTD  Stephen Paea DT Oregon State 2-53  
      Gabe Carimi OT Wisconsin    
寸評 物凄いパワーとの噂だったが、現実には2巡中位までスリップ。フットボール歴が短くこれからの選手か。
30 NYJ JETS狂  Justin Houston OLB Georgia 3-70  
      Muhammad Wilkerson DT Temple    
寸評 実際には3巡までスリップするが、10試合先発5.5サックとなかなかの成績。
31 PIT KekiYoki   Nate Solder OT Colorado 1-17  
      Cameron Heyward DE Ohio State    
寸評 RTで13試合に先発。AFC制覇に貢献。
32 GB   Ben Ijalana OT Villanova 2-49  
      Derek Sherrod OT Mississippi State    
寸評 4週目にACL断裂の大怪我でシーズンアウト。ケガが完治するか。

さて、それでは各賞の発表です!
続きを読む

CJが再契約、8年$132ミリオン!

2012年がルーキー時に結んだ6年契約の最終年となっていたWRカルヴィン・ジョンソン。契約延長交渉を行なっていましたが、この度合意しサインしました。契約延長では無く、新たな契約を行ったということです。

なんと8年$132ミリオンという超ビッグディール!カーディナルスのラリー・フィッツジェラルドの7年$120ミリオンを超えて、WR史上最高額となりました。また$60ミリオンの保障額はラムズのサム・ブラッドフォードを抜いてリーグ史上最高額になりました。

$21ミリオンだった2012年のキャップヒットが今回の再契約で$11ミリオンに減少。キャップスペースが約$9ミリオン増加し、チームのFA補強の原資を生み出す効果もありました。

2年目、3年目は$12.2ミリオン、4年目から$19.7ミリオンに跳ね上がりますが、TV放映権料の上昇が見込んでの事のようです。

何よりも稀有の才能であるメガトロンが2019年まではデトロイトでプレイする事を優先する、という事が大きいです。ペイトン・マニングの事もあり、いつ怪我で現状のパフォーマンスを発揮出来なくなるか分からないとは言え、「出来ればここでキャリアを終えたい」と言ってくれた事をとても嬉しく思います。

長期契約を結んだ事の一つの要因として、鱒の存在をCJは挙げています。「若くて才能のあるQBがチームメイトに居るというのは稀な事だと思う。いつも他のチームの選手に言われるのさ、お前はいいなあ、って」24歳と26歳のまだ若いコンビがこれから先どれだけ活躍してくれるかを考えると、wktkが止まりません。

・CBエリック・ライトがバッカニアーズと5年$37.5ミリオン($15.5ミリオン保障)でサインしました。TB正気か。そんな額でしか再契約しないんであれば、流出上等ですよ。フィネガン、カーと大物CBは続々とサインしていますし、デトロイトを訪問する予定があるCBはコルツからテンダーオファーを受けなかったジェイコブ・レイシーぐらいのものです。こりゃあ、本格的にドラフトはCBで決まりでしょうか?

・キャップスペースの関係かほとんど動かなかったライオンズですが、CJの再契約でスペースが増えた事が原因か、デトロイトを訪問(予定)する選手が増えて来ました。
特に割りと上位評価のOTが続けて訪問する予定です。
まずはテキサンズからカットされたエリック・ウィンストン。テキサンズのRTとして2007年以来全試合先発してきましたが、足首の故障を理由に解雇されています。怪我がどうなのか?RTではともかく、LTとしてはどうなの?ゾーンブロックで才能を発揮するようですが、普通のスキームだとどうなのか?など気になる点はあります。
続いてチャージャーズからカットされたマーカス・マクニール。泣く子も黙る2度のプロボウラーですが、元々大学時代から脊柱管狭窄症という首の怪我を抱えており、ここ数年は度重なる膝の怪我にも悩まされており、ウィンストンよりさらに怪我のリスクは高いです。元気でさえあれば、能力は折り紙つきですが。
ここまで大物タックルの訪問を受けているところを見ると、FAになっているジェフ・バッカスとの再契約を考えていないのでは?という記事も出ています。バッカスとの交渉の進展もさっぱり聞こえてこないですし、果たしてどうなるんでしょうか。

他にSFのWRテッド・ギンやCARのOGGeoff Schwartzの訪問が決まっているようです。

・QBショーン・ヒルはラムズを訪問予定。流出の可能性が高まったか?スタントンはジェッツを訪問したが、サインせずNYを離れました。




FA解禁直前のあれこれ

FA解禁を数時間後に控えて、これまでの動きをまとめて置きたいとおもいます。

・DEエイヴリルをフランチャイズ指定
無制限FAになっていたDEクリフ・エイヴリルに対し、チームはフランチャイズ指定を行いました。non-exclusive型のフランチャイズ指定で、エイヴリルは他チームとの交渉も許されています。
フランチャイズテンダーにエイヴリルがサインすれば、$10.6ミリオンの1年契約となります。他のチームがこれを上回るオファーを出した場合、ライオンズはそれにマッチして引き止めるか、代わりに1巡指名権二つを得るかのどちらかを選ぶ事が出来ます。1巡二つを引き換えにするようなチームは無いでしょうから、他チームへの流出はあり得ないでしょう。
心配なのはタグを貼られた事への反発からホールドアウトをエイヴリルが選ぶという状況。この場合今シーズン全休という事になりますが、エイヴリル本人が元々残留を強く望んでおり、タグを貼られる事を懸念していたとは言え、実際貼られると「いい面と悪い面があるが、フランチャイズ指定されるのは名誉な事」とコメントしているように、ホールドアウトの可能性もあまり無いでしょう。
現状考えられる最悪のシナリオは、サインするのが長引いてキャンプへの合流が遅れ、調整不足となってしまう状況。
最良のシナリオは早いうちに複数年契約を結び、今年のキャップヒットが$10.6ミリオンを下回るという状況でしょうか。現時点でも複数年契約の交渉が続いているようですから、早めのサインを期待したいものです。

・鱒、バールソン、スーがサラリー再構築に合意、サラリーキャップ超過が解消
$120.6ミリオンと定められた2012年のサラリーキャップに対し、ライオンズは$11.55ミリオン超過していると伝えられていましたが、QBスタッフォード、WRバールソン、DTスーの3人がベースサラリーをサインボーナスに切り替える形でのサラリー再構築に合意、バールソンが$2.2ミリオン、鱒が$7.2ミリオン、スーが$6.5ミリオンのキャップスペースを創出したと見られており、ルール違反を犯したWASとDALから没収された分の分け前$1.6ミリオンを加えると、約$6ミリオンの空きとなったようです。
キャップ超過の危機は去ったとは言え、この程度の空きではエイヴリルとサインしただけで吹っ飛んでしまい、ターロックやらと再契約する事すら出来ません。
それを考えると、$20ミリオン以上ヒットするCJとの契約延長を早く進めていただきたいところです。

・LBレヴィ、DTヒル、OTヒリアードにテンダーオファー
制限付きFAとなっていたLBデアンドレ・レヴィ、DTサミー・ヒル、OTコーリー・ヒリアードの3人にテンダーオファーを提示しました。
レヴィは2巡($1.927ミリオン)、ヒルとヒリアードはオリジナルテンダー($1.26ミリオン)で4巡と6巡が他チームに移籍した場合の交換条件となります。

制限付きFAとなっていた中で、LBアシュリー・パーマーのみテンダーオファーをされませんでした。しかしチームは再契約の意向があるようで、無制限FAになった上でベテランミニマムでのサインをするのではないかと見られています。

・TEヘラーを解雇
キャップスペース創出の一環として、TEウィル・ヘラーが解雇されました。
ヘラーは3番手TEとして出番は少なかったものの、ここぞという場面でキャッチを記録したり、ブロックが上手い事を買われてのFBとしての起用や、STで多く出場するなど、いぶし銀の活躍で一部にファンが多く居たようですが、若手でも出来そうなポジションだけに、$1.3ミリオンのキャップヒットはやや高く付きました。


あと数時間でFA解禁となりますが、キャップスペースの問題から他チームからのFAを獲得するのはやや難しいか。自チームからの流出をどこまで喰い止めるかがキーになるかと思われます。
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブログ内検索