FC2ブログ

2007 Week8 デトロイト・ライオンズ@シカゴ・ベアーズ

第8週、シカゴに乗り込んでベアーズ戦です。第4週ホームで勝利しておりますので、なんとか連勝してスイープと行きたい所です。

そうそう、11月1日(木)午後7時からGAORAで放送がありますので、それまで俺は待つぜという我慢強いお方は、ネタバレにご注意ください。

続きを読む
スポンサーサイト



プレビュー 2007 Week8 @Chicago

Week8のプレビューの前に、先週土曜日からのトランザクションのまとめ。

まず20日、RBケイソンとDBフランプトンをウェイバー。CBとTEのデプスの薄さをカバーするために、PSからCBラムジー・ロビンソンとTEルディ・シルヴァンを引き上げました。ウェイヴしたフランプトンはPSに入れる予定でしたが、ミネソタのクレイムを受けて掻っ攫われてしまいました。

今週になってロビンソンはまたPSへ。空いたスペースに再びケイソンを補強。これはケイソンがスペシャルチーマーとして有用なので。イマイチ奮わないウォルターズの代わりとしてリターナー起用の可能性、そしてカバーマンとしても期待されています。
そのあおりでRBベルはベアーズ戦でイナクティブになりそうです。まあゼイタクな話ですが、使えないんだから仕方がなし。

それでは第8週、シカゴでのベアーズ戦のプレビュー。
続きを読む

2007 WEEK7 デトロイト・ライオンズvs.タンパベイ・バッカニアーズ

バイウィーク明けでホーム、負けては話にならない試合ですが、相手は4勝2敗と好調のバッカニアーズ。厳しい試合となりそうでしたが・・・・

あ、木曜日の19時からGAORAで録画ですが放送があります。今季初放送です。GAORA様ありがとうございます。
ですんで、ネタバレしたくない人は気をつけてくださいませ。
続きを読む

プレビュー 2007 Week7 vs.Tampa Bay

バイウィーク明けでホームの試合、どうしても勝ちたい試合ですが、相手も一筋縄では行きません。タンパベイ・バッカニアーズとの試合です

先週のタイタンズ@バックスの試合を観ることができましたので、そこの印象からレビューを。

続きを読む

【ロイ、ピザを宅配】Lions Notebook【ベル、トレード志願】

バイウィークですっかりお休みさせていただきました。いやー、プレヴュー・レヴューの進行から解放されると楽だなー。毎週バイウィークだったらいいのに(ヲイ)

さて、そのバイウィーク中、選手達はどのようにして過ごしたか、何人かの予定がリポートされていました。

ルーキーのDEイーカイカ・アラマ=フランシスは故郷ハワイへ11時間掛けて帰郷するか迷っていたそうです。ちなみにイカ君はチーム内で"Five-O"と呼ばれているそうです。なぜ"five-O"かと言えば、彼の出身地ハワイが50番目の州だからだとか。うーん、なんたるこじつけと思いますが、向こうのニックネームというのは大体そんなもんらしいです。

Cドミニク・ライオーラは10年前ネブラスカ大で全米準優勝したメンバーで同窓会を開くとか。しかし彼は「特に大きな予定は入れてないよ。リーグ中だからね。ただ1週体を休めるだけだ。バカンスに行くんじゃないんだ。それはオフシーズンのこと」とあくまでシーズン中で、完全に心身を緩める気は無いとのコメント。

WRロイ・ウィリアムズは母校ペリマン高校とライバルのミッドランド・リー高校の試合を観るために、テキサスの故郷へ帰るそうです。この2校は"Friday Night Lights"というタイトルで小説化、映画、テレビシリーズにもなっています。ちなみに邦題は「プライド 栄光への絆」という身もフタも無いものになってます。この映画にロイはアシスタントコーチ役で出演してるらしいです。セリフは「コーチ、あいつはもうムリだ」という一言だけだとか。今度見てみよう。
ロイは「リラックスする予定だけど、フットボールから離れるつもりは無いよ。『マッデン』をやって高校の試合を観に行くんだ。フットボールは俺の人生だから」とオフでもフットボール漬けだそうで。

一方でQBキトナ先生は家族と過ごしてしばしフットボールの事を考えるのを休むとか。
これが家庭を持つものとそうでないものの違いでしょうね。

・ロイ、ピザの宅配をする
今週の火曜日、ロイは「ピザ・ハット」の宅配人になりました。どういういきさつでこうなったかというと、ロイがピザハットの宅配人にはチップを払っていなかったことを先月ラジオで告白(ロイ曰く、代金に含まれていると思っていたとか)、それを聞いたピザ・ハットの社長がロイが1日ピザハットで働いてくれれば、これまでのチップの「未払い」を許してあげる、と提案した事からこうなりました。

ロイはまずティファニー・マーチョクさんの家に「ペパロニ」を宅配。マーチョクさんはドアを開けるとロイが立っていたので「本当に驚いた」そうです。マーチョクさんは宅配人の為に$6のチップを用意していたんですが、ロイが「今日のお代はおごりです」と言ったものだから、そのチップも払いませんでした。
その後何軒か宅配しましたが、結局どこからもチップは貰えず。代金がタダなのはともかく、チップを貰えなかったことに対してロイは「代金がもらえないのは良いとしても、雨の中チップも貰えず立ちつくしていたよ。ドライバーの人にもチップを渡さないといけないのに・・・。宅配の人は『チップください』と言った方がいいね」とショックだったようです。
これからは「心を入れ替えて$7チップを払う」そうです。

なんともほのぼのとした話ですが、ただのお遊びではなく、ロイが$5000、ピザハットも$5000寄付するチャリティーでした。チャリティーでもこんな風に楽しくやると話題にもなりますしね。しかしチップの概念は日本人にはなかなか理解しがたいですね。

・RBベル、トレード志願も拒否される
RBテイタム・ベルはトレードのデッドラインを前に、チームに放出を願い出ました。しかしチームは慰留。トレードは成立しませんでした。
ベルのトレードの理由は二つ、オフェンススキームによりあまりキャリーさせて貰えない事、もう一つはkjが復調してスターターから降ろされそうな事です。
これまでベルは平均は4.1ydとまずまずながら、キャリー数が44回と極端に少なく、182ydと満足な成績を収めているとは言えません。そこに来て、レッドスキンズ戦でkjがほぼ完全復調と言える動きを見せ、ベルは先発落ちの危機でもありました。
ベルはデンバーのゾーンブロックで穴をデイライトするタイプのランナーですから、トレード当初からライオンズのスタイルには合わないのでは?という危惧がありました。それもですけどあまりにもキャリーさせて貰えないので、それに驚いて、しかもkjが予想以上に復調し、それまでに先発の座を確定できなかったのがショックだったでしょうね。

RBはかなり売り手市場でしたから、チームとしてはトレードに出してOLなりDBなりを補強出来たらよかったんでしょうが、カルフーンがシーズンアウトという状態で、ベルも放出するのはリスクが大きすぎる、という現状から慰留したと思われます。

デンバーでの契約は残り1年ですから、これでよっぽどのことがない限り今シーズン末での退団は確実でしょうね。
フォスターもイマイチだし、ベルもこの状態。ブライと引き換えにしてはあまりにアレ。ここでもアホGMの目利きの悪さがネックになってしまってます。

・CBエドワーズと契約
バイウィーク明けのバッカニアーズ戦に向けて、CBウィルソン、キース・スミスの2人がケガを負って、CBデプスが心もと無くなりました。そこでLBカリーを解雇し、FAのCBドヴォンテ・エドワーズとサインしました。エドワーズはノースカロライナ州立大出身の24歳。2005年ヴァイキングスにルーキーFAで加入。最初のインターセプトがファーヴから51ydのリターンTDという晴れ舞台を経験しましたが、昨年はケガでIRリスト入りし全欠。キャンプ後にヴァイキングスからウェイバー。それをジャイアンツに拾われましたが、すぐに解雇されていました。
6フィートで背はそこそこですが、ウェイトが182ポンドとやや軽量。フィジカルな部分では不安が残りそうですが、一昨年スペシャルチームで16タックルを記録しており、そのあたりでは確実に働いてくれそうです。

2007 WEEK5 ライオンズ@ワシントン・レッドスキンズ

マッデン08キタ――(゚∀゚)――!!

PC版の最新作をようやく買いました。それほど目立つアップデートはないですけど、今作からワイド画面に対応してるんですよねー。この為にワイドの液晶ディスプレイも導入しましたよ。

ん?ライオンズの試合?あー、そんなもありましたね。

しゃーないなあ。非常にめんどくさいですが、1億2000万人の虐殺マニア(こう書くと非常に物騒ですね)の為にやりますよ、はい。
続きを読む

プレビュー 2007 Week5 @washington

第5週、バイウィークを来週に控えて、ワシントンでのレッドスキンズ戦です。

ライオンズはワシントンでのレッドスキンズ戦で、1939年から一度も勝った事がありません。

続きを読む

【カルフーン、シーズンアウト】Lions Notebook【ウッディ降格】

・カルフーン、シーズンアウト
ベアーズ戦で去年手術した古傷の右ひざを痛めたRBブライアン・カルフーン。検査の結果は思わしくなく、インジュリー・リストに入れられ、シーズンアウトという事になりました。
昨年のドラフト3巡でウィスコンシン大から加入のカルフーン。指名当初から「RB指名の必要があるのか?」と疑問視されていましたが、2シーズン連続のシーズンアウト、しかもそれほどのインパクトを残せずの離脱が続きました。契約自体は来シーズンまで残っていますが、おそらく今シーズンでリリースされるのではないかと思います。またもやドラフティーに"BUST"の烙印が・・・。
代わりにロースターを出たり入ったりしているRBアヴェイオン・ケイソンと三度サイン。またWRミドルトンがPSに移り、CBベッカムとサイン。

・ウッディ降格、ピーターマンスターターに
レッドスキンズ戦以降の先発右Gについて、先発にはスティーブン・ピーターマンが務めるとOCマーツさんは発表しました。
ベアーズ戦ではウッディがわき腹を痛め代わりに先発したピーターマンですが、その働きをマーツさんが高く評価。ウッディは故障も完治しましたが、そのままピーターマンが先発する事になりました。対面へのブロッキングだけでなく、ダウンフィールドに出てのブロッキングが高く評価されたようです。
一方降格されたウッディは「ガッカリしたかと言われればそうだが、ピーターマンの方がいい仕事をしていた、と言うことだ。コーチの決定を尊重しているし、俺もまた戻れるように全力を尽くすつもりだ」と殊勝なコメント。
非常な采配のマーツさんですから、スターターだろうが仕事が出来る方を使うのは当然ですが、この時点で変えてくるのは意外でした。今オフダイエットに成功したウッディでしたが、機動性の点でイマイチだったという事でしょうか。長期契約を見直して1年契約にしたウッディですから、彼も今シーズン限りかも知れません。

一方試合中に交替させられたRTフォスターは、次の試合までは様子を見られるようです。6度もフォルススタートを犯しており、パスプロもイマイチですが、今度の試合で出来が悪ければ、即刻降格との事。控えのスコットがピーターマンほどパッとしなかったんでしょうね。

・Kハンソン先生骨折
キッカーのハンソン先生はシカゴ戦で左手を骨折しました。
キックオフでリターナーのヘスターが97ydのTDを決めたプレイで、タックルに行こうとしたハンソン先生は、左手をフィールドに強打。その際に骨折したようです。どのようにして骨折したのか、という問いに「ヘスターを見失った」と先生は応えています。

もうお歳なんですから、自重してください、先生。
責任感が強いもんで、リターナーが漏れてくると果敢にタックルに行かれますが、どうにも危なっかしいです。

左手はキッキングには何の支障もない為、インジュリーリストなどには載っていません。先生にタックルに行かせないように、スペシャルチームガンガレ。

2007 WEEK4 ライオンズvs.シカゴ・ベアーズ

第4週、惨敗のイーグルス戦から立て直したいライオンズは、ホームに同地区ベアーズを迎えての一戦。
続きを読む
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索