FC2ブログ

2007ドラフト初日まとめ

20070430003311.jpg

「またか」の呆れた嘆息と、「相変わらずだな」の嘲笑を浴びた、ドラフト初日のライオンズ。2巡以降動きも激しかったのでここでまとめてみます。
続きを読む
スポンサーサイト



『2007ドラフト』1巡2位はカルヴィン・ジョンソン!

現在、2007年のドラフトが開催中。

1巡2位で注目を集めていたライオンズ。1位のレイダースがジャマーカス・ラッセルを指名した事で、いろんなオプションが考えられましたが、結局ミレン氏が取った結論は、トレードダウンでも他のポジション獲得でもなく、おなじみのWR指名でした。

カルヴィン・ジョンソン WR ジョージア工科大

Pats Lifeさんところのチャットにいたんですが、「ミレンはやっぱり期待に応えてくれた!」とプチ祭りに。一人だけorzの私。

別にみんなの期待に応えないといけない、というゲームじゃないんだよ>ミレンGM
この男は過去繰り返した失敗を本気で屁とも思っていないようです。各チームとトレードダウンの話もあるにはあったようですが、突っ込んだ交渉にはならなかったとの事、「CJが残っていたら指名するつもりだった」そうです。それもいつからかというと、CJがライオンズのファシリティーを訪問した時から決めていたとか。

しかしCJは何ひとつ悪くありません。「人柄のものすごくいいランディ・モス」という最大限の評価を信じて、ライオンズ・ハイパーオフェンス(仮)の一翼を担って欲しいものです。がんばれ。

とかなんとかしてるうちに2巡も終了。トレードダウンして11番手で指名。

ドリュー・スタントン QB ミシガン州立大 

おーい、ディフェンスはどうするんだ!

また夜にでも更新します。

ドラフト候補者を見てみよう『MLB編』

どう考えても間に合わないドラフティー・チェック。今回はミドルラインバッカーを見てみます。
レノン、レーマン共にイマイチで、ここも補強の重点箇所となっていますが、FAでは全く補強できていません。
続きを読む

ドラフトのシナリオを確認

候補を見るのは結局間に合いませんでした。つーかQBしかやってないじゃん。

全体2位という位置を持ってるが為に、今ドラフトはシナリオが立てやすくなっております。そこで、ちょっと確認してみましょう。

まず、全体1位のレイダースが誰を獲るか、ここにひとつのキーがあります。

①レイダースがカルヴィン・ジョンソンを指名した場合
レイダースがQBを後回しにして、今年の一番の目玉を指名した場合、ライオンズは(トレードダウンの)ジョーカーを失う事になります。トレードダウンの話はなくなり、2位で獲れる選手を獲る、という事になるかと。その場合・・・

a.ブレイディ・クイン
b.ジャマーカス・ラッセル
c.ジョー・トーマス
d.ゲインズ・アダムス

の四択になるでしょう。トーマスとアダムスはこの位置で獲るにはやや勿体無い気が。となると、首脳陣が評価をしていたクインになるのか・・・

②レイダースがCJ以外を指名した場合
この場合、さらに選択権が増えます。

Ⅰ.トレードダウンする
CJに食いつくチームはかなりあります。なかでも表に浮上して来ていたのが、4位のTB、8位のATL。ATLはオーナーが地元ジョージアテックのCJを熱望している、という噂もあります。DENも興味を示しているという噂もありましたが、さすがに21位は下がり過ぎかと。TB、ATLの2チームに絞れたと見まして・・・
(1)TBとトレード
この場合ゲインズ・アダムズ一本でしょう。このためのトレードと言っても過言ではない。これで得た2巡でMLBなりQBなりを指名出来ます。
(2)ATLとトレード
この場合、残っている選手でニーズに一致するのは、おそらくLBのパトリック・ウィリスかと。ウィリスにはマリネリさんがゾッコンだという話もあります。


Ⅱ.トレードダウンしない
じゃあトレードが上手く行かなかった時はどうするか。TBは「CJ欲しいのは欲しいけど、落ちてきたら獲るよ」という態度をとりそうな気がしますし、ATLはヴィックがQBの限りWRは誰でも関係ないんじゃね?と考えてる気がします。そうなるとこっちの思惑はどっちらけてしまう訳で。そうなると、ここで獲れる選手を獲る、という①の状況に戻る訳です。
しかし異なるのは、目玉であるCJが残っている事。

.カルヴィン・ジョンソン指名
.その他を指名(①の選択肢へ)
.はドラフト的には正直行って負けを認めるようなもんでしょう。だってここ4年で3人WR指名して、2人バストという失態をやらかして、またWR指名すんの?って話ですよ。確かにCJは魅力的です。彼とロイのツインタワーは見てみたい気もします。しかーし、チャールズ・ロジャースも当時は匹敵するくらいの注目度だったはず。彼のようにケガを繰り返してあぼーん、とならない補償はありません。
となると.でCJ華麗にスルー、というくらいがカッコイイのかもしれませんが、体裁もヘッタクレもないアホGMがやる事ですから・・・
CJ指名してから他チームへトレード、なんて話も出てますが、それじゃあんまりだろうし。

チームの補強のシナリオとして最良なのは、②-Ⅰのトレードダウンが成立する事です。増やした指名権で穴を確実に埋めたいところ。
でも一番有り得そうなのは、結局②-Ⅱ-のCJを指名しなきゃならんシナリオ。各モックドラフトでもCJ指名にしてる所が多くなってきたような気がします。

あっ、最悪のシナリオを忘れていました。




③2位という好位置で、順位に合わない「誰?」という選手を指名する


奴がやらかす可能性は十分にあります。

とりあえず③以外なら何でも良くなってきた。

ドラフト候補者を見てみよう『QB編』

正直な所、1巡候補しか見ていませんでしたので、補強が必要な所で、2~3巡で指名できそうな選手を見てみたいと思います。
今回はQB編。
続きを読む

現ロースターからドラフトニーズを確認

ドラフトまであと数日。もうそんな時期?って感じです。ほとんどドラフトについて何にもやってませんでしたが、現在のロースターからドラフトニーズを確認してみたいと思います。
続きを読む

2007シーズンスケジュール決定

リーグから今シーズンの日程が発表されました。
先に明らかになっていたプレシーズンの日程も決定。9月9日のベンガルズ戦で開幕です。

それではレギュラーシーズンの日程を見ていきましょう。

WEEK1:Sept. 9 at Oakland, 4:15
のっけからいきなりリーグ最弱決定戦(昨シーズン終了時の)が実現ですよ!誰も注目しなさそうなカードをいきなり組むなよ。レイダースはディフェンスは意外と強いので、オフェンスが出ないとマズイですが、ここぐらいは勝たないと1勝も出来ない可能性が。

WEEK2:Sept. 16 Minnesota, 4:05
ホーム開幕戦。ここはまだ補強が進んでなくて、どんなチームになるか見えてきませんね。QBが決まらなかったら付け入る隙はありそうですが、ライオンズはここ15試合で14回ヴァイキングスに負けています。無いな・・・。

WEEK3:Sept. 23 at Philadelphia, 1:00
来ました地区外強豪と対決第一弾。やたらFA補強してますし、アウェーだし。

WEEK4:Sept. 30 Chicago, 1:00
NFCチャンプはブリッグスが抜ける可能性があるとしても、ディフェンスはそれほど弱体しなさそうです。ホームで何とか勝ちたい所だけどなあ。

WEEK5:Oct. 7 at Washington, 1:00
ここもイマイチ良く分からないチーム。まあアウェーだし。

WEEK6:Bye
もうオープンデイトですか。しかしそろそろケガ人も出てそう(ブライアントとか)なので、いい頃合かも。

WEEK7:Oct. 21 Tampa Bay, 1:00
ライオンズディフェンスの本家との対戦です。一昨年以来ですか。DEホワイトが古巣相手に頑張ってくれるといいなと。

WEEK8:Oct. 28 at Chicago, 1:00
寒くなる前にシカゴの試合が済んでくれるのは助かりますね。しかしこの時期に早くもスィープが決まってしまうのもアレ。

WEEK9:Nov. 4 Denver, 1:00
地区外強豪対決第2弾。ブライがやたら張り切ってくるのではないかと心配です。

WEEK10:Nov. 11 at Arizona, 4:15
コーチが変わって一新のカーズ。まだ我々のグループから抜けて貰うのは寂しいので、ここらで引きとめておきたいです。

WEEK11:Nov. 18 N.Y. Giants, 4:15*
この週からフレキシブルスケジュール。注目度次第でサンデーナイトに昇格の可能性があるようですが、まあ期待しなくてもいいでしょう。
ジャイアンツはチキさんがもういません。なんかガタガタしてくれてたらいいのに。

WEEK12:Nov. 22 Green Bay, 12:30
サンクスギビングデーで前週から中3日。相手はパッカーズ。地区内一個ぐらいは勝ちたいところですが、感謝祭にはここ3年連敗中。パッカーズにも3連敗中。いいデータは無いですね。

WEEK13:Dec. 2 at Minnesota, 1:00*
もう一度言いますが、対ミネソタで、ここ15試合14敗しています。またミネソタでは13試合して12敗しています。

WEEK14:Dec. 9 Dallas, 1:00*
去年は最終戦、@ダラスで帳尻アップセットをやらかしたんですよね。ホームならなおさら、という気がしますが。

WEEK15:Dec. 16 at San Diego, 4:15*
シーズンも佳境に入ったこの頃に、最強豪のチャージャース戦・・・。うちは関係ないと思われますが、向こうはプレイオフ争いの真っ最中と思われます。しかもSDまでの長旅。有り得ない。

WEEK16:Dec. 23 Kansas City, 1:00*
ホーム最終戦はこれまた強豪。ラリー・ジョンソンのランが止まる画が全く思い浮かびません。

WEEK17:Dec. 30 at Green Bay, 1:00*
歳も押し迫った最終戦に@グリーンベイって・・・。昼間の試合とは言え、天気次第では軽く氷点下でしょう。しかもまた今年もファーヴ最後の試合どうので盛り上がってそうで鬱です。何度も書いてますが、ライオンズはファーヴがパッカーズのQBになって以来、ソルジャー・フィールドで勝った事がありません。気を良くしたファーヴは多分来年も現役ですよ。

ざっと見た感じ、良くて5勝、悪いと2勝ぐらいになりそうな気がします。スケジュール的にもかなり厳しいですね。全チーム当たるNFC東とAFC西が結構強豪揃いですからね。
しかしホームとアウェーをここまでテレンコにしなくても。ホーム連戦があるのは13、14週だけです。極端な内弁慶のライオンズは、これでは波に乗ろうにも沖に漕ぎ出す事も出来ません。他のチームは大抵ホーム連戦が2度はあり、中には3連戦があったり、連戦が3回というチームもあります。1回だけなのはウチとブラウンズとテキサンズとレイダース。
なんだ弱いチームへのペナルティか。納得した。

かなりのキツいスケジュールですが、Detnewsのマイク・オハラは10-6も不可能じゃない、などと妄言。その条件として、連敗しない、地区内で勝つ、アウェーで勝つ、などを挙げています。それが出来たらこんな惨状にはなってないだろ・・・。


ミニキャンプ開幕

2007-0410-dm-lionmini0348.jpg


OTA(Organaized Team Activities)通称ミニキャンプが10日開幕しました。コンディションの調整とポジションに分かれての基本的なコンビネーションが目的です。

ボランタリーなワークアウトですが、ほとんどの選手が参加。しかし欠席したメンバーはどうやらもうチームに戻る気がなさそうです。

QBマカウンが欠席。彼はレイダースへのトレードが噂されていましたが、自身もチームにトレードを申し入れたようです。キトナの下ではスターターになる可能性が少ない事が理由のようです。
これでレイダースへのトレードが現実味を帯びてきました。本人がトレードを望んでいる事で、放出の口実も出来たってもんです。先発候補を探してるチームは他にあるでしょうが、もうレイダースからオファーがあるんだから、それを受けない手はないですよね。ただ、レイダースには出来ればQBを指名してもらいたいのが本音です。なぜなら2番手にカルヴィン・ジョンソンが残っていた方がトレードダウンするにしろ、選択肢が多くなります。とすると、レイダースには出来るだけ吹っかけて、他のトレード先を探すというのが一番いい手かもしれませんね。

しかしながら、どっちにしろドラフトでのQB指名の可能性がかなり高くなってきました。マカウンが居なくなると、残っているQBはキトナとオーロフスキーの2人だけ。レイダースが誰を指名するか分かりませんが、2番手にラッセルかクインのどちらかは少なくとも残っている事になります。1巡で指名しないにしても、初日での指名は間違いなくあるでしょうね。

またWRマイク・ウィリアムズも欠席。減量を指示されているマイクですが、出てこないって事は全然減ってない、もしくはさらにピザっていると思われます。去年のOTA開幕時(その時のエントリはコチラ)には15ポンド減らしたとか言ってましたが、今年はそんな事もほざけないほど見た感じ大きいんでしょう。
これでシーズン前のリリースがほぼ決定的になったようなもんですが、問題なのは彼のサラリー。さっさとカットしたい所ですが、すぐ切ると今年$5.7ミリオンもの大金がヒットします。屁のツッパリにもならん奴の為にキャップスペースをこんなに使われるのは全く話になりません。6月1日まで待てば今年のヒットは1.9ミリオンに抑えられて、後は来年に先送りできます。正直モノにならないのは分かりきっていますが、ギリギリまで待ってあぼーんという事になるでしょう。

他の欠席者はDTの2人、レディングとロジャース。レディングはタグを貼られて未だ交渉が出来ていないため不参加。これは去年のバッカスと同じ。ロジャースは膝と肩のリハビリ中。彼もトレード対象か?という噂もありましたが、ラジオのインタビューに答えて「チームに戻って今年はいいインパクトを残すつもりだ」とチームへの復帰を明言。またマリネリさんと不仲なのでは?という質問には「俺とロッドの関係は何の問題もないよ」と否定しつつも、「俺は俺のやり方を主張してきただけ。これからのスケジュール?分からんな。膝を治す為に出来るだけ長くここでリハビリするつもりだ」とあくまでオレ流を貫き通すつもりのようです。
うーん、本人は戻ってやるよぐらいに考えているようですが、マリネリさんの方が「要らない」と追い出す可能性もこの態度だったら有り得ますね。微妙だなあ・・・。

リスフラン関節の手術からのリハビリ中のRBケヴィン・ジョーンズ。ワークアウトにはまだ参加出来ていませんが、ジョギング出来るぐらいまで良くなっているようです。今季新加入のテイタム・ベルとTJ・ダケットについては、「テイタムはエヴリダウン・バックだけど、TJはそうじゃないね。(彼らを獲ったのは)チームは保険が必要だったんだね。傷ついたかって?馬鹿言うなよ。俺は健康だし"The guy"だぜ。何の問題もないよ」
テイタムがエヴリダウン・バックなら出場機会をシェアするのか、と聞かれると「いや、彼は俺が疲れた時代わるだけだ」とあくまで自分がエースだという事をアピール。
まあkjは黙ってるようなタイプじゃないですからね。これぐらいのことは言うでしょう。ただ開幕に間に合うのかどうかはちょっとわからないですね。

プレシーズンの対戦相手が決定、他

・今シーズンのプレシーズンゲームの対戦相手が決まりました。細かい日程はまだ未定。

2007 DETROIT LIONS PRESEASON SCHEDULE
(*** DATES AND TIMES SUBJECT TO CHANGE ***)
PRESEASON DATE OPPONENT NETWORK TIME (ET)
Week 1 August 9-13 CINCINNATI BENGALS WKBD-TV CW 50 TBD
Week 2 August 16-20 at Cleveland Browns WKBD-TV CW 50 TBD
Week 3 August 23-27 at Indianapolis Colts WKBD-TV CW 50 TBD
Week 4 August 30-September 2 BUFFALO BILLS WKBD-TV CW 50 TBD

ホームでは初戦と4戦目にベンガルズ、ビルズと対戦。アウェーはブラウンズとコルツです。

ブラウンズとビルズは毎年恒例の対戦ですが、後はベンガルズとコルツという強豪チームが相手となりました。

コルツのHCのダンジーさんはマリネリさんとバックスで同僚であり、プライベートでも親交があるようです。主力級の出場が多い3戦目に、スーパーボウルチャンプ相手にどれだけやれるか、これで今シーズンがある程度見えそうです。
ビルズのOCに就任したフェアチャイルドさんは、マーツさんがラムズのHC時代のOC。プレシーズンとは言えノーガードで撃ち合う試合になりそうで、非常に楽しみです。

・マカウンにレイダースが触手?
QBジョシュ・マカウンのトレードのオファーをレイダースが出しているのでは、というウワサが出てきています。
レイダースはライオンズの前のドラフト1位を持っていますが、それをQBで使うよりも、WRカルヴィン・ジョンソンを獲ってQBはベテランを、と考えているようですが、FAには目ぼしいのも残っていず、ランディ・モスあたりをダシに使ったトレードもまだ上手くいっていません。そこで、先発経験がありながらキトナがムダに丈夫な為に燻っているマカウンに白羽の矢が立った、という事のようで。
ライオンズ的には、WR獲りたい病のミレン氏がCJを獲るのを確実に阻止できますし(CJは見てみたい気もしますが・・・)、ラッセルかクインを獲る合法的な理由も出てくるっていう話です。
しかし、QB獲るのもかなりのリスクであります。全体4位で過度の期待を与えすぎてアレでしたから。それよりもトレードダウンしてDEアダムズあたり獲った方がリスクは少ないような気がします。

しかしジョーイ君はいきなり先発やらされて潰れましたが、今年QB獲ったら、キトナの下で1~2年勉強させて、という事も可能な訳です。キトナはパーマー育てた実績もありますからね。
まとまるとすれば見返りはどの程度でしょうか。また5巡くらいかなあ。モスは絶対に要りません。

正直どうなるのか現状では全く見えてこないドラフト。このトレードの可否でその姿がボンヤリと見えてくるかもしれませんね。

・デマリングはコルツに復帰
コルツから期待されてライオンズ入りするも、器用貧乏な所を見せただけだったOGリック・デマリング。結局古巣コルツへ出戻る事になりました。不本意な2シーズンを降り返って「自分の能力通りのプレイが出来なかったかも知れない。この2シーズンは自分自身もライオンズも下降させてしまった。このチームにフィットしたかどうかは分からないが、チャンスを与えてくれた事には感謝している」と殊勝な言葉。
システム的にもイマイチ合わなかったようですね。デマリングには気の毒ですが、良く考えずに獲ってきたウチのGMが悪かったようです。バックアップに戻ってやり直しでしょうが、古巣に戻ってガンガッてください。

エイプリル・フール版:今シーズンはOCマーツさんがチャレンジ・コール

アリゾナで先週オーナー会議が行われ、様々なルール変更が決定しました。
「インスタント・リプレー」は昨シーズンまでは「仮運用」ということになっており、数年毎の会議でその是非を検討される事になっていましたが、今シーズンから先は「恒久的に」採用される事になったようです。
また「レッドフラッグを誰が投げるか」、つまりチャレンジ・コールをチームの誰がするかも議題に上り、試合開始前に届け出ればヘッドコーチ以外のコーチでもコールを出来るように決定しました。ただその場合はヘッドコーチに権利を戻すことは出来ない、などとなっているようです。

これを受けて、ライオンズは今シーズン、OCマーツさんがレッドフラッグを持つ、という可能性を考えているようです。
HCマリネリさんは「昨シーズンは投げるかどうか考えて躊躇した場面がいくつかあった。こういうものはあまり考えずに思い切り良くやった方がいいのかもしれないが、私はあまりそういうタイプでもない。その点マイクの思い切りの良さにはいつも感心している。彼に任せた方がうまく行くのではないかとスタッフで検討している所だよ。」と話しています。
またGMミレン氏も「マイクがヘッドコーチをやりたがるのはフラッグを投げたいからだと思うんだよ。これを彼に任せればもうしばらくはデトロイトにいてくれるのではないか」とマーツさん引きとめの一環である事も示唆しています。

当のマーツさんは
キサイティングだね。オーナー方はとてもいい決断をされたと思う。
まから血圧が上がりそうだが、心臓に負担になるのでなんとか心を落ち着けようとしたところだ。
レイコールだけではなかなか物足りないものを感じていたので、ロッドにも大変感謝しているよ。
プレイシステムは非常にエキサイティングだ。これが無ければ勝負事とは言えないね。
ーク!じゃなかった、ジョシュ!(マカウンの名前を間違えたらしい)お前も俺のフラッグの速さを良く見とけよ!」と今から興奮を抑えきれない様子です。




続きを読む
         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索