FC2ブログ

「未練・或爺杯モックドラフト2021」開催要項

先程『未練・或爺杯モックドラフト2021』のエントリーを開始しました。エントリーは下記のリンクから。

https://t.co/iPOo5xcA2W?amp=1

『未練・或爺杯モックドラフト2021』
日時 2021年4月24日(土)18:10配信開始 18:30指名開始
会場 オンラインにて配信(Youtube Live)

・『未練・或爺杯モックドラフト2021』とは?
各チーム担当をそれぞれ決め、その担当者が一堂に会してリアルタイムで行う「大人のドラフトごっこ」です。
リアルタイムで行う事で指名権トレードが実現。各チーム間の駆け引きが繰り広げられます。
また、普段リアルではなかなか会う事が出来ないNFLファンと交流を深める事も、当イベントの楽しみの一つとなっています。
1.指名概要
・指名は1巡のみ行います。
エントリーは「一人につき1チーム」となります。複数チームの所有は出来ません。また1巡に指名権を二つ以上持っているチームも一人で担当して頂きます。
1巡指名権が無いチームもありますが、トレードアップで指名権を得る可能性もありますので、全32チームの担当者を募集します。

2.参加条件
「twitterのアカウントを所持する方、もしくは今後取得出来る方」ならびに「当日リアルタイムで参加可能な方」
指名やトレード交渉等を基本Twitterで行いますので、前者は必須条件です。また当日急に参加出来なくなった、という状況には対応しますが、リアルタイムで行うのを売りにしておりますので、当日の予定を空ける事が出来る事を参加条件にさせて頂きます。

3.参加優先順位
優先順位無しの完全フリーです。どなたでもエントリーいただけます。

4.エントリー
エントリーは統一し一度のみです。
4月3日(土)よりモックドラフト当日まで
エントリー方法は、応募フォーム、TwitterでのDMとなります。

どなたでもご参加できますので、エントリーお待ちしております!
スポンサーサイト



2020 NFL Draft Day2 Detroit Lions Picks

2017年のドラフト1巡であるLBジャレッド・デーヴィスに対し、ライオンズは5年目の契約オプションを破棄する事になりました。

これでデーヴィスは今シーズン終了後に無制限FAとなります。
1巡21位でライオンズから指名され、ディフェンスの中心となる事を期待されたデーヴィスですが、これまでの3シーズン、その期待に応える活躍が出来ているとは言い難い感じです。昨年は12月にIR入りした為11試合出場に終わり、63タックルに留まっており、アサイメントミスやタックルの稚拙さなどが指摘されています。

まだ1シーズン残っているとはいえ、今シーズン後の再契約はかなり難しいかと思われます。活躍しなければ再契約する必要性は低く、活躍したらしたでサラリーが高騰し再契約は難しくなるでしょう。

それにしても1巡選手の歩留まりの悪さは異常。2010年以降1巡指名選手でルーキー契約の5年過ぎて再契約したのはフランチャイズタグを貼られて1年残留したDEジギー・アンサーのみで、他は5年目終了後か4年目オプションを破棄して流出という惨憺たる状況。イーブロンやリーフ、トムリンソンらが他チームでも活躍しているのを思えば、育成と起用方法が下手くそ過ぎるという事でしょう。そりゃ強くならんわ。

今日は2020年のNFLドラフト。2日目、2巡と3巡のライオンズの指名選手を紹介します。

2巡3位(全体35位) RBデアンドレ・スウィフト D'ANDRE SWIFT ジョージア大 5’8” 212lbs

ニック・チャブ、ソニー・ミッチェルら近年優秀なRBを輩出するジョージア大のエースRB。今年のドラフトのRBは層があまり厚くない印象でしたが、その中でトップ評価を受けていたRB。
5フィート8インチと小柄ながら、強靭な下半身から繰り出すスピードとクイックネス、鋭いカットとジュークムーヴでタックラーを躱す。ハンズも良くパスレシーバーとしても優秀。
ボールセキュリティにやや問題があり、オープンに展開するスピードは平凡で、一発TDのようなホームランヒッターではない。
これまで大きな怪我はないが、細かい怪我で欠場はあり、サイズ的にプロのヒットに耐えられるかが心配。

ドラフト中継で彼のハイライトよりもムキムキマッチョ親父が先に映ってバズりました。

彼のお父さんダレルはフィラデルフィアでジムを経営。インスタグラムを見ると独自のトレーニングメソッドで多くの若い方を育成する様子が掲載されていますが、このトレーニングがスウィフトの足腰の強さの源になっているのでしょう。

怪我がちのエース、ケリオン・ジョンソンとの1-2パンチでオフェンスを強化。鱒の後輩というのも良いですね。非常に楽しみです。

3巡3位(全体67位)EDGE ジュリアン・オクワラJULIAN OKWARA ノートルダム大 6’4” 252lbs
ライオンズDEロミオ・オクワラの実弟。ソフォモア時に8サック12.5TFLと活躍。しかし昨年は大腿の骨折で9試合出場、5サックに終わる。

理想的な身長で手足が長く、スピード豊かなエッジラッシャー。テクニック的には成長の余地はあるが、ブロッカーを上手く突き放す事ができる。
ダウンフィールドに下がってのパスカバーも上手く、2INTを記録。

昨年の怪我でプレドラフトのワークアウトをほぼ出来ず。現役時代には230ポンド程度でプレイしており、250ポンドまで増量した現状で同じスピードでプレイできるかどうか。

GMクインは3巡3位までオクワラが残っているとはとても思えなかったとコメントしています。トレードアップしてオクワラを取りに行く手もあったが、他にリストしていたプロスペクトも4〜5人残っていたのであえてアップせず。すると幸運にもオクワラが残っていたので、指名は簡単だったと。

現在NFLでプレイしている兄弟は複数いますが、同じチームに所属しているのはSEAのグリフィン兄弟とPITのワット兄弟(FBデレック、LBT.J.)に次いで3組目になるか。ニーズであったエッジラッシャーで、バリューピック、兄弟でプレイという物語性もあり、大変期待出来ると思います。頑張って欲しいです。

3巡11位(全体75位)Gジョナ・ジャクソン Jonah Jackson オハイオ州立大 6’4” 310lbs 
全体85位をコルツに送って10位トレードアップ。条件はライオンズが85位、149位、182位でコルツから75位と197位。

指名したのはオハイオ州立大のGジャクソン。
ラトガース大学でレッドシャーツ含め4年間所属した後、オハイオ州立大に転向。先発LGの座を奪うと、Big10のファーストチームに選出。

ラトガース時代には右G、Cもプレイしており、インテリアライン3つともプレイ出来る万能性が魅力。サイズは理想的で腕の長さも十分。PFFによると大学時代1,020回のパスプレイで1回しかサックを許していないとの事。ラッシャーやブリッツアーを見つけて処理するのがうまい。ランゲームでは穴を作るのにセカンドレベルまで到達出来る。

テクニックは発展途上で、時折ハンズの正確性を欠くプレイが見られる。セットする際の姿勢が高い。

ドラフト前は4巡〜5巡で指名されるのではと予想されていましたので、それからするとややリーチっぽいイメージ。しかもそれをトレードアップしたのはちょっと分かりません。ラトガースで満足せずさらにレベルアップしたいという意図で転向した向上心には期待。


NFLドラフト2020 ライオンズ1巡指名予想

いよいよ明日日本時間4月24日に迫ったNFLドラフト2020。

モックドラフトも終わりましたし、ライオンズのドラフトを予想していきたいと思います。

まずニーズはこちら

CB>Edge>DT>OL>RB>WR

スレイをトレードで放出し、トゥルーファントが加入したとはいえ、まだCBは大きなニーズであります。
EdgeはFAで補強出来ず。フラワーズの反対側のパスラッシャーが不在。DTはダニー・シェルトン、ニック・ウィリアムズを加えましたが、まだ層がかなり薄いです。
OLもOGグラスゴーとOTワグナーがFA流出。PHIから来たOTヴァイタイはAmazonプライムで配信中の「All or Nothing」でのパスラッシャーにチンチンにやられる様子を見ると、RTに据えるは非常に不安。OGもまだ先発が決まっていません。
RBはケリオンが怪我がちで不安が大きく、WRもゴラデイ、マーヴィン、アメンドラ以外は居ない感じですが、この2つは優先度は低いか。

1巡3位を持つライオンズ。シナリオとして考えられるのは以下の通り

①3位までDEチェイス・ヤングがスリップしてそのまま指名
②トレードダウンしてオクダを指名
③3位のままCBジェフリー・オクダを指名
④トレードダウンしてオクダ以外(デリック・ブラウン、アイザイア・シモンズ等)を指名
⑤3位のままオクダ以外(ブラウン、シモンズ、OL)を指名
⑥3位のままQBを指名

数字は個人的に納得できるかどうかの順番です。

①タレント的に言えば今ドラフトでNo.1と言われているチェイス・ヤング。1位CINがQBジョー・バロー、2位WASがヤングを指名するだろうというのが大方の予想ですが、上位2チームが何か間違ってヤングをスルーして、3位でライオンズが指名できるとすれば、非常にオイシイ状況となります。まあしかしちょっと考えにくいかも。

②今ドラフトCBとして最高の評価を受けているオクダ。スピード、サイズ、テクニック共に申し分ない逸材。彼がライオンズとして最も欲しい選手の一人である事は間違いないのですが、彼を獲るのに3位という位置はややもったいない。QBを欲しいチームに3位を売り渡して、指名権を増やしつつオクダを指名、というのが最も理想的なシナリオでしょうか。

③トレードダウンせずに、オクダ指名もまあしょうがないかな、という感じ。彼ぐらいの逸材はそうそう指名出来ないでしょうから。

④トレードダウンしてオクダが残っているかどうかは不透明。QBがニーズのチームとして考えられるのは5位ドルフィンズ、6位チャージャーズ、9位ジャグワーズあたりか。7位のパンサーズがCBがニーズであり、4位のジャイアンツがトレードダウンの構えを見せているなか、トレードダウンしてしまうリスクはあります。ただオクダは居なくても、S、LB、ニッケルと様々なポジションをこなす万能型のシモンズ、DTとしてかなり評価が高いデリック・ブラウン、OT・OG両方が出来、身体能力が非常に高いトリスタン・ワーフスあたりが獲れれば、まあ納得ではあります。

⑤もしオクダも残っている状況で、上述した選手を指名したのであれば、首脳陣がオクダよりもその選手を高く評価している、という事になるでしょう。現首脳陣のこれまでの評価を見るに、あまり納得行く形では無いですが、こればっかりは活躍するかどうかは数年経ってみないと分からないですね。

⑥この場合が一番最悪。自分らの尻に火がついている状態で、将来の投資を3位でするとは考えにくいので、おそらくQB交替を意図した指名となるでしょう。ウチのQBはスタッフォードと散々言っておいて、もしQB指名するようであれば、ファンの心はさらに離れることになります。

未練杯ではツルハシさんが9位にトレードダウン。1巡3位と引き換えにJAXから9位とDEナガクエを獲得。トレードブロック上にあり、実績もあるナガクエを獲れればニーズが一つ埋まり、オクダは獲れずとも高評価のワーフスを指名出来た事はかなり良いムーブではないかと思います。

GMクインはトレードダウンを示唆していますので、既に水面下での交渉が進んでいるのかも知れません。果たしてどうなるでしょうか。

『未練・或爺杯モックドラフト2020』終了しました!

先週土曜日4月18日、『未練・或爺杯モックドラフト2020』をオンラインにて開催いたしました。

Youtubeの回線トラブルで1時間ほど開幕が遅れましたこと、皆様にお詫び申し上げます。担当のエトさんには大変ご苦労をおかけしました。

ライブ配信のYoutubeには最大700人を超える方が訪れ、ライブチャットにも60人近い方が入室されました。Twitterでも「未練杯って何?」というツイートを散見。全く知らない方にもリーチしてる様子で、完全オンラインになった事で例年を超える広がりを感じました。

毎年何故か恒例になってきたオープニングアクト。LTDさん とコンビを組んで、昨年のM1チャンピオン、ミルクボーイ風の漫才をさせて頂きました。
配信を聞き返してみましたが、LTDさんの声が非常に良く通っている一方、私の声は大きくなったり小さくなったりで、ちょっと聞きにくかったかも分かりませんね。

リモートでやりましたんで、お客様の反応は分からず、また、LTDさんとのタイミングを合わせるのもちょっと難しい部分もありましたが、チャットを見るになかなか受けてた感じなので、一安心でした。盛大にイジってしまいブラウンズファンの皆様には申し訳ない限りです。謹んでお詫び申し上げます。

さて、モックドラフトの方ですが、過去最高の14個のトレードが成立。リアルな方のトレードを含めると、元の順位通り指名されたのはたったの8つだけという異常事態。
開始以前に既に3件のトレード成立というハイスパートな動きに嫌な予感がしていましたが、3位のライオンズがトレードダウンしてからというものその予感が現実に。
レイダース担当の宇賀(真)氏が以前トレードのやり過ぎで永久追放殿堂入りしたはずの二谷氏だった事がモック開始後に判明し、4位にトレードアップしてQBタゴバロイアを指名するおなじみのムーブ。1巡圏外だったINDがジャンプアップして28位と32位の2つ指名するなど、モック中を通じてケイオス状態。運営もコメンタリーも行き着く暇もない感じでした。

しかしあからさまなトレード狙いのムーブはほとんどなく、それぞれのニーズや方針に基づいたトレードが多く、各担当GMさん方もかなり苦慮されたのではないでしょうか。

今年のコメンタリーは毎年おなじみの真琴さんと、初登場のK猫さんのコンビ。真琴さんの仕切りの上手さはさすが。K猫さんの知識量はブログでも知られていましたが、当意即妙のコメントにはその知識の豊富さを改めて知らされました。

モックの結果は下記のリンクでご参照ください。
http://avestc.blog79.fc2.com

運営にご協力下さった皆様、担当してくださったGMの皆様、ご覧いただいた皆様、ありがとうございました!来年はオフラインでお会い出来ます事を。

「未練・或爺杯モックドラフト2019」結果のおさらい※去年のです、お間違いなく。

未練・或爺杯モックドラフト2020』を明後日に控え、今更ながら『未練・或爺杯モックドラフト2019』の振り返りを致します。

これは去年の結果です。「えっ!未練杯ってもう終わったの?」と勘違いなさらないよう、お願い申し上げます。すいません。出すのが遅いこちらが全面的に悪いのです。

指名順 チーム 担当者 選手 Pos. Collage Real 備考
1 ARI ガストン Nick Bosa DE Ohio State 1-2(SF)
Kyler Murray QB Oklahoma
9サックの活躍でプロボウル、DROY。スーパー進出に貢献。
2 SF まーちゃナイズ Josh Allen EDGE Kentucky 1−7(JAC)
Nick Bosa † DE Ohio State
10.5サックでプロボウラーに。
3 NYJ keigo_ishii Jawaan Taylor T Florida 2−35(JAC)
Quinnen Williams DT Alabama
実際には2巡まで指名されなかったが、全試合先発してPFWAオールルーキーチームに。
4 NYG Andre mLuck Quinnen Williams DT Alabama 1−3(NYJ) ※5 from OAK
OAK Clelin Ferrell DE Clemson
怪我もあって13試合出場で28タックル、2.5サック。3月に銃所持のまま飛行機に乗ろうとして逮捕
5 TB 難破船 Christian Wilkins DT Clemson 1−13(MIA)
Devin White ILB LSU
56タックル2サックとDTとしては活躍と言えるのでは。G前でTDレシーブも記録。
6 OAK すかい@OAK Ed Oliver DT Houston 1-9(BUF) ※5 from NYG
NYG Daniel Jones QB Duke
43タックル5サックの活躍。13週サンクスギビングには2サック1FFの活躍でROWに。
7 JAC りん T.J. Hockenson TE Iowa 1-8(DET)
Josh Allen EDGE Kentucky
開幕戦で6キャッチ131ydと鮮烈なデビューも、その後は尻すぼみ。怪我で4試合欠場。
8 CAR P-BLUE Montez Sweat EDGE Mississippi State 1-26(WAS) ※7 from DET
DET T.J. Hockenson TE Iowa
50タックル7サックでなかなかの活躍
9 BUF バッファローいとう Jonah Williams OT Alabama 1-11(CIN)
Ed Oliver DT Houston
OTAで肩関節唇損傷。手術を受けシーズン全休。
10 DEN K猫 DeAndre Baker CB Georgia 1-30(NYG)
PIT Devin Bush ILB Michigan
15試合に先発し、61タックルを記録。8PDは立派。
11 CIN Chiriemon III Devin White LB LSU 1-5(TB)
Jonah Williams OT Alabama
途中怪我で3試合欠場も、91タックル、1INT、FF3、FR4、2TDと活躍。
12 GB ゴン Devin Bush LB Michigan 1-10(PIT)
Rashan Gary OLB Michigan
109タックル、2INT、1FF、4FR、1TDとルーキーにしてディフェンスの中心に。
13 MIA なかがーだーき&ひでぼー Kyler Murray QB Oklahoma 1-1(ARI)
Christian Wilkins DT Clemson
開幕から先発し、パスで3,722yd、20TD、ランでも544yd、4TDと活躍。OROYに。
14 ATL Chip Cody Ford OT Oklahoma 2-38(BUF)
Chris Lindstrom G Boston College
GとTを両方プレイ。15試合先発。
15 OAK すかい@OAK Garrett Bradbury C North Carolina State 1-18(MIN) ※8 from WAS
Dwayne Haskins QB Ohio State
16試合で先発。
16 HOU 白鯖 Andre Dillard T Washington State 1-22(PHI) ※7,9,10 from CAR via DET,NE
CAR Brian Burns DE Florida State
4試合先発にとどまる。スターターを奪うには至らず。
17 OAK すかい@OAK Rashan Gary DE Michigan 1-12(GB) ※1,5 from IND via NYG
NYG Dexter Lawrence DT Clemson
GBではOLBにコンバート。限定的な起用にとどまり、21タックル2サック。
18 PHI ジョニー Jeffery Simmons DT Mississippi State 1-19(TEN) ※11 from MIN
MIN Garrett Bradbury C North Carolina State
ドラフト前にACLを断裂し、デビューが10月にずれ込み、32タックル2サック。
19 TEN ホロ Noah Fant TE Iowa 1-20(DEN)
Jeffery Simmons DT Mississippi State
40rec.562yd、3TDでPWFAオールルーキーチームに。
20 PIT やが Byron Murphy CB Washington (WA) 2-33(ARI)
DEN Garrett Bradbury C North Carolina State
全試合に先発し、78タックル1INT。
21 PHI ジョニー Greedy Williams CB LSU 2-46(CLE) ※12 from SEA
GB Darnell Savage FS Maryland
12試合に出場し、47タックル。
22 DET ツルハシ Brian Burns EDGE Florida State 1-16(CAR) ※13 from BAL
PHI Andre Dillard T Washington State
5試合に先発、25タックル、7.5サック。
23 NE パッツ Clelin Ferrell DE Clemson 1-4(OAK) ※10 from HOU
HOU Tytus Howard OT Alabama State
15試合に先発、4.5サックを記録。第10週LAC戦では8タックル2.5サックの活躍
24 NYG Andre mLuck Greg Little T Ole Miss 2-37(CAR) ※2,5 from CHI via OAK
OAK Josh Jacobs RB Alabama
3試合に先発。シーズン後半に足首の怪我でIR入り。
25 MIN リック・ブイールマン Chris Lindstrom G Boston College 1-14(ATL) ※11 from PHI
BAL Marquise Brown WR Oklahoma
開幕戦で足を骨折し、第14週に復帰。5試合の先発。
26 IND encyclopector Dexter Lawrence DT Clemson 1-17(NYG)
WAS Montez Sweat EDGE Mississippi State
38タックル2.5サックはルーキーのDTとしては立派。PFWAオールルーキーチームに。
27 WAS おすじ D.K. Metcalf WR Ole Miss 2-64(SEA) ※3,8 from DAL via OAK
OAK Johnathan Abram SS Mississippi State
58rec.900yd、7TDと活躍。ただの筋肉オバケじゃなかった。
28 LAC 理由なき反抗期 Nasir Adderley S Delaware
Jerry Tillery DT Notre Dame
ハムストリングの怪我で2タックルに終わる。
29 ARI ガストン Riley Ridley WR Georgia 4-126(CHI) ※14 from KC
SEA L. J. Collier DE TCU
6Rec.69ydに終わる。ちょっとリーチだったか
30 GB ゴン A.J. Brown WR Ole Miss 2-51(TEN) ※4 from NO
NYG Deandre Baker CB Georgia
実際には2巡指名だったが、52Rec.1051yd、9TDの活躍でチームのプレイオフ進出に貢献
31 LAR @g_osuka Josh Jacobs RB Alabama 1-24(OAK)
ATL Kaleb McGary OT Washington
怪我で4試合欠場するも、1150yd、7TDの大活躍でPFWA選出のROYに。
32 BAL にー Hakeem Butler WR Iowa State 4-103(ARI) ※9,13 from NE via DET
NE N'Keal Harry WR Arizona State
残念ながらプレシーズンで手を骨折して全休

成立したトレードは以下の通りです。※5以降が未練杯で成立した案件です。

※1 CLE 1巡17位 + 3巡95位 +SS J.Peppers ⇔ NYG WR O.Beckham Jr.
※2 CHI 1巡24位 + 6巡196位 + '20 1巡 ⇔ OAK '20 2巡 + '20 5巡 + EDGE K.Mack
※3 DAL 1巡27位 + 6巡187位 ⇔ OAK 1巡21位 + 5巡158位 + WR A.Cooper
※4 NO 1巡30位 + '18 1巡27位 + '18 5巡147位 ⇔ GB '18 1巡14位
※5 OAK 1巡4位 + 1巡24位 ⇔ NYG 1巡6位 + 1巡17位
※6 TB G.McCoy + 6巡(36)位 ⇔ NYJ ILB D.Lee + 6巡(24)位
※7 DET 1巡8位 + 6巡184位 ⇔ CAR 1巡16位 + 2巡47?位
※8 WAS 1巡15位 + TE J.Reed ⇔ OAK 1巡27位 + QB D.Carr
※9 DET 1巡16位 ⇔ NE 1巡32位 + OG J.Tueney
※10 NE 1巡16位 + 3巡97位 ⇔ HOU 1巡23位 + 2巡54位
※11 MIN 1巡18位 ⇔ PHI 1巡25位 + '20 2巡
※12 SEA 1巡21位 ⇔ PHI 2巡54位 + 2巡57位 + 4巡127位
※13 BAL 1巡22位 ⇔ DET 1巡32位 + 3巡88位
※14 KC 1巡29位 + 5巡167位 ⇔ ARI 2巡32位 + 4巡103位

それでは、各賞の発表です。
続きを読む
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索