FC2ブログ

WRカリーをラムズDTハリスとトレード

今オフにFAで契約したばかりのWRロナルド・カリーと、ラムズのDTオリエン・ハリスのトレードが成立しました。

レイダースからFAになった今オフ加入したばかりのカリーですが、デニス・ノースカットの加入で本来彼の仕事場となるべきスロットレシーバーのポジションは奪われた格好に。ダブついたカリーを手薄なDT補強に費やした形です。

ラムズもブルースやホルトといった旧世代を放出し、実績のあるレシーバーが昨年のルーキーのエイヴリーのみ、という状況。ある程度実績のあるWRが必要、という事で両チームのニーズが合ったという事でしょう。

ハリスは元々2006年のドラフト4巡でスティーラーズ入りもすぐにカットされて、ブラウンズに拾われて初年度は2試合出場(スタッツなし)。2007年はプレシーズンはビルズ、シーズン中はセインツにいたものの出場はなし。2008年はベンガルズ入りし14試合に出場し14タックルを記録。
今オフにRBレナードとの交換でラムズにトレードされたばかりでした。

キャリア4年目で出場機会も少なく、既に所属も7チーム目、という選手ですから、ハリスにあまり大きな期待を掛けるのは難しいでしょう。しかし3年目でシーズン通じてロースター入りした事を考えると、着実に成長している、という見方も出来るかも知れません。

アスレチズムに富むDTで、ペネトレイトも上手いものの、ダブルチームを引き受けるほどの力強さは無いようです。真面目でオフフィールドのトラブルは無い模様。

層の薄いライオンズのDTですから、ローテーションの一角には入ってくる事でしょう。特にグレイディおっさんが出場停止と見られている最初の4試合はかなり出番が増えるかと。

実績は多少あるものの、伸びしろがあまり見込めないWRよりは、実績は無いが成長の可能性がある若手DTを獲ったと考えれば、まあいいトレードじゃないかと。カリーもレイダースから出たところを拾っただけですからね。
スポンサーサイト



【DLに連チャンで振られる】Lions Notebook【6巡RBブラウンとサイン】

あらかたロースターの穴埋めは済んだと見られているライオンズですが、DLのデプスの薄さだけは全くもって改善されていません。

首脳陣もなんとか手を打っているのですが、どうにも上手くいかない様子。

続きを読む

LBアレックス・ルイスを解雇

ベテランLBアレックス・ルイスをチームはリリースしました。

ルイスは2004年のドラフト5巡でウィスコンシン大からライオンズ入り。
ここまでの5年間で52試合に出場、11試合に先発。これまで主にバックアップとスペシャルチームの中心として働いてきました。特に昨年はLB陣の層の薄さもあって、開幕当初からストロングサイドの先発に指名されましたが、動きがパッとせず6週目から降格。スペシャルチームでは11試合目までチームトップのSTタックルを記録するも戦線離脱。

今オフ、SLBにはジュリアン・ピーターソンを獲得。またドラフトでレヴィ、フォレットの二人を指名した上に、昨年の2巡指名のダイゾンもオフシーズンプログラムの中で進境を見せており、伸びしろが期待出来ないルイスが追い出された形です。

ディフェンスのロースター予想ではルイスをロースター確定と予想していました。いきなり外しましたね。ロースター枠が6人の場合は、スペンサー、ダイゾン、フォレットの3人で二つを争うんじゃないんでしょうか。

         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索