FC2ブログ

オフイベント『開幕直前!NFL2010順位予想大会』開催のお知らせ

こないだのエントリでちょっと触れましたが、大阪梅田のスポーツバー『 Ututu Ⅱ』にて、イベントを開催致します。

題して『開幕直前!NFL2010順位予想大会』!

開幕直前に各地区の展望・予想をしながら盛り上がろう、というイベントです。




会場:Sports Bar Ututu Ⅱ(大阪市北区梅田1-2-2-B200-62-1大阪駅前第2ビルB2F)

日時:8月28日(土)17:00開場、17:30開始

参加費:イス席3,500円、立見2,500円(飲み放題付き)




順位予想大会とは言え、全ての順位を予想するのはやや困難なので、各ディヴィジョンの地区優勝チーム8つを予想して頂き、その正解数を競う大会と致します。


当日のスケジュールとしましては、各地区毎に展望をした上で、事前に提出頂いた予想をグラフにして発表。そこで参加のファンの皆さんに意見を聞く、という形を予定しております。

素人だけではとても不安なので、ビッグなスペシャルゲストにオファー。快諾頂きました!

そのゲストとは・・・・。






comment_hamada.jpg
濱田篤則さん!!!

GAORAのNFL中継でもお馴染みですね。濱田さんにツッコミをいただきながら、最後には濱田さんにも予想をして頂く予定です。

上位入賞者には豪華商品を計画中。当日参加は難しいという方の為にTwitterやメールでも投票頂ける「ネット部門」の開設も予定しています。

参加の予約は8月1日から受付けます。
開場が手狭ですので、早めの予約をおすすめします。

予約方法は、このエントリに「管理者にだけ表示を許可する」をチェックの上でコメント下さるか、Twitterのhttp://twitter.com/sisikutyuruのアカウントにDMをして頂きます。尚DMは相互フォローをしていないと送信出来ませんので、フォローして頂きますとこちらからもフォロー返しします。


それでは皆様の参加をお待ちしております。



 
スポンサーサイト



LBエケジウバとサイン

レイダースを解雇された、LBアイザイア・エケジウバと2年契約でサインしました。

エケジウバはレイダースのスペシャルチームのキャプテンでしたが、最近になってクビになった所をライオンズが拾った格好。

エケジウバはナイジェリア出身。ヴァージニア大時代から生粋のスペシャルチーマーとして鳴らし、カーディナルスにUFAでNFL入り。2005年にレイダースに入り、STで活躍。昨年はプロボウルのST部門の補欠にも選ばれています。プロ入りする選手はカレッジではポジションである程度の実績があるのがほとんどですが、STだけの実績でプロ入りしたエケジウバはなかなか稀有な存在なんじゃないでしょうか。
レイダースではMLBのバックアップだったようですが、ディフェンスでのプレイはほとんど無いようで、そっちの方で期待出来るかはちょっとわかりません。

この所不調のライオンズSTですが、特攻2トップことフォレットとキャンベルに、経験豊かなエケジウバが加入してさらに期待が持てるんじゃないでしょうか。

・『Madden 11』 選手の数値が明らかに
現地8月11日に発売され、今年は日本版(説明書だけだが)も発売されるMadden NFL 11
その選手の能力数値が明らかになりました。詳細はコチラでご確認を。

その中で気になった点をいくつか。

1.鱒はリーグトップの強肩(97)。総合では79→80。

2.RBベストはスピードが95。しかし何とエビも同じく95。

3.OLはシムズ(82)の加入で何とか形がついたが、シェアラスが74と数値を下げているのがアレ。ジャンセンの方が全体的に使いやすそうだ。

4.スーさんがルーキートップの85というのは素晴らしいが、KVBは80と昨年から7つも数値を下げており、DLは補強が進んだとは言え、数値にするとそれほどでも無いか。

5.レヴィが75と何とか使えるレベルになっているが、ピーターソンが90→86と大きくダウン。もう一つのポジションを争うフォレットとランドン・ジョンソンが69で不安たっぷり。

6.DBは出る鱒の85以外は、KOが73、マニュエル72、ヒューストン71、スピーヴェイ68etc.と直ぐにでも死ねる状態。

7.先生が95から89へとガタ落ち。年齢による衰えは避けられないか。

こう見るとまだまだ勝てる状態には程遠いような気がしますが、伸び代のある若手が多いのが期待できる部分ではありますね。

詳しいマッデン情報は、『JETS狂の宴』でどうぞ!


Sバロックス解雇、QBヒル契約延長

・Sバロックス解雇、2002~2006年のドラフト選手が皆無に。
もう既に1週間前の話で恐縮ですが、Sダニエル・バロックスが解雇されました。
バロックスは昨年のプレシーズンで痛めたヒザの故障からの完治を目指していました。オフシーズンプログラムで本人は「ほぼ100%」と完治をアピールしていましたが、客観的に見るとそうではなかったようで、このタイミングでの解雇となりました。

これで2002年から2006年の5年間でドラフトされた選手は、チームに誰も在籍しない、という事になってしまいました。

他チームを調べた事がないので分かりませんが、4年前から10年前の選手が誰一人残っていない、という事態は恐らく無いんじゃないでしょうか。未練時代のドラフトがいかに酷かったかを如実に表す結果となりました。

2010年はともかく、2009、2008はまあまあ残っていますが、2007年に関してもCJしか残っていません。何度書いたかわかりませんが、これじゃ勝てる訳ないよなあ。

これで出る鱒の相方となるSSのスターター争いは、ドングリの背比べという意味で混沌として来ました。実績のあるCC・ブラウン、コー・シンプソンが現状トップ争いか。マーカンド・マニュエルはオフシーズンプログラムではあまり練習でも機会を与えられなかったそうです。今後FAから補強という可能性も予想されます。CBはドレの加入で幾分メドを付けた感じがありますから、このピースをどうするかが開幕までの課題となりそうです。

・QBショーン・ヒルが契約延長

49ナーズから今オフトレードで加入した、QBショーン・ヒルが1年間の契約延長にサイン、2011年までの契約となりました。
ヒルは鱒を支えるバックアップとしての役割を期待されていますが、リネはんのオフェンスの理解力の高さと、チームエフォートの高さが評価されたか、1年の延長となりました。若い鱒をエースに据えているライオンズ。実績のあるバックアップが控えており、来年までその心配がいらない、というのは安心感がありますね。





ここでお知らせ。
サイドバーで紹介している大阪梅田の『Sport's Bar UTUTUⅡ』 これまでは夕方からの営業のみでしたが、この度カレーランチを始めました。
マスター曰く「色々な家の意見、色々な店を食べ歩き、考えに考えた時、普通のカレーを食べたいと思い、その時考えたカレーです。有名店みたいに、こだわったスパイスを入れないという、こだわりのカレー」だそうです。
201007101751000.jpg

凝ってない普通のカレーが食べたいという時にいかがでしょうか。
平日月曜~金曜の11時半~15時まで。
ビーフカレー400円、トッピング、チーズ、卵、大盛りいずれも100円です。

当ブログをご覧の上『今年のライオンズはどないでしょう?」の一言で食後のコーヒーをサービス!

どうぞよろしくお願いします。

そしてこの『Sport's Bar UTUTUⅡ』と当ブログの共催で、このお店を会場にシーズン直前イベントを企画しています。ビッグゲストの参加も!?詳しい事は後日お知らせ致します。


『未練・或爺杯モックドラフト2010』各賞発表!

大変長らくお待たせ致しました。4月に開催されました、『未練・或爺杯モックドラフト2010』。各賞の発表を行ないます。

開催当初は未練賞、或爺賞の二つしか設けておりませんでしたが、まとめ記事を書いているうちに色々賞を思いついてので、追加で発表いたします。準備してなかったんで、副賞はありません。そうだ、副賞は来年の優先参加権、という事にしよう。あぁっ、そんなもん要らないって言わないで下さい(汗



Best "Correct" Pick
賞の名前が文法的に合ってるかどうかは、後で指摘してください。
これは実際のドラフトの指名と同じ指名をしたピックのうち、順位が最も下のピックに差し上げます。

Round1.Pick27.Dallas Cowboys Dez Bryant WR Oklahoma State
カウボーイズ担当司祭Lone☆Starさん


実際にはカウボーイズはトレードアップで24位まで上げてブライアントを指名。「残ってたのでつい指名した」というLone☆Starさんでしたが、あまりWRは予想されていなかった中での指名。お見事。



・Most Aggressive Move
当モックドラフトのウリである「指名権トレード」を活用し、イベントを盛り上げて下さった方に差し上げます。

San Diego Chargers 管理人Boltsさん
元々1巡28位を持っていたチャージャーズ。シーホークス相手に「SEA1巡14位←→SD1巡28 位+ショーン・メリマン+ティム・ドビンス」が成立。そしてさらにチャージャーズとジャグワーズで「JAX1巡10位←→SD1巡14 位+3巡27位(91)」が成立。SDは全体28位から一気に全体10位までジャンプアップしました。

ジョナサン・スチュワートと引換に、執念でパンサーズに1巡28位をもたらした、LTDさんも候補に挙がりましたが、28位から10位という上げ幅のインパクト、序盤にこのトレードで多いに盛り上げて下さった事へ感謝申し上げ、賞を差し上げます。


・Most Benefited Team
最も「上手くやった、儲かったチーム」を表彰。

Seattle Seahawks 担当CB24さん

まず1巡6位でOTトレント・ウィリアムズを指名してニーズを埋めた後は、もう一つの指名権14位を利用してチャージャーズからショーン・メリマンとティム・ドビンス(+28位)をゲット。そしてその28位でエースRBジョナサン・スチュワートをパンサーズから獲得。
いずれのトレードも積極的に動いてきた相手のオファーを受けたものとは言え、これだけの条件を引き出した24さんの手腕、恐るべし。最後のトレードが終わった後、24さんはホクホク顔だったようです。



さあ、それでは当ドラフトの冠となっている2大アワードの発表です。

・未練賞 Most Millenized Award
最も特定のスキルポジションにこだわったピックに与えられます。「そのポジション去年も一昨年も取ったやん!」とか「もう何人もいるのにまた取るんか!」という賞賛を最も受けたピックに差し上げます。

該当者なし

どのピックを見てもかつての未練の指名のようなトンチキなモノはありませんでしたね。各担当者の皆さん相当研究されており、しかも自分のピックを曝け出すというのがかなりのプレッシャーとなっていたようで、思いつきでいっちゃえ~、というようなのは皆無でした。ということで該当者ナシです。
副賞だったもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらですが、既にAmazonに流してしまって手元にありません。あしからず。



或爺賞 Alzee Award

こちらは最も身体能力や知名度等タレントにこだわったピックに与えられます。今年もコンバイン大王みたいなやたら40ydが早いとかベンチプレスが凄いというような選手がいましたが、ニーズや実績等を鑑みる事なくそういう選手を指名したチームが選ばれます。

ROUND1 PICK8 Oakland Raiders TAYLOR MAYS FS Southern Cal
担当reno爺さん


これは文句なし。実際の或爺がLBマクレインという、ある程度まともな(ある意味日和った)ピックをしたのに比して、本家を超える期待に違わぬピックをして下さいました。コンバインで4.34というタイムをたたき出したSメイズを敢然と指名。チャットでも大喝采。本家本元が賞を獲得という事になりました。

renoさんには副賞の「或爺なりきりサングラスセット」を差し上げますので、twitterのDMか、この記事に
「管理者にだけ表示を許可する」をチェックした上でのコメントで、連絡先をお知らせ下さい。



皆さんのご協力のおかげで、非常に盛り上がりましたが、エントリ方法やタイマー表示の問題など、改善すべき点もいろいろとあります。気になった点等がありましたら、どうぞお知らせください。

※6/13 LTDさんのご指導を受けまして、賞の名前を若干変更致しました。

ブライ帰る/ドラフトルーキーと続々サイン

2007年にデンバーにトレードで放出した、CBドレ・ブライが3年ぶりに帰ってくる事になりました。

ブライは現在33歳。2003年からライオンズに在籍し、4年間で19個のINTを記録し2004年と2005年にはプロボウルにも選出されました。しかし2007年、カバー2ディフェンスでランサポートを要求するチーム事情と合わずにデンバーへ放出。当時の記事はコチラ。先発級のRBベルとOTフォスター(&5巡)を交換にゲットして「GJ!」とか言ってたのがお恥ずかしい次第。5巡で獲ったジョニー・ボールドウィン含め、全部悉くハズレ、という未練時代のトレードで、ワーストに数えられる一つでしょう。

ブライは2007年には5INTを記録しますが、ややスピードの衰えが見えてきたか、2008年には2INTと成績が落ち、デンバーから放出。昨年は49ersでプレイし6試合に先発、3INTを記録。しかしNFLの黄金郷さんによりますと、ファルコンズ戦で犯したINT後のファンブルロストが大きな代償となってしまった、との事です。



うーむ、確かにしたのはいいが、ボールセキュリティが甘すぎますな。

ベテランCBが欲しいライオンズと、未だにデトロイトに親近感を持つブライとニーズが一致しサインとなったようです。
ブライは「デトロイトでプレイした頃が、一番いい活躍が出来たと思う。ここデトロイトを故郷のように思っているし、ここでキャリアを終える事が出来たら非常に幸せだ」と有終の美をデトロイトで飾りたい、という思いがあるようです。
しかしややスピードに衰えが見え、元々フィジカルさに欠け、ランサポートが得意ではないブライが、今のディフェンスに求められているモノに合致するかどうかは分かりません。
前在籍した時はロッカールームでも非常に影響力がありました。若手の多いセカンダリを引っ張っていく立場になってくれればいいですが、ムーチさんがHCをクビになった際「コーチがクビになったのはお前のせいだ」とブライがジョーイ君を名指しで批判して、オフェンスとディフェンスがチーム内でバラバラになった、という事も有りました。ディフェンスはほとんどメンバーが入れ替わっているので問題は無いでしょうが、オフェンスにはバッカスやライオーラらがまだ当時の事を良く思っていない可能性があります。果たしてうまくやっていけるか、元々チームガイではある、という事ですが、いい方に若手を導いてくれる事を期待。プレイヤーとしては力が衰えなく、ボールホークぶりを発揮してくれれば相手オフェンスにとって脅威になります。2年契約でおそらくベテランミニマムだと思いますが、CBのデプスの厚みになるかどうか。

・ドラフティーが続々サイン

ミニキャンプが終わり、一気にドラフト指名されたルーキーたちとのサインが進みだしました。

3巡66位 CBアマリ・スピーヴェイ
4巡128位 OTジェイソン・フォックス
7巡213位 DEウィリー・ヤング
7巡255位 WRティム・トゥーン

4人とも3年契約で、ヤングが$48,000のサインボーナス含む、$1.26ミリオン、トゥーンが$1.215ミリオンとリポートされています。

全体の最終ピック"Mr. Irrelevant"ティム・トゥーンはロースター残留への第一段階はクリア。トレーニングキャンプを乗り切って、開幕ロースターに残れるでしょうか。トゥーンは水曜からカリフォルニア州ニューポートビーチで開催される"Irrelevant Week"に招待され、「ロウズマン・トロフィー」をプレゼントされました。その他記念ゴルフツアーに出たり、ディズニーランドに行ったり、LAエンジェルスの実況中継にゲスト出演したりしたとか。

残るドラフティーは1巡の二人、DTスーとRBベスト。まだ他のチームの1巡もサインはまだですし、これからという事でしょう。スーは「エージェントに任せているが、ホールドアウトはしない」と明言していますし、キャンプまでには間違いなくサインしてくれる事でしょう。

ドラフティーの他に、DTLeger Douzable(読めない)をラムズからクレーム。Kのアーロン・ペトレイとサインしています。ペトレイはハンソン先生のキャンプ中の負担を減らす役割。

・昨年のブラウンズ戦奇跡の逆転劇が、NFLネットワークが選んだ2009年のベストゲームの第3位に選ばれました。
http://blog.mlive.com/highlightreel/2010/07/lions_last-second_win_over_bro.html

・飲酒運転で逮捕された、社長のルワンド。一部始終を録画していた警察のオンボードビデオによりますと、最初飲酒している事もルワンドは否定。しかし一本足で立ったり、人差し指で鼻を指すといったテストをクリアしなかった為、保安官が呼気検査を要求しましたが、これをああだこうだ言って拒否したため、逮捕という事になったようです。

オーナーのフォード翁は「トムは非常に重大な過失を犯した。彼がこの問題(飲酒の問題か)に専門的な援助を求めるならば、出来る限りのフォローをライオンズは行うだろう」とコメント。
リーグのコミッショナー、グッデルは「我々のポリシーは、社長、コーチ、選手、誰にでも当てはまる。トムがその事を確認するならば、近いうちに会う必要があるだろう」とコメントしています。


         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブログ内検索