FC2ブログ

『Sport's Bar UTUTUⅡ』でのイベントのお知らせ

来週6日土曜日に、予想イベントをやった『Sport's Bar UTUTUⅡ』で、『第2回・お日さまの高いうちからNFLファンで飲んだくれよう(仮称)』というイベントをやるそうです。

まあ何のことはない、フットボールを肴に酒を飲みましょうという捻りも何もない飲み会ですが、前回も結構盛り上がったそうです。

開始は16時で3000円で飲み放題となっております。

会場はSport's Bar UTUTUⅡ
大阪市北区梅田1-2-2-B200-62-1大阪駅前第2ビル
J R 北新地から1分大阪市営地下鉄西梅田から3分大阪市営地下鉄梅田から5分 TEL 06-6345-0293
です。

参加希望の方がいらっしゃいましたら、このエントリにコメントして頂くとか、ツイッターにコメントして頂くとかして頂くと助かります。もし反応が薄かったら次週13日に延期するそうなんで。

NFLもシーズンほぼ折り返し。ここらで半分の流れを振り返ってみるのも面白いと思います。

皆さんのご来場をお待ちしております!

あ、ちなみに当管理人は参加しません。したくても出来ません。
続きを読む
スポンサーサイト



プレビュー 2010Week8 DETvs.WAS

バイウィーク明けの第8週は、ホームでのレッドスキンズ戦です。

レッドスキンズに昨年の第3週に連敗を19でストップして貰ったのは記憶に新しいところですが、去年だけで相性がいいなどと捉えてはいけません。ここまで通算11勝30敗と大きく負け越しており、@WASでは1939年以来勝っていません。これ毎年言ってますが。

レッドスキンズはここまで4勝3敗。長年の不甲斐なさに業を煮やした、オーナーのスナイダーはついに名将マイク・シャナハンをヘッドコーチに招聘して全権委任。チームの立て直しを改めて図っています。QBも同地区イーグルスからドノバン・マクナブを獲得しもう後に引けない状態か。

4勝の内訳も同地区カウボーイズ、イーグルス、NFC北地区のパッカーズ、ベアーズと強豪ぞろい。守備がトータル31位と低迷しながらも、失点はリーグ10番目と勝負強さが目立ちます。

オフェンスは基本的にはシャナはんがデンバー時代に敷いていたものとほぼ同じのようです。ゾーンブロックからのラン、そのプレイアクションのパスとドロップバックのパス。
オフェンスを率いるマクナブですが、ディープパスには鋭いパスを通すものの、チェックダウンやスクリーンなどのショートパスの精度はイマイチというのは相変わらずのようです。またポケットの中では老獪な動きを見せますが、全盛期のような機動力の高さはもうあまりないようです。

エースRBのクリントン・ポーティスがケガで離脱。しかし2年目のライアン・トレインが台頭。ここまで82キャリー381yd 3TD、ここ2試合も100ydを超える活躍です。サイズがあり当たりが強いランナーで、スピードもありそうです。パスキャッチはそれほどでもない感じ。

レシーバー陣では、やはりWRサンタナ・モスとTEクリス・クーリーが要注意。パス成功の約半分を彼ら二人で占めています。逆に言えばそれ以外のターゲットに苦労している感じも見えますが。

ディフェンスは上記の通りリーグ31位。特にパスディフェンスが31位なんですが、それでも失点は1試合平均19点で10位。先週のベアーズ戦を見る限り、イチかバチかのプレイコールでプレッシャーを与えてボールを奪うのを目的にしているようです。テイクアウェイ17はリーグ2位タイ。ターンオーバーレシオ+8もリーグ2位。

先週のベアーズ戦でCBデアンジェロ・ホールが4INTの大活躍。QBカトラーのミスもありましたが、完全にパスを読みきったインセプもあり、脅威の存在。
悩めるリーグNo.1DT、アルバート・ハインズワースはキャンプからゴネてたのが災いしたか、スターターでは使ってもらえず、パスシチュエーションのみの限定起用になっています。先週の試合ではCを圧倒してサックしたり、G前でQBカトラーのスニークを許さずに結果ファンブルに持ち込むなど、存在感はさすが。こちらとしては拗ねておいて頂いて限定的な出番になるのは非常に助かります。
パスラッシャーで要注意はOLBブライアン・オラクポ。昨年11サックを記録してプロボウル、オールルーキーに選ばれましたが、今年も切れ味が増しており既に7サックを挙げています。

それではインジュリーリポートをば。



続きを読む

フォレットIR入り。LBとCBを補強

バイウィークでしたんで、がっつり更新を休ませていただきました。ホントはこの期間中に企画を一つこなそうと思ってたんですが、ちょうどいい具合にというか、風邪を引いてしまい何にも出来なかった・・・・。



・LBボビー・カーペンターとサイン

LB不足を受けて、ドルフィンズからクビになっていたLBボビー・カーペンターとサインしました。
カーペンターは2006年ドラフト1巡18位でダラス・カウボーイズ入り。しかし本来4-3のOLBだった為か、3-4のスキームに合わなかったようで、4年間それほどの活躍が出来ず先発は2試合にとどまります。
昨オフにOTアレックス・バロンとのトレードでラムズに移籍するも、最終ロースターに残れず。カウボーイズで彼をドラフトしたビル・パーセルズのいるマイアミに拾われますが、10月に入って解雇されています。

元ドラフト1巡ながら先発はたった2試合と、BUST臭がプンプンしてますが、合わない3-4のILBで芽が出なかったと思えばまだやや期待出来るでしょうか。
ドルフィンズをクビになった経緯は、スペシャルチームが崩壊してSTコーディネーターがクビになった件で、カーペンターもやらかしたからだそうです。そうなるとスペシャルチーマーとしてはあまり期待出来ないか。

フォレットの代役として、ウィークサイドのLBの先発を、ランドン・ジョンソンと争う事になるでしょうか。

また、ジェッツのPSにいたCコーディ・ウォレスを引き抜いてアクティブ・ロースターに。
ウォレスは2008年にナイナーズから4巡で指名。1試合に出場しただけで今年の開幕前に解雇。その後ジェッツのPSにいました。
どんな選手かは分かりませんが、CだけでなくGもこなすとのこと。現在デプスチャートにはCが3人いるのに対し、Gは先発二人しか登録されていません。CのバックアップであるギャンディとウォレスがGのバックアップを務めることになるんでしょうか。また2週間後に控えたジェッツ戦に向けてのスカウティングの意味もあるのでは、という見方も。

・LBザック・フォレット、IR入り。
先々週のジャイアンツ戦のキックオフカバーで首のケガを負ったLBザック・フォレット。チームは随分判断を待って今週の水曜日にようやくIR入りの判断を下しました。
フォレットは数日の間に頚椎の専門医の診断を受けるとの事です。イーグルス戦で負った脳震盪との関連については、シュヲーツさんは「無関係」とコメントしています。
とりあえず今年はシーズンアウトとなってしまったフォレット。今後彼のフットボール人生がどうなるのかも不透明です。もしプレイ出来たとしても、バカハードヒットをウリにしてきただけに、この首のケガで元通りヒット出来るかどうか。稀有なキャラクターの選手だけに、何とか元気に帰って来て欲しいものです。

・CBブランドン・マクドナルド加入

こちらもデプスが危ういCBに、カーディナルスを解雇され、昨年までブラウンズにいたブランドン・マクドナルドを補強しました。
マクドナルドは2007年5巡でブラウンズ入り。2年目に15試合に先発し5INTを記録しています。しかし元々安定感を欠くプレイぶりのようで、mentaiさんの野犬留置場では、昨年の回顧記事では「タックルの弱さは元から心配されていたことなので、ある程度のタックルミスには目を瞑るとしても、マクドはゾーン守備恐怖症というくらいのスランプでビッグプレー献上を重ね」とあります。
またシーズン前には同地区ベンガルズに加入したテレル・オーウェンスにツイッターで侮辱的発言をし、卍さんに激怒されています(当のTOからは「マクド?誰やお前」と相手にされず)。
まあ何かとやらかし要員のようで、通算8INTという数字ほど期待はしないほうがいいでしょう。CB4番手ぐらいなら、とmentaiさんも仰ってますんで、ニッケル/ダイムでレシーバーに張り付かせとくなら、それほどやらかしも無いでしょうか。

・チケット10,000枚残、ブラックアウト不可避か
水曜の時点でチケットの残りが約10,000枚。ここまでのホーム2試合は、リーグに猶予申立をして何とか完売して来ましたが、2試合は3500枚、4500枚という残り枚数だっただけに、10,000枚という数字はやや達成不可能な感じがしますね。鱒をはじめほとんどのメンバーがケガから復帰して、ほぼベストメンバーで挑める試合だけに、デトロイト近辺のファンは何とかチケット買えよ、と思うんですけどね。

NFL2010 Week6 Detroit@New York Giants

第6週ニューヨークの新スタジアム、でのジャイアンツ戦。28-20と差はそこまではないですが、クリティカルなターンオーバーと反則が響きアウェー24連敗。単に敗れただけでなく、前半にQBショーン・ヒルが左腕を骨折退場、後半にはLBザック・フォレットがキックカバー中の激しいヒットで固定された状態でカートアウトと主力に故障者が出る大きな痛手を喰らうゲームとなりました。

呆然とする負け方とソフトバンク・ホークスのCS敗退、時間の無さもありますので、いつもの詳細なレビューは割愛させて頂きます。それぞれ結果をご確認頂きたく。

1Q、相手パンターがスナップをファンブルした機を突いてバールソンへのTDパスで先制。しかしジャイアンツもRBジェイコブスのランで同点に。前半はパントで押し合いへし合いの展開が続くも、マニングからWRマニングハムへ33ydTDパスが通って14-7。前半終了間際にドライブして行くものの、残り1分強の時点でヒルがケガで退場。急ごしらえのQBスタントンではオフェンスも決め手を欠きFG止まりで14-10で前半終了。

後半早々、スタントンがサックされてボールをファンブル。そのジャイアンツのオフェンスをG前3ydで食い止めたかと思いきや、DEエイヴリルの不要なアンスポーツマンライクコンダクトで1stダウン献上して結局TD。21-10とリードされるも、4Qに入ってCJへ87ydのTDパスをスタントンが通して21-17と4点差に。
逆転を期して敵陣に攻め入るも、パスをキャッチしたバールソンがボールをファンブル。その返しのディフェンスがたったランプレイ3つでTDを許し28-17。
ローガンの58ydのリターンが飛び出し、一気に相手陣内からの攻撃もFG止まりで28-20。
相手オフェンスを3&アウトで止め。残り2分18秒、タイムアウトなしで最後のオフェンスへ。スタントンがスクランブルなどで奮闘するも残り20秒でペティに投じたパスが、Sロールにインセプされて万事休す。




続きを読む

プレビューNFL2010Week6 DET@NYG

第6週ジャイアンツ戦に入る前に、トランザクションを一つ。
ハムストリングを先週の試合で痛めたLBスペンサー・ヘイヴナーがwaived-injuredリストに入れられ解雇。代ってシーズン開幕までチームに居た同じくLBヴィニー・チャーチューとサインしました。

ライオンズのミドルLBはレヴィが股関節と足首を痛めて今週も欠場が決定。先週先発したランドン・ジョンソンも脳震盪を発症しており出れるかどうか微妙。チャーチューはどちらかと言えばスペシャルチーマーとして有能ですが、早急にシステムを把握しているLBが必要という事で呼び戻されました。ランドンが出れない場合アシュリー・パーマーが先発するとの事ですが、チャーチューにも早速出番はある事でしょう。

DetroitFreePressで、イラストにキャプションを付けるのを募集する企画があってました。http://www.freep.com/article/20101015/BLOG24/101014084/1049/sports01/Detroit-Lions-cartoon-caption-contest-winner
それで優勝したのがコレ。
bilde_20101016233316.jpg

フルボッコしたラムズ戦を受けて「骨までキレイに食べたよ。これでNFLはプロセスが完了したのを認めてくれるかな?」というものです。プロセスが完了というのは勿論、開幕週のCJの幻のTDレセプションの事です。正直他のは大したことないつまらんのが多かったんですが、これは秀逸。

さてラムチョップを骨まで食い尽くした翌週は、ニューヨークに乗り込んでのジャイアンツ戦です。

ジャイアンツ戦のこれまでの対戦成績は21勝17敗1分けと勝ち越しています。NYでの対戦成績も9勝10敗1分けとそれほど悪くありません。前回の対戦は2007年でライオンズは6勝3敗と好調だったものの、前週の@ARI、ホームのここと負けてズブズブになり結果負け越し。ジャイアンツはここからワイルドカードに滑り込み、最終的には無敗だったペイトリオッツを破りスーパーボウル制覇と、まさしく分水嶺になる試合でした。ライオンズの方の分かれ道は全敗シーズンに繋がっています。

時間がないのでインジュリーリポートを早速。

続きを読む

ローガンPOW

・KRローガン、ST部門のプレイヤー・オブザウィークに
KR/PRステファン・ローガンは、リーグが選出するスペシャルチーム部門のNFCプレイヤー・オブ・ザウィークに選出されました。

先週のラムズ戦での105ydキックオフリターンTDが評価されました。ST部門でPOWに選ばれるのは2007年第8週のハンソン先生以来、リターナーとして選ばれるのは2005年の第5週のR.W.マックウォーター以来となります。
ライオンズの選手がキックオフリターンTDを記録するのは、2007年のフィッツシモンズ以来でしたが、その時はオンサイドキックをリターンしてTDに繋げたもの。正規のキックオフでリターンしてTDにしたのは、2004年のエディ・ドラモンド以来でした。

一時期は「いいのはスペシャルチームだけ」と言われていた時期がありました。この頃はそれすらウリにすらならずネックにもなっていましたが、そこからこういう新しいスターが出る事は非常に嬉しい事ですね。これからは結構マークされるでしょうが、彼の思い切りの良さがあれば、しょっちゅうとは言わずとも時々はこういう大きな仕事をしてくれるのでは、と期待します。

・CJのケガの具合は
水曜日の練習を全休したのは、Matthew Stafford, Jahvid Best, Landon Johnson, DeAndre Levy, Spencer Havner,Turk Mcbride,Nathan Vasherの5人。ミドルLBがこぞってケガしているのはかなり心配。鱒はここ4週間は水曜日には欠場が発表されてきましたが、今週は発表なし。シュヲーツさんも「完全に欠場と決まっている訳ではない」と出場へのドアは現状開かれているとコメント。ヒルが先週いいパフォーマンスだったので、「ヒルのままでもいいんじゃない」とか「鱒に戻すにしろヒルをトレードでだしたら」等の意見が寄せられているらしいのですが、気が早過ぎる。たった1試合勝っただけで調子に乗ってはいけません。ましてや鱒はキャッチボールぐらいはやっているようですが、実戦的にはまだボールは投げていないでしょう。今週のジャイアンツ戦後はバイウィークとなりますので、じっくり完調になってから出てくれた方がいいでしょうが。

右肩を痛打してラムズ戦で最後までプレイし続ける事が出来なかったCJ。水曜は部分的に練習に参加。ルート取りなどは万全だったようですが、ボールをキャッチする事はは無かったようです。それほど酷くないといいんですけどね。

NFL2010 Week5 Detroit vs.St.Louis

第5週、ホームでのラムズ戦。KRステファン・ローガンの105ydリターンTDを皮切りに、オフェンス・ディフェンス共にラムズを圧倒。44-6で今シーズン初勝利を挙げました。

ライブチャットでLigerさんが「それでは皆さんで勝ち鬨をあげましょうぞ!」と掛け声をくださったところ、他のみなさんは「えい、えい、おー」だったのに、管理人は何を考えたのか一人で「ガオー」。ああ、これは勝ち鬨じゃなくて「雄叫び」でした。お恥ずかしい。しかし当ブログのタイトルは『獅子吼』。そう、ライオンズの勝ち鬨は「獅子の雄叫び」で合っているのだ。ガオーーー!

続きを読む

プレビュー 2010Week5 DETvs.STL

ラムズ戦のプレビューの前に、LGロブ・シムズが契約延長というニュースから。

先発LGのロブ・シムズとチームは4年の契約延長に合意したようです。契約額などは不明。

シムズは今年トレードでシアトルから移籍。シアトルでの契約は今年一杯となっていましたが、ここまで4試合に先発し、ミスの少ないしっかりとしたブロックを見せているシムズにチームは満足したんでしょう。2014年シーズンまでの延長を決めました。

これまで何度となく入れ替わり回転ドア状態だったライオンズの左ガードですが、シムズの定着でそれに歯止めが掛かるといいんですが・・・。こればっかりはまだ分からん。延長した途端ケガ、とかよくあるパターンですからね。

それではラムズ戦のプレビュー行ってみましょう。期限延長して貰った甲斐もあり、チケットも無事完売。去年は第3週のワシントン戦で既にブラックアウトになっていますから(しかも10000枚も売れ残り)、今年はファンの期待も比較的高い、という事なんでしょうか。それともラムズが「勝てそうなチーム」という目論見があってチケットが売れたのかも知れません。

しかしラムズは既に2勝を挙げています。しかもWAS、SEAを撃破して2連勝中。ドアマットクラブを先に抜けだそうかという勢いです。
続きを読む

スタッフォード今週も欠場

・鱒欠場、「○○フォード・ボウル」はお預け
軽いスローイングを始めたという、QBスタッフォード。しかしシュヲーツさんは第5週のラムズ戦の先発にヒルを指名。鱒とブラッドフォードのドラフト1位指名対決はお預けとなりました。
回復のスケジュールは上手く行っているが、チーム練習にはまだ合流しておらず、いついつに復帰できる等を発表できるような状態ではまだない、という事のようです。
「○○フォード・ボウル」(そう呼んでいる人を見たことはないが)は楽しみでしたが、来季以降のお預けに。しかしラムズが結構買っている(しかも同地区他チームが調子が上がらない)ので、来季の対戦は無いかもしれません。

・その他ケガ人
鱒の他に練習を全休したのは、LBレヴィ(股関節・足首)、TEシェフラー(脳震盪)、Sブラウン(太腿)の4人。レヴィは欠場が決定しているようです。シェフラーは脳震盪のテストにパスしない限り出場出来ないでしょう。
一方練習に復帰したのがWRバールソン。おそらく今週から復帰か。RBブラウンも練習に復帰しています。

7巡ルーキーでプラクティス・スクワッドにいたWRティム・トゥーンがインジュアード・リザーブリスト入りし、シーズンエンドとなりました。具体的にどこをケガしたのかは不明。代わりに同じくWRのアルリック・アルネットをPSに追加。ウェストヴァージニア大出身のルーキーFAで、サイズとジャンプ力があるレシーバーだとか。

また、Gマニー・ラミレスを解雇して、ビルズからウェイバーになっていたGジェイモン・メレディスとサインしました。
メレディスはサウスカロライナ大出身。2009年にパッカーズからドラフト5巡で指名されましたがロースターに残れずPSに居たところをバッファローに拾われ、昨年は4試合に先発。しかし今年は出場がなく、先日ウェイバーに出されていました。
カレッジ時代はタックルをやっていたようですが、6-4とサイズがない為プロではガードをやっています。

ラミレスは2007年に4巡指名され、昨年は12試合に先発。しかし今年はロブ・シムズの加入によって出番が全くありませんでした。バックアップなのにクビを切られるということは、単純に見切りをつけられたんでしょう。
これで2007年のドラフトクラスも残すところCJとスタントンの二人に。どんどんと未練時代の人は居なくなって行きますなあ。

そう言えば先週解雇されていたSランディ・フィリップスは、幸いどこからも拾われずに無事PSに入れることが出来ました。良かった良かった。

CB先発が交代

HCシュヲーツさんは先週のCBアルフォンゾ・スミスのプレイを「彼はボールホークだ。彼は空中で勝負できる能力がある。それは大事なことだ」と絶賛。先週は試合途中からウェイドと交替しましたが、今週は先発になるようです。
確かにここ数週はウェイドの所ばかりを狙われていました。アルフォンゾに替わってからはレシーバーに大きなパスを通されていませんし、インセプも決めています。ヒューストンも結果を残しており、トレードで加入した若い二人がCBの先発を固めてくれれば頼もしいものはあります。

・ブラックアウト回避へ期限延長
今週のラムズ戦のチケットが木曜時点で2500枚売れ残っており、チームは金曜までの期限延長をリーグに申し入れました。
Mliveのトム・コワルスキーはツイッターで「100%売り切れるだろう、と思っていたが、新しい情報を聞いたら自信が95%ぐらいになった」と話しており、売り切れるかどうかは予断を許さぬ状況のようです。

NFL2010 Week4 Detroit@Green Bay

苦手とするランボーフィールドでのパッカーズ戦は意外な接戦になりました。

オフェンスが好調で431ydを獲得、ディフェンスはパッカーズオフェンスをトータル261ydに抑え、スペシャルチームも2つのターンオーバーを奪いました。それでも13回もの反則と攻め込んでもTDを奪えない詰めの甘さが足を引っ張り、2点差及ばず敗戦。アウェー連敗、@GBでの連敗ストップという千載一遇のチャンスを逃しました。

続きを読む

ライブチャット出来ます

出張での宿泊先にも無事ネット環境が配備されてました!しかも結構速い!
ということでライブチャット今週もやります。会場は http://digicha.jp/tyuru/chat_s_view.htmlで。

ただ翌日の仕事が7時から!夜中起きて大丈夫なのか?!という事で今日はもう寝ます!

プレビューNFL2010Week DET@GB

第4週はグリーンベイでのパッカーズ戦。

毎年書いてますが、ライオンズはアウェーでのパッカーズ戦で1991年以来勝った事がありません。ファーヴがQBになってから勝った事はなく、ロジャースに変わってからも2連敗。ワシントンで60年ぐらい勝った事がないというとんでもない記録もありますけど、こちらは毎年対戦してのアレですからね。どんだけ苦手なんだと。

ランボーフィールドには「冬将軍」というとてつもない戦力が居る訳ですが、10月初めのこの時期はまだお休み中。シーズン最後あたりに@GBが組まれるのが恒例となっていた頃には、どう考えても勝てる気はしませんでしたが、この時期ならなんとか・・・、って鱒がいるんならまだしも今回も無理っぽい。

そのパッカーズは先週のベアーズ戦、オフェンス・ディフェンス共に圧倒しながら、チーム記録という18個のペナルティを犯し17-20と敗れています。

本来スーパーボウルコンテンダーの最有力チームの一つと見られているパッカーズ。果たして先週の失敗を教訓にしっかり立て直してくるのか、それともgdgdになってしまうのか!?
まあ有数のリハビリ能力を誇るライオンズ相手ですからね、おそらく前者ですよ、はいはい。

それではインジュリーリポートをどうぞ。

続きを読む
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索