FC2ブログ

NFL 2019 Week6 DET @GB

誤審に腹立てて更新をサボった訳ではありません。単に忙しかっただけです。
第6週、マンデーナイトの@パッカーズ戦。

4Q序盤に22−13とリードしながら、TDと試合終了残り2秒でサヨナラFGを決められて逆転負け。幾つもの微妙な判定にも足をすくわれてしまった試合でした。

リーグが明らかに誤審だったと認めたのは、残り時間1分46秒、3rd&4でパスインコンプリートとなったプレイ。DEフラワーズがイリーガルユースオブハンドの反則。LTバクティアリのフェイスマスクに手が掛かったとの判定でしたが、フラワーズの手はバクティアリのジャージの襟元に入っていて、フェイスマスクには掛かっていませんでした。

この誤審により1stダウン更新となり、パッカーズは時間を使いながら逆転FGに繋げましたが、これが反則を取られていなければ、4thダウンでFG。FG失敗の可能性もあったでしょうし、FG成功で逆転されても、ライオンズとしては残り1分半ぐらいは反撃の機会が与えられていた筈でした。

フラワーズへのイリーガルユースオブハンドの誤審はこれだけではなく、同じクオーターの残り10:16、3rd&10でDEストロングのサックが決まりましたが、ここでもフェイスマスクに手が掛かったとの判定でしたが、リプレイを見るに掛かってはいません。

LTバクティアリがインタビューで「フラワーズがずっとフェイスマスクに手を掛けてくるから、審判に反則は取らないのか、とアピールした」と話していましたが、その働きかけが判定に影響を与えた可能性はあるでしょう。

その他にも、Sウォーカーが明らかにボールに行っているにも関わらず、レシーバーのヘルメットにヒットしたとしてアンネセサリーラフネスを取られたり、WRマーヴィン・ジョーンズへのインターフェアが取られなかったり、パッカーズDEスミスのポジションオフサイドが無視されたり、と枚挙に暇なし。

加えて、3Q残り2分半、パッカーズのパントをPRアグニューはフェアキャッチのサイン。しかしこれをキャッチせず、ボールはライオンズ陣19ydまで転がりダウン。
観ていた時は「アグニュー何やってんの?照明が目に入った?」と思っていましたが、これが何と「ESPNのスカイカムのコードにボールが当たって変化した」のが真相。ボールが当たるのは可能性としてあってもおかしくは無いのですが、その後が問題。ルールでは天井の液晶ビジョン(ダラスとかにあるやつ)やスカイカム等にボールが当たった場合、その時点でダウンとなり、元の位置からプレイやり直しになると決まっています。
しかし実際にはそうならずにボールが止まった時点からのライオンズの攻撃に。

このように数々の誤審を含めた微妙な判定がことごとく足を引っ張って、勝利のチャンスを逃した形に。オフィシャルがパッカーズの肩を持ってる、とまでは言いませんが、過去幾度も繰り返されてきた「コントロバシー・コール」の数々を思い返すに、ライオンズが如何に嫌われているか、という事を実感しました。

判定への愚痴ばっかり書いても仕方ないので、試合の方を振り返ると、オフェンスが序盤はゴラデイへのフリーフリッカーやWRホールへのロングボムなど、パスが好調だったものの、ランを完封されて徐々に手詰まりになり、2Q以降TDを奪えなかったのが敗因の一つとなりました。レシーバー陣はゴラデイが5キャッチ121ydでしたが、ホッケンソン4回21yd、マーヴィン2回17ydとパッとしませんでした。
RBケリオンは13回34yd。ホールが全く空かず、フロント戦でOL陣が完敗。

ディフェンスは2ターンオーバーを奪い、パスカバーでもCBコールマンを中心に、非常に良いディフェンスを見せていましたが。ランで170ydをゲインされて体力を奪われたか、最後の最後凌ぎ切る事が出来ませんでした
コールマンは1INT、3パスディフェンスと鬼神の活躍。

KプレイターがFGで5/5、50yd超を2度決め、50ydオーバーのFGが通算50回を突破。ライオンズOBのジェイソン・ハンソン先生、セバスチャン・ジャニコウスキーについで3人目の達成者に。

同地区天王山の試合を落とし、2勝2敗1分け。地区首位浮上のチャンスから一転地区最下位に。次はホームでヴァイキングス戦。もう負ける訳にはいきません。どんだけ強い強いと言われても、勝たなければ意味がないのです。
スポンサーサイト



NFL 2019 Week4 DET vs.KC

第4週、ホームでのチーフス戦。4Q残り2分強でゴラデイへのTDパスで30−27と逆転。しかし返しのチーフスの攻撃を凌ぎきれず逆転TDを許し、34−30で敗戦。2勝1敗1分けになりました。

第3Qからリードが4回も入れ替わる非常にエキサイティングな試合。
QBスタッフォードは21/34 291yd 3TD レーティング118.6とほぼ完璧な内容。しかしチーフスの激しいプレッシャーを受け被サック4。うち一つがファンブルロストに。
ラン攻撃はケリオンが26回125yd、マキシックが4回30ydなど、合計35回186ydで平均5.3yd。OLのブロックが秀逸で大きなホールが何度も空いていました。

レシーバー陣は100yd超は不在も9人に投げ分け。ゴラデイは5回67yd2TD。スーパーキャッチを連発。

ディフェンスはQBマホームズを昨年の第5週以来となるTDゼロに抑えました。しかしマホームズのスクランブルに翻弄されると共に、G前でのランディフェンスが踏ん張り切れず。

スレイを欠いたDB陣ですが、CBコールマンを筆頭に素晴らしい仕事をしていました。コールマンは前半にはあわやTDパスのボールをパンチで掻き出してインコンプリートに。3Qにも絶妙なパンチでファンブルフォース。うーむ、凄い。
ディグスが試合前半で退き、ウォーカーとウィルソンのSコンビでしたが、二人でトータル22タックル。まあそれだけ最終ラインに漏れてきたって事でしょうが。そういう意味ではLB陣が頼りなかったか。
QBマホームズへのプレッシャーは、まあまあ掛かっていたように見えましたが、彼のポケットプレゼンスの上手さに翻弄されて、仕留めきれずにサックゼロ。逆転を許したシリーズでの、4thダウンギャンブルを止めきれなかったのが悔やまれます。

STですがアグニューは警戒されてかリターン機会はほとんどなし。ただ後半最初のキックオフでファンブルフォースを奪っています。

ん?なんでこんなに褒めちぎってるのに試合に負けてる?ほとんど敗因が見つからないのに負ける試合というのもちょっと記憶にないです。強いて言えば2つのファンブルと審判の微妙な判定か。
しかしどちらもその後に取り返してリードに持ち込んでいるので、致命的とは言えない。やはりチーフスがそれだけ強かったという事でしょう。マホームズのあの落ち着き様は何なんでしょう。3年目24歳とは思えないです。

微妙な判定はまず3Q残り12分20秒。G前5ydからエンドゾーンのゴラデイにパスが通りTD。しかしオフィシャルレビューでインコンプリートに。一旦キャッチしてるように見えましたけどねえ。次のプレイでサックされファンブルロスト。
返しのディフェンスがTOを奪い、失いかけたモメンタムを引き戻したかに思えましたが、G前1ydのランでボールをエンドゾーンに伸ばしたケリオンがファンブルロスト。そのままディフェンダーがリターンしてTDとなってしまいました。
これもダウンしてるように見えるが・・・。またプレイが中央に集中していたため、ボールを拾ったブリーランドのそばに選手が誰もおらず、リターンを止められませんでした。ホイッスルが鳴ってないのに、足が止まってたのはいけませんね。

激闘の末、怪我人が多数出てしまいました。前述の通りSディグスがハムストリングの怪我で早々に退場。TDレシーブを決めたTEホッケンソンは、ディフェンダーをリープしようとして、頭をフィールドに打ち付け脳震盪を発症。最後は立ってフィールドを後にしましたが、しばらく動けなくなっていたのでかなり心配です。CBフォードも脳震盪で退場。来週がバイウィークになるのだけが希望です。

プレイオフチームと互角の戦いを行った事で、敗戦にも関わらず各ランキングは上昇。ただ負けは負け。しかしパッカーズもイーグルスに敗れて、地区内は混沌として来ました。一週休んだ後はパッカーズ戦。しっかり休んで地区内対決を制してほしいものです。

NFL 2019 Week3 DET @PHI

第3週、1986年以来勝ち星が無いという、@フィラデルフィアのイーグルス戦。3点リードの最終盤、ディフェンスが凌ぎきって2勝1分けに。

1Q、FGで3点を奪われますが、KRアグニューが100ydのキックオフリターンTDですぐに逆転。直後にイーグルスからTDで逆転されるも、RBケリオンの1ydランでTDを取り返して14-10。
2Qはディフェンスがイーグルスから2つのファンブルを奪って無失点。オフェンスが2FGを追加して20-10と10点のリードで折り返します。

3Q、TDを一本ずつ追加して27-17と依然10点差。
4Q残り7分でイーグルスにTDを奪われ3点差に。
しかし2度のディフェンス機会をなんとか抑えて薄氷を踏む勝利でした。

とにかくディフェンスが良く頑張りました。トータルでライオンズ287yd、イーグルス373ydと100yd近くリードされましたが、2度のファンブルとセカンダリーの球際の強さで、肝心な場面を凌ぎきりました。エースCBスレイが試合途中で怪我で離脱しましたが、その後もコールマン、メルヴィン、フォードらCB陣の頑張りが大したものです。

ファンブルのうちの一つはWRアゴラーが勝手に落としてくれたものでしたが、RBサンダースのファンブルはLBデーヴィスが見事なパンチで奪ったものでした。

DEフラワーズ、DTハリソン、LBクリスチャン・ジョーンズが1サックずつ。プレッシャーは十分とは言えないものの、移籍のフラワーズに初サックが出た事は朗報かと。ランディフェンスではすでに非常に貢献しているんですけどね。
QBウェンツにスクランブルで33yd走られましたが、プレイが止まっているのに1stダウン更新される場面がいくつかありましたので、俊足のQBに対する対処を。

オフェンスはスタッツ的には物足りない感じでしたが、TO無しで終えたのが2TOのイーグルスとの差であったかと。

QBスタッフォードは2INTの先週から修正。18/32 201yd 1TDとスタッツは伸びませんでしたが、無理せずといった感じ。しかし1Qにマーヴィンに通した20ydのパスは、ラッシュを受けて重心が後ろにありながら絶妙なスローを見せるなど、ここぞの集中力はさすが。

レシーバー陣ではマーヴィンが6レセプション101yd1TD。3試合で100yd以上1TD以上が4人(ホッケンソン、ゴラデイ、アメンドーラ、マーヴィン)というのはチーム2013年以来初との事。

ランオフェンスはマキシックのリバースによる44ydを除けば24回で41ydと惨憺たる出来。特に後半もうちょっとランが出ていれば、もうちょっと楽に試合を終えられたのに。OLは2試合連続で被サック無しとパスプロでは良く頑張っていますが、ランブロックをもうちょっとどうにかして欲しいものです。

先週までミスが続いていたKR/PRアグニューが100ydのキックオフリターンTDを記録。パントでも20ydの良いリターンを決めており、完全復活の模様。アグニューはスタッフォードから、チャージャーズ戦の後「お前がチームには絶対必要なんだ」と励まされていたとの事。先週散々交代させろ、カットしろと言っていた我々は反省しなければなりません。

STはパントも良くなっており、リターンでの反則も無く改善傾向でがありますが、6点差にするFGをブロックされて逆転の危機を招いており、もうちょっとと言うところでしょうか。

リーグで負けなしのチームはライオンズ含めて8チーム。まあ他の7チームは3戦3勝ですが。
で、来週は全勝のチーフスとホームで対決となります。バイウィーク前の正念場となりそうです。マホームズ率いるハイパーオフェンスとどう対峙するか?楽しみです。
ライブチャット開催中!!

ライオンズの試合の開催中は、基本的にライブチャットを行っています。お待ちしております!

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索