FC2ブログ

乱闘でミニキャンプ終了/社長ルワンド飲酒運転で逮捕

3日間のミニキャンプ。3日目に乱闘が頻発し、HCシュヲーツさんは怒り心頭でスケジュールを早めに切り上げて終了させました。

2ミニッツドリルを行っていた時、選手がヒートアップ。小競り合いが起こり始めた所で、シュヲーツさんはFGトライを指示。しかしその時サイドラインに下がっていた選手達も参加しての大きな乱闘が起こったそうで。

ブチ切れたシュヲーツさんは、ある程度収まった時点で全選手をフィールド中央に集め、乱闘が無駄に選手を危険にさらし、練習時間が失われる事を説教。まだメニューは残っていましたが練習を切り上げました。

OTAの最後二日間が練習停止になった経緯が、OTAの何日目かの練習中に乱闘があった事を報じた新聞を、リーグ側が目にし、「練習のフィルム見せろ」と詰め寄り調査が入った事から起こった為、この2度目の乱闘による練習短縮に
シュヲーツさんは相当おかんむり。「OTAの時にはまあ笑い飛ばしたような感じだが、今度はそうもいかんぞ。今日から罰金だ。認められん。当事者じゃないのにケンカに加わったような奴らはムチャクチャ罰金取ってやる」と選手に罰金を課す事にしたようです。


ライオーラは「熱くなってたねえ。ミニキャンプの最後にこういう事が起こるのは悪くないと思うよ。バカンスに出かけようと車のエンジン掛けてるヤツはいない、って事だからね。でもこれじゃ俺ら自身を傷つけてしまう。お互いに練習の仕方を学ばないといけないな。激しさやアツいヤツは嫌いじゃないけど、どっかでそろそろ線を引くべきだね」と真剣さを評価しつつも自重を求めています。

確かに去年から練習中の乱闘の話は良く聞きますね。やたらアツくなってます。何でかと考えてみましたが、指揮官が熱血漢なのにも関係あるんでは?この乱闘の際も自ら輪に入って行って一人一人選手をひっぺがしたそうです。「非常に疲れたので、今度は違う方法で止めようと思う」と言ってますが。

-3巡ルーキーCBアマリ・スピーヴェイが2本のインターセプト。スターター獲得へ向けて名乗り。マンツーマンで短いボールを上手くピック。

-彼とスターターを争う、CBジョナサン・ウェイドにシュヲーツさんが高評価。「彼がオフシーズンの時点では、チームで最も安定感がある。ハンズもいい、足もいい。ダウンフィールドでもいいプレイをしていた。彼は若いベテランで実績もある。以前には雑な部分もあったけど、今は非常に安定してるね。これを続けるのが課題だろう」

-右Tのスターターは、シェアラスとジャンセンがスナップを分け合う。「OLで決まってるポジションはまだ無い。まあCとRG、LTは比較的固まってるが」とシュヲーツさん。

・社長ルワンド、飲酒運転でタイーホ
tom-lewand-mugjpg-8651c734aeaa4c14_small.jpg
社長のトム・ルワンドが飲酒運転の容疑で逮捕されました。
デトロイトから186マイルのホートンレイク(地図のA地点)でチャリティーゴルフに参加していたルワンドですが、地元の警察に逮捕され、すぐ釈放されたようです。

大きな地図で見る

ルワンドは「誠に申し訳ない事をしました。この件に関しては責を全て負います。このような事が2度と起こらないよう、必要な段階を取り回復出来るよう取り組みます」とコメント。

上の写真のような表情を見る限り、ルワンドはいかにも真面目そうですが、神経質そうで何か腹に溜め込みそうな感じがしますね。ストレスが相当あったのかも知れませんが、飲酒運転はイカン!

選手ではない球団スタッフの逮捕に、リーグ側からどのようなペナルティ等があるのかはわかりませんが、これからドラフトルーキーとのサイン等仕事が目白押しの時期に、この不祥事は痛いですねえ・・・。

・4巡OTジェイソン・フォックスと契約
6人のドラフト指名ルーキーの先頭を切って、OTジェイソン・フォックスがサイン。3年で$1.545ミリオン、うちサインボーナスが33万ドル。3年ですからそれほどの期待はされてないような。その前にWRマルコ・ミッチェルが解雇されています。
スポンサーサイト



ミニキャンプ開幕

ニュースが大したのが無かったのもあって、ライオンズ関連のエントリもサボリっぱなしでしたが、本日から全員参加のミニキャンプが開幕しました。

首脳陣の当初の計画では、今週の月、火でOTAの最後の二日を練習、水曜から3日間ミニキャンプを張る事になっており、合計5日間のワークアウトを行う予定でした。

ところがOTAの内容がCBAの規定に違反しているので月、火に予定していたOTAはヤメレとのリーグからのお達しが。
http://www.detnews.com/article/20100617/SPORTS0101/6170454/1361/Lions--practices-too-intense--team-forfeits-final-two-OTAs
練習の激しさとテンポが規定を超えている、というのが理由のようですが、シュヲーツさんは「ワークアウト中にケガをしないように注意してやるのは当たり前の事で、当然それを守ってやってる。その証拠にハムストリングと股関節、ふくらはぎの他をケガした選手は誰も居ない。オフシーズンのワークアウトは、若い選手がチームに慣れて、フットボールプレイヤーになる為の重要なものだ。その機会を奪われるのはけしからん」とかなりご立腹。

月、火のワークアウトが無くなった事で、2週間のオフからいきなりミニキャンプに入る事になり、特にオフェンスはパッシングドリルでQBとレシーバー陣との息がまだ合っていない様子。5日間である程度仕上げてトレーニングキャンプを迎える、というチームの計画も修正を余儀なくされたようです。

ミニキャンプを欠席したのは、S出る鱒。股関節を軽く痛めており、ミニキャンプはムリせず欠席。
ACLの手術明けのRBスミスはチームドリルにわずかな時間ながら参加。少しずつではありますが、確実に回復の道をたどっているようです。同じく手術明けのTEペティグルーも7-on-7のパッシングドリルに参加。こちらも回復は順調のようです。

-NYGからウェイバーになっていたLBリー・キャンベルとサイン。キャンベルはミネソタ大からUDFAでジャイアンツ入り。大学時代は2年間チームのタックルリーダーとなったランストッパーだそうです。キャンベルはスカウティングコンバインの時に接触の無かったライオンズに拾われてビックリしたとか。
キャンベルとサインする為に、LSサム・スクロギンスを解雇しています。

-ex.マイアミフロリダのSランディ・フィリップスはフィジカルチェックを通過し、ミニキャンプがトライアウトになるとの事。結果次第でサインという事に。ドラフト後にはフィジカルチェックに通らず「ケガを治してからまた来い」とシュヲーツさんに言われていたとか。

-未だFAの大物の一人、LBキース・バラック。ライオンズ入りについては「勝てるチームの方がいい」という事で、オプションとしてはジャイアンツあたりが優先順位が高いそうです。

『未練・或爺杯モックドラフト2010』まとめその6

ジロが終わったら完成させる、と言っていたモックドラフトのまとめ。ええ、ジロはとっくの昔に終わってますよ。そしてW杯が始まってしまったw そろそろ終わらせないとヤバイ。



Round1.Pick27.Dallas Cowboys
カウボーイズ担当司祭Lone☆Starさんは、元々プレピックの予定でしたが、チャットを覗いていると、いても立ってもいられなくなってしまったそうで、急遽リアルタイム参戦。

497278.jpg

Round1.Pick27.Dallas Cowboys Dez Bryant WR Oklahoma State
サイズとスピードを兼ね備えた今ドラフトトップ評価のWR。当初トップ10の評価も受けていましたが、素行に問題があり、代理人が蟹木さんと同じという事でここまで評価を下げていました。
Lone☆Starさんは「残ってたのでつい」指名してしまったそうですが、実際にはカウボーイズは彼を24位までトレードアップして指名しています。お見事!

この後カウボーイズから見切りをつけられるであろう、元ライオンズWRロイ・ウィリアムズへの同情の書き込みがチャットで盛り上がったのには笑いました。

実際に27位でパンサーズから指名されたのは、ラトガースのCBデヴィン・マッコーティでした。




この後実際にはシーホークス二つ目の指名権のハズでしたが、今モックドラフト最大のビッグトレードが成立。

1巡指名権の無いパンサーズがRBジョナサン・スチュワートを条件に、1巡28位をゲット!

Round1.Pick28 Carolina Panthers

1巡指名権の無いチームを二つ抱えていたLTDさんが(他所のチームだからと言って)捨て身のダイブを敢行!w
496780.jpg
ROUND1 PICK28 Carolina Panthers Carlos Dunlap DE Florida

恵まれたサイズ、類まれな運動能力。パスラッシャーとしてもランストッパーとしても期待される大型DE。しかしオフフィールドの素行、あまり熱心でない練習の態度等、性格の問題がマイナスとなり、早い段階では上位指名の予想もありましたが、評価を下げてきていました。

LTDさんがトレードアップを仕掛けたのは「ヒマ過ぎたから」www。愛するベアーズはトレードのタマも無く、パンサーズのRB余りを利用してのムーブでした。まあ始まる前からLTDさんがどこかで動くだろう、という予想はされてましたしね。ただジョナサン・スチュワート放出には皆さんビックリ。
逆に美味しい思いをしたがシーホークス。もう既に一つ指名してOTを補強、SDからメリマンを貰った上に、エースRBまで追加して笑いが止まらない状況でした。

ダンラップは2巡54位でベンガルズが指名。チャットでもあったようにこの位置ではややリーチ気味でした。LTDさんはそこも承知の上だったようですが。

実際にはこの28位では、ドルフィンズがペン州立大のDT、ジャレッド・オドリックを指名しています。



Round1.Pick29.New York Jets

ジェッツ担当JETS狂さんの指名は・・・。

496804.jpg
Round1.Pick29.New York Jets Sergio Kindle, OLB, Texas

DE登録ですが、タイプ的には完全に3-4のOLB。運動能力が高く、パスラッシュは勿論の事、ランサポートやパスカバーも器用にこなします。サイズ的にはこれ以上のバルクアップは期待出来無いようで、4-3のDEとしては厳しく、ランブロックを受けた際にはブロッカーの処理に手間取る事も。膝のケガと飲酒運転等オフフィールドの問題で評価を下げていました。

jets狂さんはリスト上で残っていたオーデックとキンドルとで悩みに悩んだ末、上位指名されながらバストの烙印を押されつつある、OLBヴァーノン・ゴールストンのケツに火をつける為に、同ポジションのキンドルを指名しました。

キンドルは実際には2巡11(全体43)位のレイヴンズまでスリップ。ジェッツはこの位置でボイジー州立大のCBカイル・ウィルソンを指名。




Round1.Pick30.Minnesota Vikings
こばすーさん応援の中、ヴァイキングス担当、GM真琴さんの指名は・・・。

496790.jpg
Round1 Pick30 Minnesota Vikings : Everson Griffen DE USC

スピードもストレングスも兼ね備え、270ポンドと十分なウエイトがありつつもまだバルクアップの余地がある。ランブロッカーを圧倒するパワーと、QBにラッシュする爆発力を持つ。6フィート3インチとDEにはしてはやや身長が低いか。

真琴さん的には先発DEのエドワーズが揉めてるので、そこを含めての指名とか。

実際にはグリッフェンは4巡2位(全体100位)でやはりヴァイキングスが指名。潜在能力は高く買っていたようですが、1巡での指名はややリーチ気味でしょうか。

この順位では2巡2位からトレードアップして来たライオンズが、カリフォルニア大RBジャーヴィッド・ベストを指名しています。実際のドラフトの時、仕事に出掛けてしまいこのトレードアップはリアルタイムで観る事は出来ませんでした・・・。



Round1.Pick31.Indianapolis Colts
引越し作業に追われながらも、リアルタイム参戦して下さった、コルツ担当しゃちょーcaptain_harbaughさん。悩みつつも事前に投稿していたプレピック通りに指名。

496986.jpg
Round1.Pick31.Indianapolis Colts Charles Brown - OT - USC
運動能力が高く、長い腕を利してランブロックもパスプロテクションもいいモノを持つ。サイズ的にはエリートとは言えず、ややバルクアップの必要が。TEからOTに転向してまだ2年であり、即戦力とは行かないのでは、という見方も。

captain_harbaughさんのニーズは、OTとパスラッシャー。この時点では評価の高いOTの一人、アンソニー・デーヴィスが残っていましたが、デーヴィスがコルツOL陣で動ける様な気がしない、スケール感では落ちるものの、動けそうなブラウンを指名、という事だったようです。

ブラウンは2巡32位(全体64位)でセインツが指名。先発だったOTジャマール・ブラウンを追い出す形に。
コルツは実際にはTCUのDEジェリー・ヒューズを指名。captain_harbaughさん的にはこの時点でボード2番手でした。鋭い!



Round1.Pick32.New Orleans Saints
いよいよオーラス、セインツ担当下級副社長 R.Tさん、3時間以上待っての指名です。

496835.jpg
Round1.Pick32.New Orleans Saints Jared Odrick DT Penn State
十分なサイズと力強さを持ち、4-3のDTと3-4のDEにベストフィットする。クイックネスが高く、ギャップを詰めるのが上手い。ランディフェンスに定評が。アスリートとしては超一流という訳ではない。ブロッカーを引き離すのに手間取る事も。パスラッシュには課題も。

R.TさんはランストッパーのDTが欲しかったので、オドリックが残っていて助かった、との事です。

オドリックは実際には28位でドルフィンズが指名していますので、バリューピックとも言えるでしょうか。
セインツはリアルではフロリダ州立大CBパトリック・ロビンソンを指名しています。



終わったー。最後の方は選手の紹介がやや簡単になってしまい申し訳ありませんでした。

早いうちに各賞の発表を致しますんで、お楽しみに。


         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索