FC2ブログ

新GMホームズ、新HCキャンベルが就任

5勝11敗という失意のシーズンが終わり、第◯週にGMクインとHCパトリシアが解雇されて以来、両ポストの後任探しが行われてきましたが、ようやくこのたび新GM&HCが決定致しました。

まず新GMとしてラムズのカレッジスカウトディレクターのブラッド・ホームズが就任しました。

ホームズはフロリダ州出身の41歳。FCSのノースカロライナA&T大を卒業後、2003年に広報担当のインターンとしてラムズ入り。ラムズでRBコーチであった元ライオンズRBウィルバート・モンゴメリーから推挙されてスカウト部門に入ると、徐々にキャリアを積み重ね、2013年からカレッジ部門のスカウトのトップに。以来、アーロン・ドナルド、ジャレッド・ゴフ、トッド・ガーリー、クーパー・カップらラムズの中心選手の指名に深く関わってきました。

フットボール一家で育ち、父はNFLでOLでプレイしたメルヴィン。おじさんは1978年のドラフト1巡でライオンズ入りしたDBルーサー・ブラッドリー。いとこには2005年1巡でラムズ入りしたアレックス・バロンがいます。

ホームズをスカウトに導いたモンゴメリーは、ラムズで一緒に働いていた当時を回想。レイヴンズのGMであったオジー・ニューサムのオフィスを訪ね、オジーに「次のオジーになるのは彼だよ」とホームズを紹介したそうです。

新GMにとって最も大きな懸案事項となるであろう、QBスタッフォードの今後。彼の能力やタフさなどについては高く評価しつつ、自分の仕事はロースター全員を精査すること」とマシューの契約についても明言を避けました。

鱒がライオンズの中心であり、QBとしてもリーグの中でトップクラスである事は間違いない訳でありますが、ゼロレベルからのチームの立て直しをするにあたって、高額のサラリーがキャップを圧迫する鱒を放出し、QBを必要とするチームから指名権を貰うという運営方針に舵を切る事は非常にあり得るシナリオではあります。

ファンもちょっと前までは鱒を出すなんてとんでもない、という感じでしたが、これ以上デトロイトに鱒を縛り付けておくのは可哀相だ、勝てるチームに出してやってもいいんじゃ、というムードにもなりつつあります。QBさえ、というチームは多くありますし、高く売れるうちに・・・と新GMが果断な決定を下すのか、それともライオンズはやはり鱒のチームと、彼を中心にチームづくりをするのか・・・。どうなるでしょうか。

新任のあいさつの動画を見るに、ロック様ことドゥエイン・ジョンソンにも似てるような、笑顔が素敵なエグゼクティブっ感じ。非常に快活な印象を受けました。前のクインはオタクっぽいイメージでしたので、フロントから明るくなればチームの雰囲気も変わるかもしれません。

次いで新HCにセインツのアシスタントHC/TEコーチのダン・キャンベルが就任。6年という長期の契約を結んだところに、長期的視野でのチーム創りを期待されているのが分かります。

キャンベルはテキサス州出身の44歳。テキサスA&MEKAVU0999@GMAIL.COMでTEとしてプレイし、ドラフト3巡で1999年にNYGに入団。その後11シーズンプレイし、2006年から2008年にはライオンズでもプレイ。2006年にはキャリアハイの21レセプション308yd4
TDを記録。
引退後は2010年からコーチとしてドルフィンズに。2011年からTEコーチになると、2015年シーズン途中にHCジョー・フィルビンが解雇されると、残りのシーズンを暫定HCとして指揮し、5勝7敗の成績を残しました。
2016年からセインツで上記のポジションでコーチを務めていました。

ライオンズでプレイしていたいわゆるOBがHCになるのは、1967〜1972年のジョー・シュミット以来(暫定を含めれば2005年のディック・ジャローン以来)となります。2008年には全敗シーズンを経験しており、当時のリベンジを、という意識もあるかもしれません。

コーディネーターの経験はありませんが、ドルフィンズ時代に暫定HCとしてチームを率いた経験もありますので、あまり心配は要らないか。

社長のロッド・ウッドは新HCの選出にあたり、”Winning culture”を創り上げる事が出来るリーダーシップを絶対条件としたとコメント。キャンベルの情熱を非常に高く評価しています。
戦術性を重視した前HCパトリシアによってチームがバラバラになってしまった事を反省し、リーダーシップ重視の人材選びとなったのが、キャンベルに決まった大きな理由のようです。

プレスカンファレンスはまだですが、チームが公表したキャンベルの最初の動画を見ても、情熱に溢れる人物なのが垣間見る事ができます。
ホームズGMと二人三脚で、明るく快活で勝てるチームを目指して欲しいものです。
スポンサーサイト



NFL 2020 Week8 DETvs.IND

貯金生活を目指してホームにコルツを迎えての第8週。3Qまでは20-14と喰らい付いていましたが、4Qに21点を奪われて41-21で惨敗。再び借金生活に逆戻り。

1Q、コルツのブロックをパントし、そこからTDで先制。2Qに3TDを奪われて逆転を許すも、後半に入りRBケリオンへのTDで一本差まで迫ったところまでは、何とか勝負になるのでは?と期待を持たされましたが、QBスタッフォードがサックされファンブル。そこからTDを奪われると、直後の攻撃の最初のプレイでピック6。この間わずか4分強、ここで勝負ありました。

QBスタッフォードはコルツディフェンスのプレッシャーに悩まされ、思うようにプレイ出来ず。4Qのピック6は時々やらかすいつものアレという感じ。ガベージタイムに決めたWRホールへの73ydパスもパスラッシュをくぐり抜けてようやく決めたもの。エースWRゴラデイが怪我で退場したのも痛かった。

オフェンスのリズムが作れないのはランが全く出ないから。ADの5回7yd、スイフトの6回1ydと、どちらも酷い。週を追う毎にランが出なくなるのをどうするつもりでしょうか。

ディフェンスはリバースに良いようにやられました。ゾーンカバーが開幕当初からすれば明らかに増えてますが、そのゾーンの隙間に上手くパスを通されています。特にRBのアンダーニースのパスでロングゲインされるパターンばっかり。パスラッシュもサック2つのみで、リバースに直前で老獪に躱されている感じ。ランディフェンスは走られたうちの半分ぐらいは勝負が決まってからのものでしたから、それほどやられていませんでした。

第9週は2勝5敗と不調のヴァイキングス戦。ただスタッフォードがコロナウイルス感染者と濃厚接触していた事でCOVID-19リストに入れられ、結果陰性だったので試合には出られるものの、練習を全休。他にも主力のアグニュー、ゴラデイ、トレイシー・ウォーカーがOUT、Gダールがdoubt、DEフラワーズがIR入りとけが人が大勢出ており、戦力にかなり不安があります。元ヴァイクスのDEグリフィンがHCジマーに「良い選手」とツレない評価をされたのに発奮して活躍してくれればいいんですが。

NFL 2020 Week7 DET @ATL

またしばらくすっ飛ばしてしまいました。

セインツ相手に惨敗し、バイウィークを挟んだJAX戦は快勝。2勝3敗として迎えたアウェーでのファルコンズ戦。残り2秒でスタッフォードからホッケンソンへのTDパスが決まり劇的な逆転勝利。バイウィーク前では信じられない3勝3敗の勝ち星5分まで持ってきました。

16-14の2点リードで迎えた4Q終盤、ファルコンズQBライアンにバンバンパスを通されて逆転負けのピンチ。そのまま時間を使われてFGを決められるとジエンドでしたが、ファルコンズRBガーリーがTDを決めてしまうミスを犯し、タイムアウト無しながら約1分のチャンスをゲット。そこからスタッフォードがパスを立て続けに決めG前へ。残り2秒からの最終プレイ、パスラッシュを掻い潜ったスタッフォードがエンドゾーン内のTEホッケンソンにパスを通してTD。アメンドーラが興奮してヘルメットを取ってしまったせいで15yd下がってのTFPとなりましたが、Kプレイターがきっちり決めました。

QBスタッフォードは25/36 340 1TD。うち4回はスパイクなので25/32でパス成功率71%と精度が高く、ラッシュを躱し難しいパスをバンバン決めてくれました。残り1分タイムアウト無しからの逆転はキャプテンカムバックの面目躍如。前半終了寸前にも残り29秒からFG圏内までドライブしており、そういう場面での集中力はさすが。

レシーバー陣ではなんと言ってもゴラデイ。変態キャッチを連発。CJを彷彿とさせます。マーヴィン・ジョーンズも5回80ydと活躍。ホッケンソンは決勝TDをレシーブもそのシリーズでサイドラインに出る事ができなかったのはマイナス。

前週好調だったランアタックは不調。21回64ydに終わりました。あまり出なかったピーターソンに固執しすぎの感も。

OLはランブロックがいま一つ。パスプロは2サックですが鱒のフットワークで躱したプレイも多くあり、プレッシャーはそれなりに食らっていたか。

ディフェンスはランは26回66ydとシャットアウトするも、QBライアンにかなりやられました。しかしDEオクワラ兄が2サック1FFの大活躍。プレッシャーはそこそこ掛かるも、もう一歩のところで届かないパターンが多く見られました。

STはプレイターが46ydを一本外すも、3本のFGと長い最後のTFPをしっかり決めてくれました。Pフォックスは今週も3本平均59yd。

2週連続負け越している相手とは言え、連勝しかもこの勝ち方であればチームも乗ってくるかも知れません。怪我人も少なく、チーム状態は上向き。次は4勝2敗のコルツ戦。ここが試金石でしょうか。

ダラスからDEエヴァ―ソン・グリフィンを来年の6巡とトレードで獲得。ライオンズのパスラッシュはここまでオクワラ兄が4つ、フラワーズが2つと十分とは言えません。全盛期の動きには及ばないかも知れませんが、ベテランが加わる事でパスラッシュに厚みが出てくるか。COVID19の関係で次週コルツ戦には出場出来ず、古巣のヴァイキングス戦から出場可能となります。

NFL 2020 Week3 DET @ARI

GB相手に惨敗したWeek2はすっ飛ばして、Week3アリゾナ・カーディナルス戦。

3点ビハインドの4QにFG2本で逆転勝ち。昨シーズンからの11連敗をストップ。336日ぶりの勝利を挙げました。

オフェンスはまずターンオーバーを奪われなかったのが良かった。あと、前後半の終わりをボールをキープしたまま得点して終了させたのが大きかったか。
鱒は22/31 270yd 2TD。パスの精度はそこそこながら、要所でのパスを決めておりました。2週目まで欠場したWRゴラデイが今週から復帰。6rec.57yd 1TDと早速存在感を発揮。TEジェームスが2シーズン目にしてライオンズでの初TDを記録。去年はたった16rec.142ydに終わりましたが、今シーズンは2番手TEとしての活躍を期待。

ランは今回もAD中心。22回75yd平均3.5ydと平凡ながら、1Qの27ydランなど、ロングランもいくつか。スクリメージで止められるプレイも多かったので、ADでなければこんなに出ていなかったかも。

OLはヴァイタイが復帰したが、RGとしてプレイ。RTはクロスビー。前述の通りランブロックもそれほど押し込めておらず、被4サックとパスプロもそれほど良いとは言えなかった。

ディフェンスはここ2戦バーンアウトしていた4Qに失点なし。ターンオーバーも開幕以来一つも奪えていませんでしたが、一挙に3つのINTを奪いました。

まずパッカーズ戦で259ydも走られたランを109ydに抑えたの大きかった。スクリメージで止めたプレイも多く、DL陣の奮闘が目立ちました。

2戦崩壊していたパスディフェンスは3INTを記録しました。マンツーマン中心からゾーン中心にシフト。トゥルーファントとコールマンの両CBが出れない状況で、2年目のオルワリエとルーキーのオクダの若手二人に任せなければならない状況で、マンツーマンに固執する事が出来なくなったか。
ただ、ゾーン多めでクッションが大きい為、パスはガンガン通されていました。ただINTを記録した3つのプレイは全てマンツーマン。このギャップがマレーを混乱させたのか?

1巡ルーキーCB奥田くんは今週もWRホプキンスにちんちんにやられましたが、値千金のプロ初INTを記録。一旦抜かれてるのに、ボールに寄せるスピードはやはり非凡。どんだけやられても今年はこれをたまにやってくれれば許す。

審判へのヘッドバットで退場になりいきなりミソをつけたLBコリンズもINT。ランストップでもパスディフェンスでも存在感を示し、ジャレッド・デーヴィスの出番が激減。

開幕からの2戦スナップ数が少なくパトリシア批判の一因となっていたSウォーカーが100%出場。何か批判に耐えられなくなっていろいろポリシーを曲げてきてる感じもします。まあ結果良くなってるから良いけど。

スペシャルチーマーが大活躍し、勝因の一つに。
Kプレイターは4回のFGを全て決めてPOWに。またPフォックスは4回平均55.5ydと今週も素晴らしい成績。開幕3週の平均グロス53.1yd、ネット51.1yd、20yd以内7回と全てリーグトップで、POMに選出されました。普通4thダウンになるとがっかりするものですが、フォックスのパントを見るのが楽しみになってきてます。

2連敗したときにはもう今年は終わりだ、早くパトをクビにしろ、と思ってましたが、現金なもので一つ勝っただけで、やっぱりイケるのでは?と思ってしまいます。まあでも勝ちにまさる薬なしとも言いますし、これでチーム状態も上向いてくれれば。

次は強豪セインツ戦。ところがライオンズにもいたFBバートンがCOVID19で陽性に。直前になってこれはちょっと。一体どうなるんでしょうか。

NFL 2020 Week1 DETvs.CHI

ホームにベアーズを迎えての2020年シーズン開幕戦、4Qまで23−6と17点のリードをしながら、3連続TDを奪われて、逆転を狙ったドライブもルーキーRBスウィフトがエンドゾーンでパスを落球。しょうもないいつもの負け方で、開幕したてというのに暗雲が。

敗因はいくつかあります。まずは4Qに急にメルトダウンしたディフェンス。CB陣コールマン、トゥルーファントが次々にハムストリングの怪我で退場。1巡ルーキーのオクダもハムストリングの怪我で欠場しており、CB陣が後半手薄になり前半通らなかったQBトゥルビスキーのパスが、急にガンガン通るようになりました。

2つ目は4Qに無得点に終わったオフェンス。TDを奪われた直後の攻撃はパント
。ディフェンスが3&アウトに抑えた後のオフェンスはFG圏内まで攻め込みながら、サックで大きく下がり55ydのトライをKプレイターが失敗。
TDを奪われ、3点差に迫られた後のシリーズは3プレイ目にインターセプト。これだけ得点が出来なければ、そりゃモメンタムは向こうに移るでしょう。

リードしながらゲームマネジメントの不味さで試合を落とすのは、まさにSame Old Lions。。。相変わらずの負け方に開幕早々というのに、Fire Patricia の声が上がり始めました。

敗れたとはいえ、光る部分が無かった訳ではありません。

開幕直前に加入したRBエイドリアン・ピーターソン。既に殿堂入り確実のレジェンドは衰えを見せるどころかいきなり全開。14回93yd、平均6.6ydの活躍。スクリメージ手前でホールを探しつつ突っ込む際の細かいカットは絶妙。

レシーバー陣ではアメンドラ、ホッケンソン、マーヴィン・ジョーンズ、ルーキーのシーファスとゴラデイ欠場のなかでも機能していました。

最も驚いたのは新Pジャック・フォックス。4回平均49.3yd、20yd内2回、タッチバック無し。あわやリターンTDというキャリアをしっかりタックルで仕留めるプレイもありました。これまで実績もなく、プレシーズンで見ることもありませんでしたので、どこまでやれるのか、と思っていましたが、飛距離も抜群、コントロールも良さそう。これはかなりいいPを見つけたようです。

来週はヴァイクスに快勝したパッカーズ、3週目がNFCチャンピオンのナイナーズを破ったカーディナルス、4週目がブリーズのラストイヤー(?)を飾るべく奮起するであろうセインツ・・・。うむ、どれも勝てそうにない。
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索