FC2ブログ

【DEケヴィン・カーター来訪】Lions Notebook【LBフットが来る?】

ドラフトで埋まらなかったポジションがいくつかありますが、そこを補充の動きが。

・ケヴィン・カーター、デトロイトを訪問か
バッカニアーズからFAになっているDEケヴィン・カーターがデトロイトを訪問するようです。
カーターは今年プロ15年目の35歳。去年まで2年間バッカニアーズでプレイしていましたが、2001年から2004年までタイタンズでプレイしており、その際のDCが現ライオンズHCのシュワルツ。その縁で今度の来訪かと思います。
15年目という大ベテランですが、ここ14年間で一試合も休んだことが無いというタフガイ。ピークは17サックを記録した1999年前後でしょうが、まだまだ元気でもありますし、もし加入となればその経験は若いDL陣には大きなプラスになるでしょうが。

・ラリー・フット、ライオンズ入りを希望?
スティーラーズのスターターLBであったラリー・フットがチームから解雇される事になったようです。これで再び浮上して来たのが生まれ故郷で大ファンだと言うライオンズへの入団。
以前もフットのライオンズ入りは彼の友人の話と言うことで噂になりましたが、その際は彼自身が否定。しかし今回の解雇に際し、フット本人もチームから放出を打診されていた事を明かし、スティーラーズがなかなかクビにしなかったのはトレードを模索していたからだ、という内情も明らかにしました。ドラフトが終わってその線が無くなった事での解雇、ということでしょう。
以前は否定していたライオンズ入りですが、今回は「生まれ故郷に帰ってそこでプレイ出来たらサイコー」と話しているように、かなり前向きに考えているようです。
ドラフトでマウアルーガやロウリナイティスらトップ評価のLBを指名しなかったのは、フットの獲得に自信があったから、なのかも知れません。フットは8年目ですがまだ今年で29歳と油が乗っています。彼の加入があれば重要補強ポイントであるMLBが埋まります。決まるのはそう先の話ではないでしょうが、どうなりますか。

・ドリュー・ヘンソン解雇
マシュー・スタッフォードの指名でQBデプス上4人目となっていた、ドリュー・ヘンソンが解雇されました。先のミニキャンプでの動きもイマイチだったようですから、ヘンソン本人もある程度覚悟していたようです。
彼の解雇でおそらくあと一人ベテランQBを追加すると思われますが、先日ドルフィンズからウェイバーになったジョン・ベックにクレームを入れるのではないかという噂があります。
ベックにかかわらず、もう一人QBを入れるのは間違いないと思いますが、そうなると苦しくなるのは現在3番手のドリュー・スタントン。ヘンソンと同様ミニキャンプでの動きもイマイチで、立場がかなり苦しくなっています。3番手をキャンプで争って敗れるとなると、おそらくチームを去る事になるのでしょう。

・LBカーティス・ゲートウッド、OTカーク・バートンを獲得
チーフスからウェイバーになったLBカーティス・ゲートウッド、ベンガルズからウェイバーになったOTカーク・バートンの二人を獲得しました。どちらも昨年試合出場は数試合と限定されていますので、おそらくロースター枠に出れるかどうか、ということでしょう。

スポンサーサイト



2009年ドラフト2日目

ドラフトの二日目を見る前にニュースを一つ。

ボルディン、ライオンズ入り!
http://blogs.nfl.com/2009/04/27/boldin-not-that-one-goes-to-detroit/
続きを読む

2009年ドラフト初日

もう既に2日目、3巡以降の指名が始まっていますが、msoさんの予想どおり3巡1位は3巡12位のNYジェッツにトレードしましたので、先に初日の結果を投下。


続きを読む

ドラフト1巡1位はスタッフォード!6年総額$72ミリオンで合意

ドラフトまで1日を切りましたが、大方の予想通り、ジョージア大のQBマシュー・スタッフォードとライオンズは契約に合意。1巡1位指名が確定となりました。

契約額は6年総額$72ミリオンで補償額は$41.7ミリオンとなります。

・・・・・・・・・・・・・・

高っ!

ファンのささやかな希望は夢と消えました。

いや、スタッフォード本人に不満がある訳ではありません。サイズも十分で強肩で度胸もあり、ラッシュを交わすのも上手くディフェンスリードにも定評、とほぼ完璧な能力を持ち、それほどのネガティブ要素もありません。強いて言えば顔が気に食わないぐらい(おい)。
ただライオンズファンはもうそういうのを信用出来ない体質になっちゃってますからねえ。

もうこうなったらひたすらガンガレ、と言うしかありません。入って来たヤツにブーイングを飛ばすほど無粋じゃないです。
契約締結済みですからキャンプのホールドアウト等の心配はありません。いきなりスターターというのは難しいでしょうが、キャンプからペッペさんを脅かすぐらいになって欲しいものです。

ただこんだけ貰っといてBUSTだった時は、知らんぞ。

さあ、これで焦点は20位指名となります。当然ターゲットはディフェンスじゃないと困ります。LBか?DTか?

ポジション別ドラフト展望

ドラフトまであと2日を切りました。情報筋によりますと、ライオンズはアーロン・カリーとはほぼ契約に合意。しかしスタッフォードとの契約も合意寸前で、カリー側は$40ミリオン超と言われているスタッフォードの要求額に比べて、大幅にディスカウントしてスタッフォードの動きを牽制しているのでは?と見られています。
どうやらライオンズの本命はスタッフォードのようですが、もし契約がまとまらないようであれば、条件的にかなり譲歩しているカリーが指名される事も十分ありうる、という見方も出ています。
何にしろ現状では憶測に留まる話ですが、もう1日ちょっと経てば明らかになる話です。さてどうなるか。

毎度の事ながら泥縄で申し訳ないのですが、ポジション別に今年のドラフトを展望してみたいと思います。時間がないので去年までやってたプロスペクトの分析はナシで。

まずライオンズが今年持っている指名権は以下のようになっています。

Round 1, Pick 1 (1)
Round 1, Pick 20 (20) (From Cowboys)
Round 2, Pick 1 (33)
Round 3, Pick 1 (65)
Round 3, Pick 18 (82) (From Cowboys)
Round 6, Pick 1 (174)
Round 6, Pick 19 (192) (From Cowboys)
Round 7, Pick 46 (255) (Compensatory selection)
3巡までに5個を持つものの、4、5巡がありません。動き回るにはややタネが少ないかと。最初の5人でいかにニーズを埋めるかということでしょうか。


続きを読む

新ロゴ・ユニフォームが発表

20090420162928_LionsLogo-01.jpg


現地20日、ミシガン州マジソンハイツにあるスポーツ洋品店で、新しいライオンズのロゴとユニフォームのお披露目会が開かれました。

やはり以前リークされていたのと同じデザインで、「リーピング・ライオン」「ホノルル・ブルー」という基本は変わる事無く、ライオンのデザインはいわゆるHigh Definitionされた感じで、毛並みや牙、眼、などが表現されています。LIONSのロゴも斜体になりその文字も爪で引っ掻いたようなデザインがされています。

新ユニフォームも以前のものとそれほど変わりませんが、ジャージナンバーの字体にも同じような引っ掻いたようなデザインがされています。

20090420163606_LionsLogo-13.jpg20090420163017_LionsLogo-03.jpg



ユニフォームのモデルとなったのは、CJ、ケヴィン・スミス、ライオーラ、シムズ、ハンソン先生の5人。
ライオーラは「オフシーズンが動き出したこの時に、こうやって新しいスタートを切れるのはとても興奮するね。この場に参加出来たことを光栄に思うよ」とリニューアルを素直に喜んでいました。

またハンソン先生は「いいね。新しいロゴはとても気に入ったよ。新しいライオンはとてもカッコいいし、いい感じにアップグレードされたと思う。僕はずーっと長いことここにいるけど、前のロゴもよかったと思うが、今度のはさらにいいね」と気に入った様子です。

プレスカンファレンスに立ったルワンド社長は「我々は今まさに組織の変革の真っ最中です。それは単にフィールドだけでの話ではなく、デトロイトの人たちが誇りを持てるチャンピオンシップ=フットボールチームに生まれ変わる為に、機構もコミュニティも、一から文化を作りあげる変革です。このロゴはその事を表現しています」と今回のロゴとユニフォームの一新に込めた意図を述べました。

数人の子どものファンをステージに呼び込んだルワンドは、彼らが6歳から8歳だと聞くと「君たちにはとりわけ感謝せずにはいられないよ。なぜなら君たちが生まれて以来、ずっとライオンズは弱かった訳だからね」と観衆を笑わせました。

多くのファンが詰め掛けましたが、誰かが「カリー!」と叫び声を上げると、多くのファンも「カリー!カリー!」というチャントを叫んでいたそうです。
それについてルワンドは「今のはみんなが『バリー!バリー!』と言っているように聞こえた事にしておこう」と笑った後、「ジェイソン・スミスは?」と尋ねると、ファンは無反応。逆に“Don’t draft Stafford!”というチャントが起き上がったそうです。
オフィシャルサイトがやっているモックドラフトでもカリーは6割以上の票を集めて、全体1位の指名という予想をされていました。ファンの総意としてはカリーを獲ってくれ、というのが望みのようです。

変革を訴えたライオンズですが、ファンの期待に応えてカリーを指名するのか?それとも予想通りスタッフォードを指名するのか?第一歩となるドラフトまであと少しです。


ミニキャンプ開幕!

全員参加となるミニキャンプが現地金曜日に開幕しました。

かなりシェイプアップしたと伝えられていたQBダンテ・カルペッパーの状態は?

続きを読む

WRカリー、FBスミスとサイン

ライオンズはFAのWRロナルド・カリーとFBターレル・スミスの二人とサインしました。いずれも1年契約ですが、契約額等は不明。

・カリーはいわゆる「昔神童、今ただの人」。高校時代はジョージア州で知らぬ者はいない、というほどの大スター。フットボールとバスケットボールの両方でオールアメリカンに選ばれ、バスケットのオールアメリカンゲームではMVPに選ばれています。
地元ジョージア大でフットボールとバスケットボールをプレイすると公言していたものの、NBA選手に育てたいという高校のバスケコーチの薦めで、バスケの名門ノースカロライナ大に進学。ここで地元ファンからは「裏切り者」呼ばわりされてしまいます。

大学時代、期待されたバスケットボールは2年間のプレイに留まり、主にフットボールをプレイ。数多くのスクールレコードを作るなど、結構な活躍はするものの、スカウトの評価はあまり高くなかったようで、2002年のドラフトで、レイダースから7巡でようやく指名されます。

最初の2年はほとんどプレイ機会が無かったものの、3年目でややブレイク。50レセプション639yds6TDを記録するも、アキレス腱を断裂する大怪我。翌2005年復帰するも再び古傷を痛めて2試合の出場に留まります。
しかし2006年に復活。2年続けて700yds以上を稼ぎ、(レイダースでは)エース級の活躍をしていましたが、去年はケガもあり、落球癖が酷かったというのもあってか、干されて19回181ydsという結果に終わり、シーズン終了後クビになってしまいました。

なんか経歴を見たらスラムダンクのミッチーを思い出してしまいました。別にグレてはいませんが。果たして度重なるケガでポテンシャルがもう落ちているのか、それともレイダースがアレだったのかははっきり分かりませんが、ドン底に落ちた男がドン底のチームから這い上がるのは、ちょっとドラマになりそうじゃね?まあ、あまり期待はしないでおきましょう。

先日加入したフランクリンや、トラヴィス・テイラー、スタンドフォードあたりと3番手のポジションを争うことになるんでしょうか。とりあえずこれでWRの頭数は揃いました。ドラフト上位での指名はおそらく無い、と思います。これで初日にレシーバー指名したら「さすがライオンズ、期待を裏切らないな」と称賛されることでしょう。

・ターレル・スミスはアリゾナ州立大出身の10年目31歳。セインツに2000年のドラフト4巡でNFL入り。その後ブラウンズ、カーディナルズと移籍しましたが、9年間で6人の1000ydsラッシャーを輩出するリーグ有数のランブロッカーです。ラン確立を目指すライオンズとしては、この上ない人材を獲得。ケガも少なく安定しているのも頼りになります。
ただランやパスレシーブのスタッツがほとんど無い事が示すように、ボールキャリーやレシーブの方ではほとんど期待出来ないようで、ランシチュエーション限定の起用となるんじゃないかと。

いいランブロッカーを獲得したのはいいんですが、いくらアメリカにスミスという姓が多いとは言え、スミスという選手ばっかり獲るのはヤメレ。SのドワイトとDEのコーリーがいなくなって二人減ったと思ったら、また補充か。CBにはキースがいますし、何よりもRBにケヴィンが・・・。ややこしい事この上なし。「スミスのリードブロックに着いていくスミス。あーっ!ブロッカーのスミスにスミスがぶつかってファンブル!それをスミスがリカバー!」とか言うシチュエーションがあっても何の事やら分かりませんがな。

2009年シーズンスケジュール発表!

リーグより2009年シーズンのスケジュールが発表されました。

Preseason Schedule
Date Opponent Location Time (ET) Network
8月15日 ATLANTA FALCONS Ford Field 4:00 p.m. WWJTV 62 (CBS)
8月22日 at Cleveland Browns Cleveland Browns Stadium 7:30 p.m. WWJTV 62 (CBS)
8月29日 INDIANAPOLIS COLTS Ford Field 1:00 p.m. WWJTV 62 (CBS)
9月3日 at Buffalo Bills Ralph Wilson Stadium 6:30 p.m. WWJTV 62 (CBS)
 
Regular Season Schedule
Date Opponent Location Time (ET) Network
9月13日 at New Orleans Saints Superdome 1:00 p.m. FOX
9月20日 MINNESOTA VIKINGS Ford Field 1:00 p.m. FOX
9月27日 WASHINGTON REDSKINS Ford Field 1:00 p.m. FOX
9月4日 at Chicago Bears Soldier Field 1:00 p.m.  FOX
10月11日 PITTSBURGH STEELERS Ford Field 1:00 p.m. CBS
10月18日 at Green Bay Packers Lambeau Field 1:00 p.m.  FOX
10月25日 ** BYE **      
11月1日 ST. LOUIS RAMS Ford Field 1:00 p.m. FOX
11月8日 at Seattle Seahawks Qwest Field 4:05 p.m. FOX
11月15日 at Minnesota Vikings The Metrodome 1:00 p.m. FOX
11月22日 CLEVELAND BROWNS Ford Field 1:00 p.m. CBS
11月26日 GREEN BAY PACKERS Ford Field 12:30 p.m. FOX#
12月6日 at Cincinnati Bengals Paul Brown Stadium 1:00 p.m.* FOX
12月13日 at Baltimore Ravens M&T Bank Stadium 1:00 p.m.* FOX
12月20日 ARIZONA CARDINALS Ford Field 4:05 p.m.* FOX
12月27日 at San Francisco 49ers Candlestick Park 1:00 p.m.* FOX
1月3日 CHICAGO BEARS Ford Field 1:00 p.m.* FOX


パッと見た印象をいくつか
・サンクスギヴィング以外の全国放送ゲームは、今年もナシ。マンデーナイトは2001年からありません。

・シーズン最終戦は恒例だったパッカーズ戦からベアーズ戦に。しかもホーム戦になり@シカゴ、@GBもシーズンの早い時期の為、苦手の冬将軍とはようやくおさらば。

・開幕戦は昨年大敗したセインツとのアウェー戦。最初の5試合の対戦相手はいずれも勝率5割以上。ここはかなり厳しいかと。

・一方で7週目のバイウィーク明けの6戦のうち5チームは前年負け越し。ここで何回勝てるかがキモ。

・昨年のスーパーボウルを争ったスティーラーズ、カーディナルズ両方と対戦。両方ともホーム戦なのがまだ救いか。

・対戦相手のトータル勝率は.464。かなりきつかった昨年からすれば随分楽なように見えますが、勝率の低かったNFC西地区とフル対戦する為でしょうか。その分西海岸への遠征が二度ある訳で、そう有利とは言えないでしょうか。

各紙の論評を見ると、いい所で8勝、悪い所では3勝という予想。まあそんなもんでしょうかね。なんせ昨年は全敗ですから。

●ライオンズはチーフスからウェイバーになったWRウィル・フランクリンにクレーム。レイダース、コルツ、ラムズ、イーグルスとの争奪戦になりましたが、昨シーズンの成績が悪い方から獲得出来るルールによりライオンズ入りとなりました。

フランクリンは昨年のドラフト4巡でミズーリ大からチーフス入り。昨年はひざのケガもあって、それほど出場機会は無く、7キャッチで83ydという成績に留まっています。どういう理由で早期にチーフスが見限ったのかは分かりませんが、5チームも競合するところを見ると潜在能力にはかなり期待されているようです。6フィートというサイズと40yd4.37というスピードを兼ね備え、キャッチもかなり上手いとか。ミズーリ大時代はどちらかというとスロットで活躍していたようです。
デプスの薄いライオンズですから、3-4番手、上手く行けばCJに次ぐ2番手まで上がってくれるかも知れません。

2008ポジション別シーズン回顧『TE編』

ポジションレビューのTE編です。いつ以来だ?どうみても間に合わないですね。ドラフト過ぎてからもする事になるでしょう。

続きを読む

OGギャンディ、OTフォスターとサイン

FAのG/Cディラン・ギャンディと、ライオンズからUFAになっていたOTジョージ・フォスターの二人のオフェンスラインとサインしました。いずれも1年契約。

ギャンディは2005年にコルツにドラフト4巡で入団。2006年には11試合に先発してチームのスーパー制覇に貢献しています。2008年の5月に解雇され、去年はブロンコス、レイダースと渡り歩いたものの試合出場はなし。
コルツで先発していた事があるということは、ある程度のポテンシャルはあるはずです。Cライオーラの控えをしながら、ピーターマン、T兼用のローパー、コストン、ラミレス辺りとGのポジションを争う事になるでしょう。

フォスターはCBブライとのトレードでテイタム・ベルとデトロイトに。初年からイマイチの働きでしたが、去年1年で再契約。去年も最初はシェアラスと先発を争いながらも、後半はほとんど試合に出る事もありませんでしたので、再契約はまさかあるとは思いませんでした。まあTもデプスが薄々ですからねえ。とりあえずバックアップとして抑えておこう、ということでしょうか。

またテキサンズで2007年までTのスターターだった33歳のベテラン、エフレイム・サラームもデトロイトを訪問。しかしサインには至らず。エージェントによると「まだ考え中」とのことで、ライオンズがTをドラフトで指名するか見極めるのでは、との予想。

現状のライオンズの動きを見て、1巡1位でOTの獲得は無くなった、とまでは言えないでしょうねえ。しかし頭数はとりあえず揃ったので、多少確率は下がったかもしれません。

どうもあちこち見ているとカトラー騒動の余波の結果、ライオンズのスタッフォード指名は堅い、という雰囲気になってしまっています。
そうなるとしてもライオンズとして頭が痛いのは、1巡1位でQBを指名するコストの高さ。
そこでmliveなんかはリーグ関係者の言質までとって、ライオンズが1位指名をスルーする可能性まで取り上げています。

トレードダウンが出来れば問題ないのですが、今年はそこまでするチームは無さそうで、現状でもオファーは無いようです。
そこで行うのが時間切れ作戦。持ち時間内で誰も指名しなかった場合、2位以降に指名権は移るわけですが、指名権が無くなる訳ではなく、好きな時に指名出来るようです。
スタッフォードを獲りに行く場合、2位と3位のラムズ、チーフスがQB指名の可能性は低いため、その2チームが終ってから指名すれば、$30ミリオン以上と言われるいの一番の契約額から、ある程度カットオフ出来るんじゃないか、という勝手な妄想。リーグも「別に問題ない」と補償していますが、・・・ねえ。やり方が姑息でアレ。せっかく勝ち獲った(負け獲ったか)1巡1位だから、堂々とやれ、と。

ジェイ・カトラーのトレード先はシカゴ・ベアーズ

正式に球団からトレード先を探されていた、デンヴァー・ブロンコスのQBジェイ・カトラー。
ライオンズもオファーを出していましたが、そのトレード先がシカゴ・ベアーズに。

ライオンズには、カトラーを取り逃がし、しかも同地区へと来られてしまうというある意味最悪のシナリオとなりました。

しかしベアーズが提示した条件(カトラー+5巡←→オートン+今年1巡、3巡+来年1巡)を上回るオファーは、指名権が何より大事なライオンズとしてはとても出せません。良くまあこんな大盤振る舞いを出せたなあ、と。ベアーズファンには「1巡ではあまり当たりを引かないので、それよりも完成されたQB獲る方がマシ」という意見もあるみたいですが。
ライオンズ的には、キャセルを介したNE、DEN、DETの三角トレードが成立しなかった時点で、縁が無かったということでしょうか。

しかしこれでドラフト1巡1位でQBマシュー・スタッフォードを獲りにいかざるを得ない状況に、さらに追い込まれたような気がします。スタッフォードはデトロイトでのプライベートワークアウトで、かなりいい動きを見せて、ライオンズの首脳陣を魅了したそうですし。USCでのプロデイで評価を上げたマーク・サンチェス、という可能性もまだ捨て切れませんが。

ぶっちゃけ誰を指名したとしても、そのドラフトの評価が出るのは数年後ですから、すぐに勝ち負けが出る話ではないのですが、PatsLifeさんところのモックでカリー指名をぶち上げて迷惑をかけていますからねえ。スタフォードじゃ正直負けなんですよねえ。

エイプリル・フール版:ミレン、ライオンズ時代を語る

millen_article.jpg

恒例のエイプリル・フール、ネタ記事はいかがだったでしょうか。
ライオンズ関係のバカと言えば、マット・ミレン前GM、この人しかいないでしょう、という事で昨年クビになったにも関わらず登場してもらいました。

当然の事ながら、記事は全てネタで事実は一つもありません。ですがミレン時代はこれに匹敵するほどネタに満ち溢れていました。しかしその結果が昨年の全敗という体たらく。他チームのファンの皆さんが生温かく見守っていただくには、笑えるでしょうが、当該チームのファンとしてはまったく笑えません。

ということでミレン時代の鎮魂歌、レクイエムとしてこの記事をアップした次第です。

というのは後付けで、単純にサプライズ的なネタが思い浮かばなかっただけなんですけどね。今思えば「カトラーがライオンズにトレード!交換条件はペッペさん!」とかでもイケたかもなあ。

まだご覧になってない、という方はお目汚しになるでしょうが、下記の「全文を表示」からどうぞ。

続きを読む
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索