FC2ブログ

レシーバー・レーティング

いつも精緻なデータを提供されているキヨタさんの「NFL勝敗表(希望)」の補足とか。そちらで先週、「レシーバー・レーティング」なるものを紹介されていました。QBを評価する時はパス獲得ヤード、TD、インセプの数もですが、QBレーティングが重要視されています。一方レシーバーはというと、キャッチ数、獲得ヤード、TD数が主で、総合的な評価というのがありません。そこでキャッチ数、獲得ヤード、TD数をはじめ、そのレシーバーに投げられようとした回数(これを数えたのは凄い)、そのレシーバーに投げられてインセプされた数などを総合的に指数化したのが、「レシーバー・レーティング」という訳です。

それではこのランキング上でライオンズ選手はどの程度にいるか、見てみたいと思います。

最初にランクされたのは、52位のマーカス・ポラード。78-46(試投-キャッチ数)、516ヤード。3TDでインセプなし。ファンブルが1回という記録です。レシーバーでは唯一シーズン通じて出場し、ここ数年では一番の記録を残しました。TDがやや少なく、キャッチ成功率がやや低いような気がしますね。ああ、そうか。成功率が低いのは、QBがヘボすぎるという大きな原因がありましたね。

次はいきなり飛んで100位のスコッティ・ヴァインズ。71-40、417ヤード、TDなしのインセプ1、ファンブルなし、という記録。シーズン中盤のWR負傷禍に契約しプライマリレシーバーに上り詰めましたが、如何せんTDが無いのがいけません。まあ、TDがないのはQBがヘボすぎ(ry

つづいて107位のロイ・ウィリアムズ。94-45、687yd、8TD、8インセポ、ファンブルなし。一応エースレシーバーですので、試投も多くなってますが、成功率はかなり低くなってます。またチームトップの8TDを記録してますが、その一方でインセプも8個と多いですね。勝手にコケてインセプされることもありましたからね。とは言え、こんな成績なのはやっぱりQBがヘボ(ry

最後は127位のマイク・ウィリアムズ。57-29、350yd、1TD、2インセプ、2ファンブルでした。ポロポロ落球も多く、ファンブル2回もこのキャッチ数からすれば多いでしょうね。ドラ1ルーキーとは思えないポテンシャルですが、まあ結局はQBが(ry

これに今年コーリー・ブラッドフォードが加わりますが、彼はこのランキングでは74位。66-34と成功率はやや低いですが、5TDで3インセプ、ファンブルなしの確実さを期待したいものです。

まあ、結局は入れ替わったQB陣がしっかりするかどうか、に掛かってるんじゃないですかあ?
(結局それか)
スポンサーサイト



OTA終了

W杯効果を狙って上げたネタエントリでしたが、来訪者はブックマークからと、pats lifeさん経由(いつもありがとうございます)がほとんどと、あまり効果はありませんでしたね・・・。という訳でクロアチア戦の引き分けは豪快にスルーの方向で。

ほんとネタがねえなー、と思ってたらライオンズのOTA(Organized Team Activity)がいつの間にか終了しました。

●FBシュレシンジャーは、今年のオフェンスに可能性を感じているようです。今年12年目のシーズンとなるスレッジさん。ルーキー時の'95シーズンにはバリー・サンダースが1500ydを走り、ハーマン・ムーアとブレット・ペリマンの2人で231キャッチを記録するようななかなかの強力オフェンスでしたが(チームが強かったとかではないが)、この所のオフェンスはと言うと、'02から28位、32位、24位、27位とがっつり低迷。このような状況から、今年マーツさんがOCに就任、リズミックオフェンスの確立での浮上を目指しています。
ライオンズのオフェンスの歴史を知る漢・スレッジさんは「俺たちのオフェンスが5年間腐っていたという事実は、やるべき何かがある、という事だと思うんだよ。選手たちはその事に気が付いてるよ。その証拠にみんなここにいるからね。俺たちは今シーズンの成功の途上にいるんだ。みんな必死にやるべき事を欲している。今年は俺たちが次のレベルに達するためのシーズンになるかもしれないね」と話しています。元々与えられた仕事を黙々とこなす職人タイプの選手でしたから、チームのスタイルや方針に口を出したりする事はあまりない彼ですが、長年の低迷にはかなり鬱憤もあったことでしょう。それが今シーズンのオフェンスの変革で、自分の仕事であるランブロッカーというポジションも失われる可能性もありながらも、新たなやる気を起こしているようです。Kハンソンとスレッジの数少ない昔を知るベテランが、若いチームメイトを下支えしていく事を期待したいですね。

●各ポジションのスターター争い
・RBはケビン・ジョーンズが先頭を走り、アーレン・ハリス、アートース・ピナーが追っています。
・QBではジョン・キトナがオーロフスキーとマカウンを大きく引き離してリード。
・オフェンスラインの現時点でのスターターは、LTバッカス、LGヴァーバ、Cライオーラ、RGウッディ、RTタッカー。昨年のRTのスターター、バトラーはヴァンビューレン、ストークス、デマリング、ルーキーのマチュアらと共に苦しんでいます。
・レシーバー陣では、ロイが頭一つ抜けた存在。しかしロイは209ポンドまでの減量を命ぜられて、クッキー・アイスクリームとドリトス断ちをしているそうです。「高校2年から209ポンドになんてなったことないよ。ちょっとハードだね。でもこれで次のレベルに達する事ができるだろう。俺たちのオフェンスの持ってる武器の可能性を見たら、みんなきっと興奮すると思うよ。プレシーズンが来週始まってくれないかな」とロイは話しています。ブラッドフォードがそれに続き、チャールズ、マイク・ファーリー、グレン・マルティネスらがそれを追っています。

・ディフェンスでは、DLのスターターはDTがロジャース、コーディ。DEはホールとカリムバ・エドワーズ。デヴリーズ、トヨカ・ジャクソン、ベルがバックアップに。
・LBはケガから回復すれば、ミドルにボス・ベイリー、SLBがレーマン、WLBにルーキーのシムズ。しかし現状ではパリス・レノン、ジェームス・デービス、アレックス・ルイスがスターターを務めています。
・CBはブライとブライアントが磐石。去年みたいにケガがあればいいですけど。
・SSケネディのパートナーとして争っているのは、バシールとルーキーのバロックスとデンプス、ホルト。

これからトレーニング・キャンプが始まるまで2ヶ月近く、ニュースが何も無さそうです。シーズンインが待ち遠しい・・・・

W杯各局公式イメージソングが全然イメージしてない件について

手を使っちゃいけないというケチ臭いルールのフットボール大会が、ドイツで鋭意開催中ですね。足でゴロゴロ転がすのはめんどクサイでしょうから、手で持って走っちゃえば早いのに。点数も1点だけなんて辛気臭いこと言わずに、6、7点入れちゃえばいいんですよ。あ、どうせなら丸いボールだと投げるのに都合が悪いし、楕円形のボールとかにしたら、変な所に転がっていって面白いんじゃ(ry

日本代表は残念ながらオーストラリアに完敗しちゃいました。試合観てたら明らかに力負けって感じでしたので、しょうがないんじゃないですか。弱いチームを応援するのは慣れてますのでドントウォーリー。

結果はともかく、まあ相変わらずメディアの騒ぎ様にはちょっくらムカっとしますな。チームの力量を客観的に評価できずに「ガンバレ!ニッポン!」しか言ってないのは、明らかにメディアとしての役割を果たしてないと思うんですが。
その点昨日の試合後、NHKの岡田、山本の両氏の解説は面白かった。アナが「次のクロアチア戦までに日本代表は何をすればいいんでしょうか!」って煽っても、「5日じゃ何にもできないでしょうね」とやたらとネガティヴw 「じゃあ星取表を見てみましょう」とフリップを出されても「1試合しか終ってないですからね。見てもしょうがないでしょう」とバッサリ。ちょっとワロタ

あとムカツクのはオレンジレンジの唄が脳内でリフレインしてる事ですね。負け試合の後にはあの能天気なメロディが、非常に気持ちをダウナーにさせるような気がするんですが。タイトルは「チャンピオーネ」ですが、相変わらず彼らは何を歌っているのか全く分からないので、本当にテーマソングとして成り立ってるのかが疑問ですね。あの曲で気持ちが熱くはならんと思うんですよ。

NHKだけでなく、各局のテーマソングも軒並みアレ。サッカー好きで知られるGAKU-MCの日テレはともかく、他はまず揃って人選からして疑問。矢井田瞳とサッカーの接点は何?それとテレ朝はSMAPさんですが、曲名が『buzzer beater』。えーと、サッカーにブザービーターってありましたっけ?あんな適当な終り方するスポーツで、そういう概念はないと思いますが。
どの局(曲)も明らかに大きなスポーツ大会に併せてCDを売ろうという魂胆が見え見えですね。CD業界はこんな売り方しか出来ないからCDが売れないんじゃないですかね。

えーと、結局何が言いたかったかというと、
大きなスポーツイベントに便乗して、ネタ上げとアクセス数を上げたい
っていうだけなんですけどね。はい。

マイク・ウィリアムズ、遅刻で早退させられる

オフシーズンでネタがないのをいい事に、すっかり更新をサボってる間に、ライオンズはFales Startさんの所で、しっかりネタ球団として認定を受けてしまいました。6/3付けのネタはこちら。完全に他人任せです。

そうは言っても、デトロイト・ライオンズの日本におけるスタンドアウト・サイトを自負する(根拠のない自信)当方としては、そうほっておく事も行きませんので、そろそろ更新すっかな~(嫌々かよ)

などと考えてる間に、いいネタが。

WRマイク・ウィリアムズが、先週木曜日の朝ミニ・キャンプから帰宅を命ぜられました。その理由は、前日から痛めていたハムストリングのケアを怠った事と、朝のミーティングへの遅刻。木、金と練習を休みましたが、今週月曜日からは練習に参加しているようです。
HCマリネリさんは、早退が罰則なのかどうかは明言せず、既に練習に参加している事を強調するだけでした。

マイク、またお前かー!
ルーキーイヤーにTE並のぽっちゃり体格で現れたり、シーズン中のミーティングに遅刻したりと、どうにもやる気のない印象の強かったマイクですが、今年は最初のミニキャンプにかなり体を絞って参加するなど、心を入れ替えたのか、と思ってましたが、あんまり変わっていなかったようです。マーツさんにちょっと誉められたからって、調子に乗ってるんんでしょうか。
サボる連中をビッシビシやるのには異存はないですが、心配なのはチームが着いて来るのかどうか、という事。去年までのぬるま湯に慣れきったメンバーがまた造反する可能性もあります。コーチ陣から押さえつけるだけではまとまらないでしょうから、選手の中からまとめ役が出てきて欲しいもんです。

WRユニットは、マイクとヴァインズが軽い怪我で練習を休み、ロイとブラッドフォードが1st、グレン・マルチネスとファーリーが2nd、チャールズとドラモンドが3rdチームとしてポジションを競っているようです。

・LBベイリー、レーマンは回復間近
昨シーズンケガで戦線離脱した、LBのボス・ベイリーとテディ・レーマンですが、2人のリハビリは順調。だいぶよくなって来ているようです。

アキレス腱をケガしたベイリーですが、まず自然に腱を治癒させる事を試みましたが、そのままにして置くと最後には腱断裂に至る恐れがある、との事で手術に踏み切りました。結果的には故障箇所を完全にリフレッシュ出来たようです。
入団以来ケガがちのボスですのが、これで不安解消できていればいいですが。
レーマンは足の怪我の状態について「日に日に、一週一週良くなって来ている」と話しています。しかし7月27日のトレーニングキャンプ開幕に間に合うかは、ちょっと分からない、との事。

ミドルラインバッカーだったアール・ホームズが退団。広範なパスカバーを求められるDCドニヘンさんの"タンパ-2"ディフェンスの採用により、ミドルにはスピードのあるボスをコンバート、ストロングサイドにはテディを、そしてウィークにはドラ1ルーキー・シムズを据える事を、首脳陣は構想しているようです。
それを叶えるためには、この2人のケガの完治が絶対条件となってきます。

Gロス・ヴァーバと契約、QBショーン・キングを解雇

・ライオンズはOGロス・ヴァーバと1年契約を結びました。
ヴァーバはプロ10年目の32歳。1997年パッカーズにドラフト1巡で入団。その年にはスーパーボウルにも出場しています。都合4年をパッカーズで過ごした後、2001年にFAでブラウンズに入団。左Gで当初先発しましたが、シーズン終盤に左Tにコンバートされました。2002年はそのまま左Tで全試合先発。翌03年はプレシーズンでのケガで全休。04年は全試合左Tで先発出場しましたが、昨年はシーズン前にトレードを申し入れましたが、受け入れられず解雇、プレイはしませんでした。
パッカーズ時代にオフェンスラインコーチのバイトルに指導を受けています。その縁での契約と思われます。
左T、左Gでの実績がありますが、デマリングと今年加入したストークス、タッカー、ホプソンらと左Gのスターターを争うことになるでしょう。もし1年のブランクが影響なければ、他のメンバーよりも一歩抜きん出た存在です。まあ、しかし同じポジションで今年4人目の補強ですか。よっぽどピンと来る素材がいないんでしょうか。

・今年契約したばっかりのQBショーン・キングを解雇しました。
キトナ、マカウン、オーロフスキーとロースター入りを争っていましたが、早くも脱落です。キトナがロッカールームで存在感をあらわし始めたり、オーロフスキーも成長が見られる中、このベテランが3番手までに残るのは難しかったようです。




         
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索